人気ブログランキング |
2011年 09月 17日

ドナウ川・船の旅

魅惑の土曜出勤に酔いしれているイ課長ですこんにちは。

リアル生活の方じゃ、11月下旬の海外出張がいよいよ現実化しはじめて、すでに
通訳さん探しなど、海外出張前恒例の「ああまたかよ」的な多忙モードに入っている。
おまけに、書き出すとキリがないくらいのメンドウがイワシの群れのように襲ってきて
イ課長は暗い。

まぁいい。出張準備の暗い日々についてはいずれゆっくり書く機会があるだろう(笑)。
メルク修道院~ドナウ河クルーズ観光はけっこう大ネタだから、ハナシはまだまだ続くのである。

豪華バロック宗教建築を満喫し…というより、バロック宗教建築の過剰装飾にかなり辟易して
メルク修道院を出たイ課長&トホ妻。さて、次はドナウ河だ。観光船だ。

目的地のデュルンハイムまで約1時間の船の旅。
しかしこの観光船、そんなに頻発してるわけじゃない。意外に便数は少ない。
1時間に1便どころか、1日に5~6便しかないんだよ。

イ課長たちは11:00メルク発の船(たぶんこれが一番早い)に乗ったけど、これを逃すと
次の船は13:50だから、約3時間も空いちまう。11:00の船は逃せない。

メルク修道院から船乗り場までは…15分くらい歩いたかなぁ?少し余裕をもって早めに行きましょう。

ここで、今朝ウィーン西駅で買った「ヴァッハウ・コンビチケット」のうちの船の分の切符を
実際の乗船券と引き換える。それはチケット売場でやるわけだけど、イ課長たちの前にいた
二人の男性客がやけに時間をかけてやけに大量の乗船券を買ってるから少し待たされる。

この大量乗船券購入の理由はほどなくわかるわけだが…。

船乗り場はこんな感じ。質素だよね。
川自体もやけにショボく見えるけど、これ実はドナウ川の支流にすぎなくて、
ちょっと先にもっとご立派な本流があるわけだ。
f0189467_12283267.jpg

そろそろ出発だな、という頃、ワイワイとやけに大勢のガキんちょが乗船してきた。
感じとしては、まぁオーストリアの中学生くらいか。20~30人はいたんじゃないか?
さっきの乗船券大量購入はコレだったのか。あれは引率の先生だったんだな。

せっかく静かだった遊覧船の屋上デッキもヤツらが乗ってきて、たちまち騒々しくなる(笑)。
しかし、このくらい(推定・15歳程度)のガキは万国共通でうるさいのう。
イ課長がザンクト・シュテファンで会ったかわいい小学生たちも、あと数年もするとこうなるのだろうか。
f0189467_12384386.jpg

…なんて言ってるうちに、いよいよ船は出発。
さっきまでいたメルク修道院がキレイに見えるワ。
どんな角度で写真を撮ろうとしても、ガキがアングルに入るのは避けられない(笑)。
f0189467_12293186.jpg

やがて、船はドナウ川の本流へ。天気がよくて気持ちいいのーー。
実際、この日半袖シャツから露出したイ課長の腕は一日で相当やけたのである。
f0189467_12304020.jpg

しかもだ。出発早々、このガキどもの一人がやらかしてくれたんだよねー。
屋上デッキにのぼる階段のところでビシャッ!と水をまき散らすような音がするから
何かと思って見たら、信じ難いことに、ガキ軍団の一人の女子が噴水のような勢いで
階段で嘔吐してるではないか。おいおいおいおい。

いやしかし、ああいう嘔吐って日本じゃあまり見ないよ。
苦しそうに「おえッ…」と吐くんじゃなく、口に含んでた牛乳を噴き出すかのように、
勢いよくビシャッ!と吐いてた。ずいぶん勇壮な船酔いもあったもんだ。
というか、出発直後にもう船酔いって、ナンボ何でも早すぎないか?
大体、ドナウ川の遊覧船ごときで船酔いするもんなんだろうか?

しかしまぁ、しばらくしたら彼女は船にあったモップみたいなもんで自分で掃除してたから、
一応「吐きっぱなし」ということはなかった。ふむ。行儀がいいとは到底言い難いが、
自分の後始末は自分でするという程度のシツケはちゃんとなされているようだ。

ちなみに、下の写真に「噴水」の犯人の女子が写ってるけど(笑)。あれだけ派手に吐いたと
思ったら、あとは船酔いの様子もなくキャアキャア騒いで元気ってのがまたよくわからん。
f0189467_12364238.jpg

…と、イ課長&トホ妻、一般観光客、噴水女子を含むオーストリアガキ軍団たちを乗せ、
ドナウ遊覧船は美しきヴァッハウ渓谷を下っていくのでありました。
f0189467_12404388.jpg

次回、船からの眺めをたっぷりご紹介しようではないか。
ついでに、オーストリアガキ軍団の生態も(笑)。





by tohoiwanya | 2011-09-17 12:41 | 2011.06 ウィーン旅行 | Comments(2)
Commented by マダムKenwan at 2011-09-20 05:17 x
イ課長さん、海外出張が多いのですね?
この度は、気が重いようですが、どちらへ行かれるのでしょう?

メイン・イヴェントのドナウ川下り!
うちの娘より一つ二つ若そうなウルサイのと一緒になっちゃったんですね〜 地下鉄でもそういう集団がいると車両避けたいですものね。ご愁傷様でした。でも、景色はきれい〜!
Commented by tohoiwanya at 2011-09-21 01:20
>気が重いようですが、どちらへ行かれるのでしょう?

ミクシィというSNSの方では私が海外出張に行くたびに、現地の写真をアップして
「ココはどこでしょうクイズ」をやるのが恒例になっているため、今ここで
ドコに行くかを明かせなくて申し訳ないです。
(大したところに行くわけじゃないんですけどね)

ヴァッハウ渓谷はキレイでしたね〜。
ウィーン旅行中、2回ほど雨(それもかなりドシャ降り)に遭遇したんですけど、
この日は本当に天気が良くて、遊覧船の屋上デッキは壮快でした。
ドナウ川下りの時に雨降られなくて、ホントによかった。
 


<< ドナウ川・船の旅 -その2-      メルク修道院を観にいこう -その3- >>