2012年 01月 05日

搭乗システムに関するオドロキ

11月~12月出張でのヒコウキ利用でイ課長はこれまでにない重要な変化に気付いた。
それは何かっていうと、空港でのチェックインのやり方なんだよ。

国際線に乗る前のチェックイン、これまでイ課長は常に以下のようにやってた。

①荷物をコロガし、乗るべき航空会社の「Economy」と書いてあるカウンターに並ぶ。
②カウンターで航空券&パスポートを見せ、荷物を預ける。
③カウンターでボーディング・パス(搭乗券)をもらい、係員の人から
 「何時までに、ホニャ番ゲートに」みたいなことを案内される。
④手荷物検査→出国審査→搭乗ゲートへ

①の段階で、行列の近くにいる航空会社スタッフからこう言われることがあった。

「こちらに自動チェックイン機もございますの、どうぞご利用ください」

ふむ。航空会社にしてみればなるべく乗客に機械でチェックインさせ、
その分カウンター業務を合理化したいわけやな。

しかし、自動チェックイン機じゃ荷物を預けられないやん?機械なんだから。
荷物預けのためにはどっちみち行列に並んでカウンター職員相手に手続きしないといかん。
それなら結局同じことやん、っていうんで、イ課長はこれまで自動チェックイン機は
荷物の少ない国内線で数回使った程度、国際線じゃ一度も使ったことなんてなかったのだ。

ところがだ。
今回の出張では最初の成田空港出発時にANAのカウンターで「まず自動チェックイン機で
搭乗券を受け取り、しかるのち並んでクダサイ」と指示された。ほえ?
自動チェックイン機は「必ず使わなきゃダメ」になったの?
f0189467_136471.jpg

成田のANAだけじゃない。
ハンブルク空港やフランクフルト空港でルフトハンザからもそう言われた。
シャルルドゴール空港でエールフランスからもそう言われた。
マンチェスター空港でブリティッシュ・エアからもそう言われた。
(その頃には「どうせココもそうだろう」と思うようになってたが)
エールフランスやBAも変わってたってことは、スターアライアンスだけってわけでもない。

これ、いつ変わったの??

そういや、今年6月のウィーン旅行の時も帰りの空港で機械使えって言われたなぁ。
あの時は何度やっても自動チェックインがうまくいかず、結局並びなおしたのだが。

①ボーディング・パスはカウンターで人間からじゃなく、自動チェックイン機からもらう
②その後、荷物預けのためにだけカウンターの行列に並び、職員相手に荷物を預ける。
③従って、預ける荷物がなきゃ、カウンターに立ち寄らず、そのまま
 手荷物検査→出国審査→搭乗ゲートに行ける(はずだよな、どう考えても)。

6月のウィーン旅行、11~12月の出張の経験を考え合わせると、おそらく2011年のかなり
早い段階で、少なくとも日本と欧州の主要航空会社は上記のようなシステムに変わったようだ。
f0189467_23574256.jpg

まぁね、搭乗システムが変わったなら変わったで構わない。
自動チェックイン機なら長蛇の列ってことはないし、ボーディング・パス発券業務が
なくなって荷物預かりだけになればカウンター業務の回転も早くなって列も短くなる。

しかしこれって当事者にとってはけっこう大きな変化だ。なぜかというと…

理由1:海外の空港では英語表示のチェックイン機を相手に発券せにゃならんから
英語で「なんとかコードを入力すれ」って出てくるんだけど、その何とかコードってのは
航空券番号のことなのか?予約番号のことなのか?(この二つの番号は異なる)
これは未だによくわからない。あたふたと何度かトライしたんだけど、結局
成功しなかったんだよ。ヒジョーに困る。これじゃ搭乗券もらえないやん。

しかし、コードの入力すらうまくいかなかったイ課長がどうやってヒコウキに乗り、
どうやって日本に戻って来られたのか?もちろん理由がある。それは…

理由2:事実上、航空券がいらなくなっちゃったから
なぜかっていうと、搭乗券は「個人が特定」さえされれば、発券されるからだ
で、その「個人の特定」は航空券がなくても、なんとかコードなんて入力しなくても、
驚くべきことにパスポートさえなくても大丈夫なのだ。じゃ、何を使うのかっていうと、
何とクレジットカード1枚あればオッケーなんだよね。

これにはビックリしたよ。そんなシステムになってたの?

しかし実際そうだったのだ。
最初の選択画面で「航空券か、クレジットカードか、パスポートか」みたいなことを
選ぶんだけど、航空券でうまくいかないから試しにクレジットカードでやってみた。

するとスルスルと認証され、イ課長と同行者の分の予約が表示され、confirmのボタンを押すと
スルスルと搭乗券が出力されてくるではないか。何とッ!!クレジットカードさえあれば、
航空券もパスポートも提示することなく、搭乗券が発券されるとは!
航空券購入の際に使用したクレジットカードである必要すらないのだ。
(出張の時に個人のクレジットカードで航空券買うことはほとんどないはずだ)

これまでのイ課長の固定観念だと、海外出張もしくは旅行で失くしてはならない
チョー大事なものベスト3といえば下記の3つだった。

①パスポート
②航空券
③お金


しかし、今や自動チェックイン機相手であれば、クレジットカードさえあれば
搭乗券は発券されるんだよ。①のパスポートチェックも②の航空券提示もなしに、だよ?
こいつぁ驚いたねぇ。

ヒコウキの旅客管理システムもどんどん進歩していくんやのう…。
イ課長の20代、初めて海外旅行した頃はEチケットなんてものすら当然なく、あの懐かしい
「ビリビリと一枚ずつハガす」方式の航空券を「これ失くしたらシヌな…」と思いながら
なくさないよう、大事に大事に保管しながら旅行したもんだったが…。
f0189467_002384.jpg

それが今やパスポートも航空券もないまま、ボーディングパスをもらえちゃう。
預ける荷物がなきゃ、カウンターに一切並ばずにそのままヒコウキに乗れちゃう。

何度も言うけど、これ、いつ変わったの?ホントに驚いたよ。
え?そんなのトックに変わってた?イ課長が気づくのが遅いだけ?
いいいいやそんなはずはない!(…はずだ)

…いや〜…時代は変わったんぢゃのう…長生きはするもんぢゃのう…よぼよぼ。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2012-01-05 00:02 | 出張・旅行あれこれ | Comments(6)
Commented by Mimi at 2012-01-05 01:39 x
夫はスマホのアプリで事前にチェックインを済ませるので(空港に行く前日でもOK)、預ける荷物がなければカウンターにも寄らないですよ。搭乗券はスマホに表示されるので、それでいいんですと。
ところがこないだそれをキャビンアテンダントのおばちゃんが知らず、
「こんなものは見たことが無い!ボーディングパスはどこだ!」
と大モメになったそうです。
もちろんあとで謝罪に来たそうですけど、働いてる人もついていけてないらしいのが笑えました。
Commented by げんまいちゃ at 2012-01-05 08:16 x
http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-16403636

こんなニュースを見たところだったので、ほほうと思って読みました。
全世界的にタイムリーな話題なんでしょうねえ。

あ、今年もよろしくお願いしまーす。
Commented by tohoiwanya at 2012-01-05 13:03
>働いてる人もついていけてないらしいのが笑えました

Mimiさん:
それは確かに笑える。たまにしか乗らなイ課長がついていけないのも当然か(笑)。

そういえば、日本でもANAの国内線は二次元バーコードを携帯に読み込ませて
それを搭乗券がわりにドウコウって聞いたことがあるような気がするけど、
その当時イ課長はPHSユーザーだったから「しょせん別世界のハナシ」と思って
まったく注意を払ってなかった。もう一度確認してみまっす。
 
Commented by tohoiwanya at 2012-01-05 13:08
>全世界的にタイムリーな話題なんでしょうねえ

げんまいちゃさん:
イ課長が驚いた理由は航空券・パスポートチェックなしでボーディングパスを
発券することももちろんなんだけど、それでセキュリティ上オッケーにしちゃってるって
ことだったんですよね。
仮にテロリストが偽造パスポートを使ってハイジャックしようとしたとすれば、
彼らにとってハイジャック成功までの関門は一つ減ったことになる。

いいのかなーーー?それで。ドコかで何かが起きたら、また急に
厳しくなったりするんじゃないかという予感がするのも事実。

今年もよろしくお願いします。
いずれ、げんまいちゃさんがいたマンチェスターの記事も書きますから…いずれ(笑)。
 
Commented by Bきゅう at 2012-01-06 09:03 x
アメリカは、たしか国際線に乗る場合は、パスポートやクレカで、つーっとやった後に、『ピンポーン、係員に連絡ください』みたいな表示になったと思います。最近はそれもなくなっちゃったのかな。月末に見てきますね。それと海外でも、それなりの国からアメリカ行きに乗り込むときは、機内に入る前にカバン1個づつ厳重チェック、もちろんパスポートもチェックが入りますう。
Commented by tohoiwanya at 2012-01-06 16:15
>『ピンポーン、係員に連絡ください』みたいな表示

Bきゅうさん:
うーむ…そういうコトが発生してる様子はなかったなぁ…。
欧州や日本は米国よりユルい…というか米国が厳しいということか?
(その可能性は十分あると思う)

ちなみに、身体&手荷物検査に関しては欧州の方が日本より厳しいですな。
日本の国内線でベルトまではずした記憶はあまりないけど、欧州では当たり前。
おまけに、パリだかマンチェスターだかで、私のノートPCだけがなぜか
「アディショナル・スペシャル・チェック」を受けるために足止めされたし…。
 


<< ブダペストに行こう! -その1-      海外美女図鑑 -2012年版- >>