2009年 12月 16日

ホーカー・センターは最高である -その2-

初めてホーカー・センター(フードコート)に行って、すっかり気に入ってしまったイ課長。
同じ月曜の夜に早くも2回目の「ホーカー体験」に向けて出撃したのである(笑)。

今度はホテルから15分か20分くらい歩いた先。
夕方にラクサ食ったから腹減るのが遅くて、夜の散歩を兼ねてずーっと歩いて行ってみたんだけど
着いたのはもう9時半頃だったかな。ビルの中のワンフロアで、冷房もあるキレイなところだ。
まぁホーカー・センターっつうより、ここもフードコートと言うべきだろうな。
時間が遅いせいか、そろそろ閉店準備の店なんかもあって客も少なかったね。

シンガポールで「これだけは食わねば」と思ってたものをここで食った。
それが何かっていうと、チキンライスだ。

シンガポリアンにとってはまさにソウルフードといえるチキンライス。
「お気に入りのチキンライス屋」を一つや二つ持ってるのがシンガポリアンの常識だそうで、
日本におけるラーメンの位置づけに近いんだろうな、たぶん。
イ課長の嗜好は麺類ではあるが、とりあえずこれだけは食っておかねばならん。
f0189467_8391036.jpg

チキンライスとはこういう感じ。
店によって多少の差はあるけど、基本はこんな感じのゴハン+茹でチキンっつうだけの
シンプルな食い物。スープもついて…3$(約200円)くらいじゃなかったかなぁ?

鶏肉そのものはタレで焼いてあるわけでもないから、ゴハンのオカズとしては
むしろ淡白なオアジと言っていい。
チキンライスのウマさの真髄はむしろゴハンの方にある(とイ課長は思う)。
このゴハンはチキンスープで炊いてあるんだよね。だからゴハンの方にもうっすらと味がついてて
それがチキンの淡白な味付けとマッチして大変よろしい。

しかし、シンプルなチキンライスだけじゃさすがに晩飯としては足りない。
もう一品何か食うか…となるとイ課長はやはり麺類に流れて、結局またラクサ(笑)。
f0189467_838507.jpg

ラーメンと一緒で、ラクサも店によってけっこう味の違いがある。
晩に食ったラクサはココナッツミルク風味がより効いてる感じかな。
これだってせいぜい200円とか250円くらいの値段だったはずで、安いよなぁ〜。


こうして、ホーカー・センター紹介記事は「その2」が終わったけど、出張日程の上では
まだ月曜の晩メシが終わったにすぎない。出張は金曜まで続く(笑)。当然、シンガポールの
ホーカー・センターめぐりもまだまだ続くのである。

イ課長ブログで紹介しようっていうんで、出張中に自分で食ったものを写真に撮ることは多いけど、
今回は通訳さんの注文したメシまで写真に撮らせてもらったこともあるくらいで、
シンガポールの安くて珍しくておいしいメシのネタは尽きない。仕事以外の時間は
「シンガポールB級グルメ紀行」って感じの出張だったよなぁ…。



[PR]

by tohoiwanya | 2009-12-16 08:39 | 2009.10 シンガポール出張 | Comments(0)


<< フランスの“静脈設備”たち      ホーカー・センターは最高である... >>