2009年 09月 24日

映画ヲタクの旅 -シェルブールの雨傘6-

街を歩きながら考えてみた。
シェルブールの雨傘という映画を全く知らない旅行者の目に、この街はどう映るかなぁ?
f0189467_0403379.jpg

イ課長としては想像するしかないんだけど、とにかく「小さくて、こじんまりして感じのイイ港町」
という印象を持つ人が多いんじゃないかと思う。
パリに比べりゃ圧倒的に田舎だけど、観光客がいないから静かで落ち着いてて、
地元の人たちだけのためにユルい時間が流れて行くような、のんびりした街だった。
f0189467_0411668.jpg

メシを食えそうなカフェもいっぱいあるけど、結局、海に面した店にした。
ここは傘屋のある建物からも歩いてすぐで、さっきこの辺を歩いた時に気づいてたんだよ。
f0189467_0421697.jpg

f0189467_0424670.jpg

店の名前は文字通りの「シェルブール港のカフェ」。
店内でもいいんだけど、せっかくだから外の席にした。
ちなみに、イ課長は今回のフランス旅行中に入ったカフェではほとんど外の席を選んだ。
やっぱ景色とか、道行く人とか眺めていたいじゃん。

もっとも、シェルブールくらいの小さな港町じゃ通行人だってそうあるわけじゃない。
たまに通る車の音と、あとはウミネコの鳴き声くらいしか聞こえてこない。



あーーーーーーーーー…


あーーーーーーーーー…



イ課長は、しみじみと幸福だった。


この映画を初めて観た中学生の頃は、自分がフランスに行って、この映画の舞台になった街を
訪ねるなんて夢のまた夢だった。

その中学生が、こんな中年男になって、とうとう来ることができたんだよ。

駅も、教会も、傘屋も、オペラ劇場も見ることができたんだよ。

ホントに良かった。来られて良かった。
万感の思いと共にコーヒーを飲み、メシを食ったよ。
f0189467_0461330.jpg

イ課長を無事にフランスまで運んでくれた全日空の飛行機にも
ストも事故もなく、ちゃんとシェルブールまで列車を運行してくれたフランス国鉄にも
そして、この街をこんな風に昔のまま残してくれたシェルブールの街の人たちにも
すべてに御礼を言いたい気分だった。

さて。メシも食ったし、そろそろ列車の時間も近づいてきた。駅に移動するか。
名残惜しいけど、そろそろシェルブールの街とお別れしないとな。

駅に向かって歩いていくと、こんな食堂の看板にこんなのがあった。「小さな雨傘」
f0189467_0471140.jpg

これもまた映画にちなんだ店名に違いない。
田舎の港町の人たちにとっては、40年以上前とはいえ、今でも愛されてる名画の舞台に
自分たちの街が使われたことがきっと自慢なんだろう。

おそらく、イ課長が死ぬまでに、この街を再び訪れることはないだろう。
でもこの街に来たことで、イ課長は死ぬ時に「思い残すこと」が一つ減ったのは間違いないよ。
 
f0189467_0483284.jpg

列車が動き出した。
ギイになったつもりで最後のシェルブールの駅の写真を撮った。
お別れだよ。シェルブール。ばいばい。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2009-09-24 00:49 | 2009.05 パリ旅行 | Comments(22)
Commented by サフラン at 2009-10-06 23:49 x
イ課長(←一発変換!)の深い感動が伝わってきました。
よかったですね。
「お別れだよ。シェルブール。ばいばい。」
イ課長、かわいい!(笑)
Commented by tohoiwanya at 2009-10-07 13:25
胃課長(←一発変換)、あの日はホントに深くふかく感動しましたですよ。
全てのコトが、自分のシェルブール行きに味方してくれたような気分だった。
半世紀生きてると、こういうイイこともあるんですねぇ…。

最後、列車が動き出してシェルブール駅に別れを告げるときも
イ課長は泣かなかった!(笑)

ほめて、ほめて。
Commented by みゅげ at 2010-02-06 21:02 x
ありがとうございました。
私も行ってみたい街だったので、行った気になれました・・・。

J・P・ベルモンドの『ダンケルク』という古い白黒映画が好きで、ベルギーに近いダンケルクの街に行ってみたい・・・と、思い続けています。
戦争映画だったし、海岸のシーンが多かったから行ってもどうということはないだろう・・・・と思いながら、その地を踏んでみたいという・・・、私も映画オタクでしょうか(笑)
Commented by tohoiwanya at 2010-02-07 10:24
ほーーーダンケルク。
映画は見てないですけど、確かにそういう戦争映画がありました。
けっこうフランス軍がボロボロになるんじゃなかったでしたっけ?

ぜひ行ってきて、後で教えてください。
そういう、「普通の観光客はまず行かない場所」を思い入れタップリに
訪ねられるというのは、映画オタクだけが持てる旅の喜びのひとつですよ(笑)。
 
Commented by kokemomo at 2010-02-08 18:29 x
はじめまして、昨年末にシェルブールに行ってきました。
目的は、シェルブールの雨傘のロケ地めぐりだったのですが、
イ課長さんのシェルブール記がなければとても無理でした。
ありがとうございました。

私も、これからシェルブールに行かれる方のお役に立てればと、4トラベルでその旅行記をのせようと思ってます。もしよろしければ、イ課長さんのシェルブール記を、そちらで紹介させていただきたいのですが、いかがでしょうか?(今は、○○ブログさんとしています)
アドレスを載せましたので、見ていただければと思います。よろしくお願いします。
Commented by tohoiwanya at 2010-02-08 23:29
初めまして。
コメントいただき、光栄です。

4トラベルのブログ、写真、拝見しました。
もちろん、イ課長ブログのことは書いていただいて構いません。

いやしかし、シェルブールに実際に行かれた方に
このブログが役に立ったとしたら、こんな嬉しいことはありません。
私の場合は昔の雑誌の小さな地図だけが頼りでしたけど、
写真を見せて、カフェの店員に尋ねるなんて、kokemomoさんほとんど
刑事並みの執念です(笑)。見つかって良かった。

あのパッチワークブティックのHPがあることも全然知りませんでした。
地図も出てますから、これから行く人にはkokemomoさんの訪問記は
どれほど大助かりかわからないですよ。すばらしい。
 
Commented by kokemomo at 2010-02-09 10:08 x
こころよく承諾くださりありがとうございます。
さっそく、イ課長ブログさんにお世話になったと書かせていただきました。
どうもありがとうございました。
Commented by tohoiwanya at 2010-02-09 11:43 x
こんな訪問記をプリントアウトされて持ってっていただいたなんて
こちらこそ光栄というか、恐縮というか、恥ずかしいというか…。

ガイドブックには絶対載ってない街で、情報収集には私も苦労しましたが
あんなオタク記事が役に立ったとすればホントに嬉しいです。

イ課長ブログとkokemomoさんのブログがあれば
もうシェルブール訪問情報はバッチリかな(笑)。
Commented by futaba at 2010-08-03 09:40 x
はじめまして。4travelから飛んできました。
私もこの映画が大好きで、来週、ポーツマスからフェリーでシェルブールに行く予定です。
本当に大助かりです。ありがとうございます!!
Commented by tohoiwanya at 2010-08-03 11:52
初めまして。コメントありがとうございます。

船でシェルブールに行くなんて、素敵ですねー。
こんなオタク旅行記が現地で少しでもfutabaさんの役に立てば嬉しいです。
どうぞ気をつけて行ってらしてください。
Commented by futaba at 2010-08-12 02:33 x
こんにちは。昨日シェルブール→ポーツマスから帰ってきました。
ロンドンに住んでいるので、船のほうが安上がり&時間も節約できまして。
昨年日本でデジタルリマスター版の「シェルブールの雨傘」を見て、
やっぱり行ってみたいなぁと思っていたので、今回念願がかなって良かったです。
いろいろと情報をありがとうございました!!
Commented by tohoiwanya at 2010-08-12 17:10
ご無事でお戻りで何よりです。

今はバカンス・シーズンまっさかりですけど、おそらくシェルブールは
バカンス客なんてものとは無縁の、のどかな港町じゃなかったですか?

前のコメントを拝見したときに「ひょっとすると英国在住なのかな?」と
思ったのですが、やっぱりロンドンにお住まいだったんですね。
実は私、今年の秋(行くとすればおそらく11月)にロンドンに出張する可能性が
少しばかりあるんです。もしホントに行くことになったらロンドンのこと、いろいろ教えて下さい(笑)。
 
Commented by futaba at 2010-08-16 06:30 x
こんにちは。確かに、シェルブールはバカンスとは無縁の、のどかな港町でした。
昨日まで行っていたダブリンは、観光客とバックパッカーが多かったです。
シェルブールではバックパックの宿に泊まっていたのですが、4人部屋でも
私ともう一人しかおらず、閑散としていました。

ロンドンにお見えになるときは、是非、教えてくださいませ~。
ロンドンから1時間で行けるダブリンもお勧めです(笑)
Commented by tohoiwanya at 2010-08-16 09:52
今日のブログ記事にも書いたんですが、26日に某所で開催される、某委員会。
ここで「今年度はこんな方針でやって、海外出張ではココとココに行こうと思う」っていうイ課長案が承認されると、
秋にはロンドン出張が極めて濃厚になります。
つうか、承認されるとこんどはオイソレと変更できなくなる(笑)。

ロンドンなぁ~…もし行くことになったら新婚旅行以来だから、19年ぶりだぁ。
 
Commented by futaba at 2010-10-22 06:11 x
こんにちは。ご無沙汰しております。
ロンドンにはお見えになりますのでしょうか・・・?
10,11月のロンドンは日本の映画の上映や舞台上演、スガシカオのコンサートと
日本づくしです。笑
Commented by tohoiwanya at 2010-10-22 10:41
行きます(きっぱり)。
もう飛行機のチケットも取り、ホテルも取り、現在はロンドンでの
訪問先アポ調整の真っ最中。

11/17の夜にユーロスターでロンドン入りして、木・金と仕事して
20日夜にヒースローから帰国します。

実は18日夜のイングリッシュ・ナショナルオペラのチケットも
すでに買ってしまいました。(←公私混同)
しかし、スガシカオも11月に英国出張だったとは知りませんでした(笑)。
 
Commented by futaba at 2010-10-24 02:28 x
短期日程で中身がぎっしりですね! 私は18日までオランダ・ベルギーです。
ロンドンではオペラ座の怪人の「続編」をやっております。
タイトルが「Love never dies」とアレ感満載ですが。
オペラがひとケタ台で見られるのがロンドンの良いところだと思います!
Commented by tohoiwanya at 2010-10-25 01:24
>私は18日までオランダ・ベルギーです

なんと。私は17日の昼間はブリュッセルにいて、夜ユーロスターでロンドンに移動するんです。
かすってますね(笑)。

その日はロンドンに到着してホテルにチェックインして、晩飯食ったら終わり。
翌日はロンドンで仕事(と、夜はオペラ)、金曜日はリーズという街まで
行く予定になってます。
最後の楽しみ、20日土曜の夜の飛行機までの半日観光は
ハンプトン・コートにでも行って、アン・ブーリンとキャサリン・ハワードの幽霊を見たいなぁ(笑)。
 
Commented by futaba at 2010-10-27 04:24 x
なんと!すごい偶然ですね。ベルギーもオランダも全くノープランのひとり旅です。
どこかでお会いできたらうれしいです。
私は20日から仕事に復帰しないといけないのがなんとも残念です。
Commented by tohoiwanya at 2010-10-27 15:16
ブリュッセルでお会いできたらいいんですが、
うーん…時間的にはムリかなぁ。
ロンドンには19日にお戻りになるんですよね?
うーん…うーん…。

すみません。ここに出張スケジュールをあまり詳しく書くわけにも
いかないので(笑)、もしよろしければメールいただけますか?
toho_iwanya@yahoo.co.jp です。

お会いするチャンスがあるのは19日の夜遅くにロンドンで…かなぁ?
Commented by Estestest1971 at 2017-02-13 01:32 x
イ課長さん
こんにちは
今、シェルブールにいます。
このブログが役に立ちまします。
ありがとうございます。
Commented by tohoiwanya at 2017-02-14 01:47
>今、シェルブールにいます。

Estestest1971さん:
うわー、8年も前に書いた記事にコメントありがとうございます。
シェルブールにおられるということは、私と同じようにあの映画の
深刻な影響を受けた方とお見受けしました(笑)。
今の時期のノルマンディーは寒いかもしれないですけど、それもまた
いいですよねぇ。この記事が旅の参考になれば書き手としても嬉しいです。


<< パリの赤い風車の下で…      映画ヲタクの旅 -シェルブール... >>