2011年 02月 10日

台北の蔡さん

去年の夏、台湾旅行に行く前、「台北の楊さん」という記事を書いた。

2006年の台湾旅行のときに顔見知りになった台湾式マッサージ店の店長さんで、
写真を送ってねって頼まれたんだけど、当時楊さんはメールアドレスがなくて、
かといって郵送で送るのも面倒臭くて、ついそのままになってしまったって話。
台北でもし彼女に再会できたら渡そうと思って写真をプリントアウトして持ってった。
f0189467_047319.jpg

台北到着当日、迪化街に行ったりしてホテルのチェックインまで時間をつぶしたあの時に
「楊さんをさがせ」を実行してみた。4年前に行った店は前回泊まったホテルのすぐ裏で、
今回泊まったホテルからも歩いて5分の近さ。店の場所は覚えてるよ。

確かこの路地…ん?もう一つ向こうの路地だったか…あれ?ない。
絶対にこの辺だったはずだ、というあたりを何度捜してもない。あれぇー??
フと気がつくと、イ課長がウロウロしてるあたりに新しい大きなビルが建ってるやん。
あちゃーこれはもしかして…急速に悪い予感が広がる。

新しいビルの前にいた守衛さんらしき人に、2006年にもらった楊さんの店のカードを見せてみる。
「この住所に写真を送ってくれ」って言われて渡されたカードだ。
彼はその住所を見て「この辺のはずだが、わからない」と答えた(んだと思う)。
そりゃそうだ。たぶんあの店があったあたりを再開発して建てたビルがコレだもんな。

ちぇーーーっ。やっぱ店がなくなっちゃってるよ。こうなるともうどうしようもない。
「楊さんをさがせ」プロジェクトは開始早々にして敗北。がっかり。
前回の台湾旅行で、現地で名前を覚えた知り合いなんて楊さんだけだったのだが…

しかしまぁ、別れがあればまた新しい出会いもあるのが人生だ(意味がわからん)。
今回の旅行では、新しく蔡さんというマッサージャーと懇意?になることができた。
蔡さんは楊さんの店がかつてあった場所のすぐ近くの店の施術者なんだよね。

最初に行ったのはちょうど十分で散々歩いた日で、足ツボマッサージを頼んだ。
しかし、店がすいてたこともあって蔡さんはイ課長に営業してきた(笑)。

「あなた 全身も マッサージ やるね 一緒に 全身 やる」
「全身マッサージは、また明日、やってもらいに来るから」
というわけで、とりあえずその日は足ツボだけお願いしたのである。

さてその翌日。昼間観光して台北に戻ってきたらスサマジいスコールだった。
しかし「明日またやってもらいに来る」って昨日言ったことでもあるし、
どうせマッサージでゆったりするっていうのは今回の旅行の目的の一つでもあったからってんで
コンビニ傘をさして、遠くがよく見えないくらいのスゴい降りの中、再び同じ店に行った。
f0189467_0212698.jpg

ドシャ降りの中、昨日約束した通りに再びやってきたイ課長を見て、ひょっとすると蔡さんは
「コイツは約束を守る誠実なヤツ」と誤解…いや、正しく認識してくれた…のかもしれない(笑)。
また来たイ課長に喜んで、再び蔡さんが全身マッサージも担当してくれたのである。
蔡さんは今回の旅行におけるイ課長の“担当施術者”と言っていいね。

蔡さんは体格もいいけど、それだけじゃなく指の力が強いのには驚いた。
特に足ツボマッサージって、指の関節曲げたデッパリのところで足裏だの足指だのを
ムギューーーッ!!と押しまくるから(キクんだコレが)、かなり力がいるはずだ。

興味があったから、全身マッサージが終わったあと蔡さんの指を見せてもらった。
おおやはり…足ツボマッサージでグリグリ使いまくったもんだから、右手親指や人差し指の
関節部分に「マッサージだこ」が出来てるよ。すげー(残念ながらその写真はない)。

そして最後に記念撮影。
右の体格のイイ女性が蔡さん、左のやや小柄な女性は一番最初にイ課長に
「あなた マッサージ しない?」とセールスアプローチしてきたヒトで、
まぁいうなれば営業担当者といったところか(笑)。
f0189467_0214736.jpg

今回の記念撮影では「写真送るよ?メールアドレスは?」とは質問しなかった。
仮に郵送で送ってくれなんて言われたって、どうせやりゃしないんだから。
せっかく誠実な男と思ってもらった?んだから、イメージを大事にしよう(笑)。

でもまぁ、また台湾に行く機会があったらこの写真をプリントアウトして持参してみるか。
次回、「蔡さんをさがせ」でもまた店がなくなってるかもしれないけどさ。
 



[PR]

by tohoiwanya | 2011-02-10 00:21 | 2010.08 台湾旅行 | Comments(0)


<< 京都・嵯峨野が発祥の地、それは…      イングリッシュ・ナショナル・オペラ >>