人気ブログランキング |
2011年 10月 02日

デュルンシュタインという町 -その1-

ブログ更新の間がだいぶあいてしまったイ課長です。

いや先週はちょっと大変だったのだ。
日曜から月曜にかけて一泊名古屋出張。その後もかなり仕事がたてこんだ。

実は来週も水曜までは仕事がたてこむ。土日もウチで仕事した。うんざりだぜ。
その後、10月下旬にかけてもう1~2回は国内出張があるだろう。うんざりだぜ。
そして11月下旬には海外出張が…ああああああああうんざりだぜ。

まぁいい。こんなところで仕事を呪ってても仕方がない。
とりあえずドナウ川の旅の続きを書こうではないか。
えーと…遊覧船でデュルンシュタインに到着したトコまで書いたんだよね。
その記事を書いたのはもう10日も前じゃないか。何てヒドい展開だ。ごめんなさい。

とにかくだ。
イ課長とトホ妻はデュルンシュタインの町で船を降りたわけだよ(無理矢理ハナシを戻す)。
f0189467_21381578.jpg

この町に関する予備知識はメルク以上になかった。ほとんど皆無と言っていい。
ココはホントにのどかな小さい田舎町で、観光客もわずかにいるけど、おそらく彼らは
ここのホテルに滞在しているオーストリア人たちで、外人観光客らしき姿はない。

特に見るべきものがあるわけじゃないけど、ドナウ川の流れを望むレストランで
ワインでも傾けながらユッタリ優雅に食事でもするにはちょうどいいところだった。
しかし、実のところ、この時のイ課長はあまりユッタリできる心境ではなかったのだ。

この日、夜はウィーン国立歌劇場でオペラ鑑賞がある。もうチケットも確保してある。
それを見るためには逆算して、夕方にはウィーンに戻っていたい。
しかし我々はウィーンに行く電車のダイヤはもちろん、デュルンシュタインの駅が
どこにあるかもよく知らないだ。帰路の見通しが全然たっておらんではないか。

とりあえず、駅を探そうということになったんだけど、これがドコだかよくわからない。
トホ妻は「帰りの電車は何とかなるよ」などとか気楽なことをヌカし、この町のどこかで
アンズジャムを買うことに気を取られてるが(笑)、こっちはジャムどころじゃない。
夜の予定が決まってるのに帰路の見通し不明という状況をまず打開せねば。

しょうがないのでトホ妻を待たせて、イ課長だけ“遠征”してみた。
アイスを買った店で「駅はアッチの方よ」って教えられた方向に、とにかく歩く。
途中で誰かに聞こうと思うものの、すれ違う人もない田舎町なんだよ。
こんなブドウ畑だけが広がっててさぁ…。
f0189467_21422974.jpg

観光案内所らしきものがあって喜んだのも束の間。そこも無人ときやがった。まいったね…。
しかし案内所の前に簡単な町の地図がある。見ると、近くに駅があるっぽい。
ホントなのかなー?線路も見えないし、この辺に駅なんてあるのかい??

なおも歩くと…お?あれか?しかし、ここもまた異様に人の気配のない駅だ。
近づいてみると正面の緑色の扉は封鎖されてる。観光案内所といい、駅といい、
どうしてこう誰もいないのだ??仕方がないから駅のワキをまわって、線路の方に行ってみた。
f0189467_21384813.jpg

線路はあるがホームはない。地面から直接車両に乗り込むらしい。一体どんな電車が停まるのか。
だがそれ以前に、駅員も乗客も人ッ子ひとりいないこの駅、ホントに使われてるの?(笑)
f0189467_2139768.jpg

だんだん不安になってきた。
とりあえず電車の運行ダイヤを確認する必要がある。駅の壁に何か貼ってあるから、
きっとアレが時刻表に違いない。あれを見よう。
f0189467_2139311.jpg

f0189467_21394767.jpg

うっひゃーーナンだこれわ?!
1日に上り下り3本ずつしかないの?たったさんぼん?!こりゃまたびっくりの超ローカル線。
15:31っていう電車を逃せば、もう夜まで電車はないのだ。もっとも、この駅の様子だと
廃止ローカル線の廃駅の壁に、時刻表だけ貼られたまま残ってるという可能性も否定できんが…(笑)。

ウィーンからメルク修道院を見て、ドナウ川クルーズをしようという皆さん。
皆さんが、ドナウ川遊覧船をクレムスの町で降りるなら、問題ないです。
しかし、たまさか我々のように途中のデュルンシュタインの町で降りようと思ったら
帰りの電車には気をつけましょう。何しろ、一日3本らしいですから。
さらに言えば、そういう町で降りたがる配偶者にも注意が必要です(笑)。

実は、イ課長&トホ妻は結局この15:31の電車には乗らなかったんだよね。
もっと早い時間のバスでクレムスに出て、ウィーンに戻ったのだ。なぜかっていうと、
デュルンシュタインの町ってホントに小さいから、観光はすぐ終わっちゃうんだよ。

そんな、ドナウ河畔の小さな町・デュルンシュタインの様子は次回ご紹介しよう。
今日はこの町の駅が見つけづらいって話と電車の少なさを伝えるだけで終わっちまった(笑)。




by tohoiwanya | 2011-10-02 21:45 | 2011.06 ウィーン旅行 | Comments(0)


<< 沈みゆくイ課長      名古屋出張報告書 >>