2011年 01月 19日

海外出張で使う携帯電話 -続編-

昨年3月、海外出張では必ずレンタル携帯電話を借りるという話を書いたことがある。
ちょうどPHS→携帯への乗り換えをどうしようか考えてる時期だった。

結局、イ課長はその後ほどなくしてPHSを解約し、auの携帯に乗り換えた。
買ったのはソニエリのS002という機種なのである。
f0189467_022424.jpg

デザイン的には好みじゃなかった。明らかに女性向け機種でイ課長の手にはやや小さいし。
それでも、これをチョイスした理由は2つある。

①海外ローミングのGSMの方にだけは対応してて、出張で使えそうだったから
②新規契約で端末価格が0円だったから

海外で使える範囲の広さだったら、GSM+CDMAのデュアルローミング対応機種の方がいい。
だがそれらはみんな何万円もする。高すぎる(←PHSユーザーは高い端末に慣れてない)。

2010年、海外出張があるなら欧州の可能性が高いっていうのはある程度わかっていた。
欧州は「GSMエリア」みたいだから、とりあえずGSM対応だけあれば出張で使えるかな?と思って
女性向けデザインであることには目をつぶってコレにしたのだ。
(要するに端末0円機種を選んだコトの言い訳がしたいらしい)

この新しい携帯を初めて海外で使ったのは台湾旅行だった。
「海外出張で自分の携帯を使う」という初めての経験の予行演習を台湾でやったわけだ。

結論からいえば、この時は東京のトホ妻と音声通話はもちろん、日本語メールも出来た。
これなら問題ないというわけで、2ヶ月半後の欧州出張では初めてレンタル携帯を借りずに
自分の携帯を持参し、グローバルパスポート機能を使ってみたのである。

結論からいえば(またかよ)、これは非常に有用かつ快適だ。
「初めて自分の携帯持って海外出張行きました」なんて今頃喜んでるわけだから、
マトモな携帯ユーザーからすれば笑っちゃうようなレベルだろうけど、イ課長にとっては
極めて新鮮かつ重大なコトで、海外出張での活動の地平がグッと広がったような(やや大げさ)
ことだったんだよね。

フランクフルト空港に到着し、GSMに切り替えてみると、しばらく電波を捜してたけど
すぐに現地でローミングする相手(っていう言い方はヘンか?)を見つけた。
f0189467_031283.jpg

こんな風に、いま「o2-de」の電波でつながりますよっていう表示が出る。
別にミッフィーに注目しなくていいの(笑)。女性向け機種だからしょうがないんだよ。

17日水曜日、ICEに乗ってアーヘンを越え、リエージュに着く途中で国境を越える。
越えると、ちゃんと表示はベルギーでのローミング相手に切り替わる。
f0189467_035229.jpg

ロンドンではこんな感じ。最初はT-Mobile UKだったけど、最後のヒースロー空港では
vodafoneになってたから、複数のキャリアの電波を選べるようになってるみたいだ。
f0189467_041772.jpg

f0189467_043951.jpg

今回、パソコンの方に問題があって、ドイツにいる間はネットがほとんど使えなかった。
だから、会社と連絡をとるために携帯の日本語メールだけでも何とか使えたことは
ものすごく助かったんだよね。レンタル携帯のノキアだと、むりやりメール使おうにも
ローマ字でやるしかない。海外で自分の携帯を使えるって、ホント便利なんだなぁと
つくづく実感したイ課長なのであった。

ただし、自分の携帯であるがゆえの問題もある。
イ課長は寝るとき、目覚ましアラームにいつも携帯を使う。
フランクフルトのホテルでも真夜中に東京のオフィスにメールを打ち、そのまま
枕の近くに自分の携帯を置いて、寝た。

寝てたらメール着信音で起こされた。ムカッ!!東京のオフィスからの返信だ。ばっかやろう…
ヲマエら、時差というものを認識しとらんのか?こっちは真夜中だぞ。少しは気を使え。
ムカつきながら「こっちはいま夜中の2時だ」と返信し、メール送信の自粛を促した…が、

またメール着信音で起こされる。テメエいいかげんにしろ。
読むと「時差ボケで大変かもしれませんが、少しでも寝て下さい」なんて書いてやがる!
てめぇ〜〜…全然わかってないようだな。そんなにイ課長を怒らせたいか。

めちゃくちゃ不機嫌になりながら、さらに返事を書く。
「着信音で起こされたのである。こっちにメールする時はそっちの夕方にしてくれ」と
怒りを押し殺したメールを出した。
すると再び着信音。見ると「えー!起こしちゃったの?ごめんなさーい!!」というメール…

…ということはさすがになかった(笑)。
もしそんなメールが来てたら、イ課長は帰国後にその女子社員を殺害したであろう。

ま、そんな“被害”もあったけど、自分の携帯を海外出張で使えるのはホントに便利。
今頃になって初めてグローバル・パスポート携帯って便利なんだということを発見した、
周回遅れの携帯ユーザー、イ課長なのでした。

ちなみに、auの請求書ではその月の海外ローミング使用分はわかるようになっている。
だからイ課長は当然のようにauの請求書のコピーをとり、その部分にマーカーで印をつけて
出張中の使用料金を出張経費として会社に請求したのである。4000円くらいだったかな?

もちろん、その料金の中には私用で日本のトホ妻なんかとメールした分がかなり
含まれてるはずで、純粋に業務で使った分となると…半分もないんじゃないかな〜?

いいじゃンかよ!そのくらい!!それでもレンタル携帯電話よりは安いんだからッ!
 



[PR]

by tohoiwanya | 2011-01-19 00:07 | 2010.11 欧州出張 | Comments(8)
Commented by ダルマ at 2011-01-19 02:18 x
このミッフィーちゃんの待ち受け使ってんの?マジで?……。
あははははははははは。
Commented by tohoiwanya at 2011-01-19 17:45
>あははははははははは。

ダルマさん:
い、いい、いいいいいいいじゃんかよ!!
この機種の場合、何種類かの待受けアニメ画面があるんだけど、
時刻や日付の表示とのバランスという点で、この「自転車ミッフィー」が
一番すぐれているように思うんだよね。

たまに見せびらかしてトホ妻をうらやましがらせるのだ(ヤツはシャープの端末)
Commented by Mimi at 2011-01-21 00:04 x
か、か、かわいいぃぃぃぃ~~~!!(笑)
自転車ミッフィーちゃん、これ、走ってるんですか?
いいなぁぁぁ、日本の携帯はやっぱり色々機能が日本人向けで羨ましいです。
私はVerizonという会社のを使ってるのですが、2月からやっとその会社でも
i-phoneが出るというのでただいまそれを待ってるところです。
そしたら携帯から日本語サイトも見られるようになるし日本語も打てる~!
あ、ちなみに私が日本へ帰る時は成田でレンタル携帯借りてます。
Commented by チロリ at 2011-01-21 09:38 x
あのさ、そぼ携帯ってアレついてんでしょ? アレよ。
エアプレーンモード。 飛行機モードよ。
それをオンにしときゃー、目覚ましは鳴っても電話はならなくてよ?
マ、一応シッチョー地獄仲間(元)としておせーといてあげる。
Commented by tohoiwanya at 2011-01-21 10:27
>自転車ミッフィーちゃん、これ、走ってるんですか?

Mimiさん:
これ、走ってます。ミッフィーが自転車乗って携帯画面を横切ります。
トホ妻を含めて女性には「かわいい」と大変好評だけど、ヒゲのサラリマンとしてはちょっと…

しかしVerizonってなつかしい。
2008年のワシントン出張のときにイーグルスのコンサートを見たのがワシントンDCにあった
Verizon Centerっていう巨大アリーナ。その時はそれが携帯電話会社の名前とは知らなくて、
「ヘンな名前の建物だなぁ」としか思わなかった。
Commented by tohoiwanya at 2011-01-21 10:28
>エアプレーンモード。 飛行機モードよ。

チロリさん:
S002のオンラインマニュアルを確認してしまったではないか(笑)。
これによるとだね、この携帯の航空機モードっていうのはアラームなんかのときに自動的に電源が入る機能を
「動作させないように設定」する機能ってことらしい。つまり、航空機モードすると時間がきてもアラームが鳴らないみたいだぞ。

ってことはだよ?航空機モードを切った状態なら、電源は自動的に入るわけだ。
アラーム指定時間に自動的に電源が入る…しかし、メール着信でもまた自動的に
電源が入ってしまうと…ダメじゃん。
Commented by チロリ at 2011-01-22 07:09 x
なにそれ?ダサい携帯ね!
iphone にしなさいよ。
Commented by tohoiwanya at 2011-01-22 23:38
チロリさん:
つまりだ、iPhoneのプレーンモードっていうのは飛行機に乗ってる間電源切ってると
メール着信では電源切れたままで、アラームの時だけ電源入るわけか?
一方、イ課長の携帯の航空機モードは着信はもちろんアラームでも電源入らないと…なんで違うのだ?

うーむ…よくわからん。
普通の携帯すらまだよく使いこなせていないんだから、iPhoneなんて無理に決まっとる。


<< イ課長ミシュラン・ホテル評価10      フィッシュ&チップスとの個人的闘争 >>