2009年 08月 31日

オオカミ少年・イ課長

今回(と言っても、すでにあれから3ヶ月以上経ってしまったが…)のパリ旅行では
イ課長は「観光客でゴッタ返して行列だらけ」みたいな超有名観光スポットには
行かなかった…と書いた。だからルーブル美術館にもベルサイユ宮殿にも行かなかった…と書いた。

だがそれはウソだったのだ。
実はイ課長はベルサイユ宮殿には行ったんだよ。へへへ。有名な鏡の間の写真も撮ってきた。
どうよこの豪華絢爛ぶり。さすがベルサイユ宮殿だよねぇ。意外に観光客が少ないでしょ?
f0189467_1355154.jpg







…と、ここまで読んで「なんだ、イ課長は実はベルサイユ行ったんじゃん、ウソつき!」と思ったアナタ。
アナタはだまされやすいです(笑)。上の写真がベルサイユ宮殿というのは大ウソです。

じゃ、この写真はドコで撮ったのだ?というと、実はパリ・オペラ座なのである。
ルーブルにもベルサイユにも行かなかったイ課長だが、やはりオペラファンとしては
オペラ座だけは行ってみようと思った。ここは公演のない昼間でも入場料を払えば内部を
見学できるようになっているのだ。

オペラ座には5月20日の水曜日に行った。
月曜はアミアン、火曜はシェルブール&ドゥーヴィルと遠出が続いたから、水曜は
パリ市内にじっくり腰を落ち着けてあちこち見る日ってことにしてたんだよ。

しかしまぁ、パリ・オペラ座、別名オペラ・ガルニエ(ガルニエさんっていう人がここを設計したらしい)
さすがに大したもんだ。上演されるオペラはちっとも有名にならないが(笑)、建物だけは有名。
というより、オペラ座といえばエッフェル塔や凱旋門に次いで、パリを象徴する
建築物アイコンだと言える。パリ・オペラ座の写真ってよく見たもん。

遥か昔、バブル期と言われた頃にイ課長は仕事で広尾にある仮設レストランの経営者に
会ったんだけど、その仮設レストランっていうのがパリ・オペラ座を模した店だった。
内装はペンキで描いた、今思えばヒドすぎる店だったが(笑)。あれから約20年。
とうとう本物を見る機会に恵まれたわけだ。
f0189467_1403111.jpg

入場料を払って一歩中に入るとその豪華絢爛な内部装飾に圧倒される。
すっげーー。こりゃ確かに、演じられるオペラより建物の方が立派かもしれない(笑)。

中でも圧巻が劇場のロビー…といっていいのか、ベランダに面した大広間だ。
最初にベルサイユ宮殿とウソをついた写真がココなんだけど、まぁとにかくスゴい。
f0189467_1411378.jpg

ボックス席を少しだけ観光客に公開して劇場内を見られるようになってる。
うーーむ…床も椅子もすべて赤と金で統一してる。そういやプラハの国立オペラ劇場も
椅子や絨毯は赤だったっけ。やっぱオペラ劇場つうたら赤だよな、アカ。
f0189467_142862.jpg

天井を見上げるとシャガールの天井画がどっかーーん。
この天井画といい、シャンデリアといい、もう何から何まで豪華絢爛。あーすげぇ。
f0189467_1423642.jpg

観光客でゴッタ返すベルサイユまで行くのはオックウだから、もっと手軽なところで
絢爛たるバロック建築の粋を味わいたいという人にはオペラ座は断然お勧めだ。
言うなれば「なんちゃってベルサイユ」とでも言うか…(笑)。とりあえず華麗な装飾の洪水を
満喫できるし、何よりベルサイユよりはずっと観光客が少なくて観やすいし、
しかも日本に戻ってから「ほら、これ、ベルサイユだよ」とウソついて写真を見せれば
信じる人がけっこういるんじゃないかと思う(笑)。



[PR]

by tohoiwanya | 2009-08-31 01:43 | 2009.05 パリ旅行 | Comments(4)
Commented by sca at 2009-08-31 07:12 x
私ってとっても素直だわー。


Commented by tohoiwanya at 2009-08-31 11:23
その主張に対する返答は保留します(笑)。

しかし、ベルサイユもオペラ座も行ったことがなくて、
当然内部の様子も知らない人であれば、写真だけで区別なんて
できっこない。パリ行く前のイ課長も絶対ダマされてる。
 
Commented by 小市 at 2009-08-31 22:24 x
チャリティ物品収集以来ですね。ごぶさたしてます。
昼間の内部見学を私もしたことがあります。もう10年以上前ですね。
1枚目は正面に対して横部分の通路でしたでしょうか。
バレーが見たかったので、夜のステージも見に行きました。
階段の踊り場でプログラムを売って歩く男性の声の響くこと!
幕間に1杯1000円ほどでグラスシャンパンをいただいたこと、
ルーブル美術館までの1本道が整備されてオペラ座から見ると
見事な夜景であることなど、今も鮮明に思い出します。
できたらここも、実際に舞台を見ることをお勧めします。
Commented by tohoiwanya at 2009-09-01 15:20
おお、タイ支援物資集めは確か2003年頃の話ですから
本当にお久しぶりです。こんなブログをお読みいただき、恐縮です。

私も滞在中にここでオペラが見られれば、と思ったんですけど、
イイ演目がなかったということと、ここに夜着ていけるような服を
わざわざ持っていくのが面倒だったので、やめました(笑)。

正面ベランダからの景色は夜景は見ませんでしたが、あれは
「自分が今まさにパリのド真ん中にいる」という気にさせてくれる眺め
ですよねぇ。今夜の更新にその写真、載せますから。
 


<< パリ・オペラ座というところ      シャルトル大聖堂 -その3- >>