2009年 10月 07日

博多出張に行ってきた -その2-

福岡は「雁ノ巣」というところに行く必要があったから出張したのである。
正確には「雁ノ巣駅から徒歩約30分」というところに行く必要があったわけだが…。

「なーーんもないところだよ?」「交通すっげーー不便ですよ?」等々と
事前に福岡関係者から聞いてはいたから相当覚悟はしていたが、確かに車であれば
そうでもないだろうけど、電車だとじーつーに不便なトコだった。

中州川端から市営地下鉄で貝塚っつうトコまで。これはまぁいい。
貝塚から西鉄ナントカ線に乗って和白っつうトコまで…う、早くも単線だ。
田舎ローカル線の旅という風情が急速にあたりにたちこめる。
f0189467_03863.jpg

和白でJRに乗り換え。このJRがまた本数がバカ少ない。20分くらい待ったかなぁ?
西鉄からJRへの乗り換えはこんな風景の中にある駅と駅の間で行われる。
近代的な巨大乗り換えターミナル駅というべきか(笑)。
単線の路線から単線の路線への乗り換えなんてのもなかなかできない経験だよなぁ。
f0189467_034332.jpg

和白から単線JRに乗ってやっと着いた雁ノ巣。
なんだこの駅は。イ課長はてっきり駅のトイレかと思っちまったぜ(笑)。
もちろん無人駅。使用後の切符や乗り越し料金はこのポストに入れましょう。
f0189467_041576.jpg

雁ノ巣駅に着いたのが朝の8時47分(その電車しかなかった)。
アポイントは9時半だ。「徒歩30分」の場所に行くには理想的な到着時間ではないか。
見事なほど、身を隠す日陰すら全くない道がひたすら続く。何というところだ(笑)。
f0189467_044349.jpg

この辺はちょうど福岡空港から離陸した飛行機のコースにあたるみたいだ。
巨大な旅客機の腹の下がすぐ近くに見える。
f0189467_052598.jpg

仕事を済ませて帰路。相手の人が「タクシーを呼びましょうか?」と聞いてくれた。
しかし、時刻表を見ると次に雁ノ巣を出る電車は35分後…帰りも歩くことにした(笑)。

はい、汗ダクダクになって雁ノ巣駅に着きました。
いやーーーー…まさに「ニッポンのデンエン」と言いたくなるようなひなびた駅。
イ課長の人生で、この駅に二度と来ることがあるだろうか…?
f0189467_055373.jpg

単線JRに揺られて、今朝、単線の乗り換えを敢行した和白駅に戻ってきた。
いやー…なんかやっぱ日本国内の出張は「新日本紀行」的でええのう…。
f0189467_063183.jpg

やれやれ。
しかし、こんなのんびりしたローカル線の旅を味わえる国内出張もしばらくオアズケ。
来週からの海外出張準備に忙殺されるイ課長なのである。誰かイ課長に同情すれ。

  

[PR]

by tohoiwanya | 2009-10-07 00:06 | 国内出張・旅行 | Comments(4)
Commented by よこりん at 2009-10-07 09:30 x
出張人生御苦労様。ドージョウしちゃる。でもその実楽しんでるくせに。
早く沖縄シュッチョー編書いてYO! 5編くらいにしてねん♪
Commented by tohoiwanya at 2009-10-07 13:28
沖縄出張編を海外出張までに何篇書けるかっつうたら…
…まぁがんばって2つくらいは書きたいが。

それより、パリ旅行記の残りのネタをどうすりゃいいんだか。
まだランス大聖堂も書いてないし、モンパルナス墓地も書いてないし…
あーーそんなことより日曜出発の出張の準備だよ準備!!あーーー!!
Commented by sca at 2009-10-08 12:51 x
案内板の「香椎」に反応!
清張の「点と線」で海岸で死体が見つかったのが香椎駅の近くの海岸でしたよね。
行ってきてほしかったなぁ。

次回はぜひ!
Commented by tohoiwanya at 2009-10-09 01:19
香椎ってところは大きな神社もあるし、点と線でも有名。
だから、仕事が終わったら行こうかな…という気に最初はちょっとなって、
ちょっとルートも調べてみた。

しかし、香椎まで行く電車、香椎から博多まで戻る電車も雁ノ巣ほどじゃないけど
本数は少なくて、けっこう面倒。その上、雁ノ巣で歩き疲れたし…(笑)。
 


<< 沖縄出張に行ってきた -その1-      博多出張に行ってきた -その1- >>