人気ブログランキング |
2010年 08月 03日

塔の上からプラハを見る

プラハの床屋のことを書いたら、何となくプラハの思い出に火がついた。
今日はどうしてもプラハについて書く。イ課長にとって美しき思い出に満ちた街・プラハ…。

2007年のドイツ・チェコ出張当時はまだイ課長ブログも作ってなかったから、
あの当時、旅行記めいたものはミクシに書いてたんだよね。ミクシと若干重複するけど
今日は聖ヴィータ大聖堂の塔について書こう。

思えば、聖ヴィータ大聖堂を見た頃のイ課長はまだ「軽度のゴシック教会建築オタク」には
なっていなかった(笑)。
イ課長としてはこの時、とにかくアルフォンス・ミュシャのステンドグラスが見たくて、
それに比べると教会ソノモノに対する関心はそれほど高くなかったのは確かだ。
まぁ2007年当時はゴシック建築とロマネスク建築の区別もあやふやなヤロウだったから
「立派でおっきな教会」という程度の認識だったんだよね。

もちろん、あなたが聖ヴィータ大聖堂に行く機会があったら、ミュシャのステンドグラスは
悪魔に魂を売ってでも見るべきだ。しかし今日は塔の話。

西側を向いた大聖堂入口を背にして、ミュシャのステンドグラスは左側(つまり北側)にある。
しかし、あなたはステンドグラスを見るだけではなく、教会全体をグルリと回って
その巨大かつ荘厳な雰囲気を堪能するはずだ

さて、ミュシャのステンドグラスの反対側、つまり教会の南側に小さな入口があって、
その奥にはなにやら階段が見える。これが塔に登るための階段入口なのである。

あ、これ、たぶん塔の上に登るためのラセン階段に違いない…とイ課長は思った。
思った次の瞬間、もうその入り口に突進して暗くて狭い階段を登り始めていた。
高いところがけっこうコワいくせに、あると登りたがるバカなのだ、イ課長は。

古い教会はどこもそうだけど、尖塔の上に行くには果てしなく続くらせん階段を登る必要がある。
しかもそのらせん階段つうのがどれもやたらに暗くて狭くて、人間がすれ違うのがやっと。
そんな狭いらせん階段を、例によって目が回りそうになりながらハァハァ言って登る。ハァハァ…。

うひょーーーーーーーーーーーーーーー!
f0189467_015787.jpg

うわぁー何と素晴らしいプラハの眺望!!苦労して登ってきたかいがあったぜ。
f0189467_0165829.jpg

市内を貫くブルタヴァ川も、観光客でぎっしりのカレル橋もよく見える。
高台の上にあるプラハ城、その中にある(たぶん)一番高い塔の上にいるわけだから、おそらく
プラハ市街を見渡す最も高いポイントだろうと思う。

塔は大聖堂の南側に建ってる。だから南の方向にさえぎるものはない。本当にキレイだった。
視点をずらすと、今度は教会ごしに景色が見えてくる。これなんて、教会南側の壁面を
ギザギザした何本ものフライング・バットレスが支えているのがよくわかる。
ま、写真を撮った当時はこんな建築知識はもちろんなかったわけだが(笑)。
f0189467_0173724.jpg

大聖堂の塔のあるガワ、すなわち南側の広場を見下ろすと観光客がアリのようだ。
これまた毎回のことなんだけど、高いところから直下を見た写真を撮ろうとすると、
イ課長は必ず「カメラを落っことす恐怖」で手が汗ばむのである(笑)。
f0189467_018548.jpg

この時イ課長が撮ったデカい写真を見たい方はここを見て写真をクリックしてちょ。

素晴らしいプラハの眺望を堪能して、さて地上に戻ろうとしたら、らせん階段の「のぼり車線」が
大渋滞しているではないか。
これねぇ、要するに塔を登る観光客の中に太ったご婦人とかがいて、途中で疲れて休んじゃうと
こうなっちゃうんだよね。休んでる人を後から登る人が追い越せれば話は簡単なんだけど、
さっき言ったようにすれ違うのがやっとの狭さであるってことが問題になってくる。

イ課長みたいに上から降りてくる人もいるから「くだり車線」もそれなりの交通量はある。
だから追い越せない。必然的に大渋滞発生というわけだ。みなさん、聖ヴィータ大聖堂の塔を
登ろうと思ったら、途中でヘタリこんでうしろに渋滞をおこさないよう足腰&心肺を鍛えておきましょう。
f0189467_0192294.jpg

これが地上からみた塔。
登るのはラクじゃないけど、フランスのゴシック教会と違って塔を登るのに別料金をとるなんて
セコいこともなくて、苦労して登った果てに見るプラハの眺望は本当に素晴らしい。

あなたがプラハに行くことがあったら、聖ヴィータ大聖堂の塔のぼりをぜひお試しあれ。
イ課長自身プラハにはもう一度ぜひ行きたいよ。塔をのぼる体力のあるうちにさ(笑)。




by tohoiwanya | 2010-08-03 00:19 | 2007.10 ドイツ・チェコ出張 | Comments(9)
Commented by sca at 2010-08-03 14:55 x
大きな写真、画面に納まりきらないんですけど(笑)

プラハ、こうして写真をみるとやはり一度行きたいですね。
足腰と心肺を鍛えて、ダイエットに励むことにします!

Commented by tohoiwanya at 2010-08-04 10:36
あの写真、よほど巨大なPC画面じゃないと見るのは困難ですな(笑)。

今度はプラハに行くときは絶対、仕事じゃなく純粋観光で行くっす。
最低3泊はしたいなぁ…。夏もいいだろうけど、やっぱ行くとしたら
季節は冬、オペラシーズンしかないっす。あーもう一度行きてぇ。
Commented by のんのん at 2010-08-04 12:17 x
トホ妻さんといわんやの旅にくっついてったら、うんちくきけるわ、夫婦漫才聴けるわ、とってもお得そうだ。
メグでも誘って本気でついてくかな。
Commented by tohoiwanya at 2010-08-04 15:36
つ、ついて来んでよろしい!

つうかさ、トホ妻と一緒に行った海外って実は2005年のトルコが最後で(両親も一緒だった)
その後の海外出張すべて一人だったのはもちろん、去年のパリ旅行も一人旅。
何だかもう、すっかり気ままな一人旅に慣れちゃったよ。

自分ひとりの心配だけしてればいいって、気楽だよ、やっぱ。
 
Commented by ふじっこ at 2016-06-01 00:04 x
がぁぁぁあんっ!!

と、塔に登れたなんてっ!!
予習が足りませんでした。。。( TДT)
マーチャーシュー教会、凄い人だったので、翌日朝イチで一番乗りして、ミュシャのステンドグラスを心ゆくまで堪能してご満悦だったのにぃぃっ!!きーーーっ!くやしーーっ!

塔からの写真、素晴らしいですよね。。。
私も撮りたかったなぁ。。。_| ̄|○
Commented by ふじっこ at 2016-06-01 00:34 x
ま、間違えました。

マーチャーシューはブダペストだった。
聖ヴィート教会ですね(。>д<)
あまりの無念さに錯乱してしまいました。。。
Commented by tohoiwanya at 2016-06-01 01:16
>あまりの無念さに錯乱してしまいました。。。

ふじっこさん:
ありゃぁ〜?あの塔に登らなかったんですかぁ〜?
あのウットリ素晴らしいプラハの眺望を見てこなかったんですかぁ〜?
・・・なんて言ってると、いずれプレア・ヴィヒアで仕返しされるか(笑)。

プラハ、どこも混み混みじゃなかったですか?最近のプラハの観光ブームは
大変なもんらしくて、聖ヴィータ大聖堂も激混みって話をちょっと聞きました。
私が行ったのも、もう9年前で(当時も混んでたけど)、聖堂の中を歩いてて
「おや?こんな所に階段が・・」って感じで何となく登れちゃった。
今はもしかすると、塔登りは多少制限してるかもしれません。あの狭い階段に
ワンサカ人が押し寄せたら渋滞でギュムギュムになるっすよ。
Commented by ふじっこ at 2016-06-01 01:31 x
そう。凄く混んでたんです。午前中だったとは思うんですけど、入り口から長蛇の列で、教会の外壁づたいに半周位並んでまして、時間勿体ないんで、どうしよーか。。。と、チケットよく見たら当日と翌日の日付が印字されているのに気付きまして。で、翌日のチケットオフィスが開店する前から並んで、めでたく1番のりでメデタシメデタシのはずだったのにっ!!(一番乗りだと人も少なくてかなりゆっくり見られました。)

確かにプラハ、こんな時期でも観光客ワンサカでしたけど、それを差し引いてもあのスケール感は感動モノですね。人混みキライですが、ほんと、行って良かったです。塔はいつの日かリベンジしたいと思います!!
Commented by tohoiwanya at 2016-06-01 11:08
>プラハ、こんな時期でも観光客ワンサカでしたけど

ふじっこさん:
プラハ人気すごいなー。9年前も相当だったけど、その後さらに人気出てるみたい。
私も聖ヴィータ大聖堂の時はけっこう並びました。夕方には帰国する土曜だったから
こっちも必死(笑)。でも今はもっと混んでるんだろうなーー。

プラハはいずれまた出張じゃなく旅行で行きたいとずーーっと思ってるんだけど、
プラハ・ブームが下火になってからにしたいなぁ。ますます燃えさかるかもしれないけど。


<< プラハ時間差写真集      プラハの理髪店 >>