2012年 02月 29日

フランクフルト大聖堂というところ

さてフランクフルト大聖堂。

そもそも、フランクフルト大聖堂なんて知ってた?
ご存知ない方が多くても当然で、イ課長だってフランクフルトに来るまで知らなかったし
出張でこの街に6回来ていながら、ぜひ観に行こうという気にはならなかった(笑)。

しかし6回めのフランクフルト出張で初めて行ってみることにした。
欧州出張&旅行を重ねるうちにイ課長も教会建築には少~しは詳しくなったことだし、
遠くから尖塔しか見たことがなかったフランクフルト大聖堂、中を見学させてもらおうか。
他にこれといった観光物件もないわけだし…(笑)。

フランクフルト大聖堂。泥縄で調べたところでは、正式にはバルトロメウス大聖堂っていうんだと。
まず外見はこんな感じだ。塔は明らかにゴシック様式。元は13世紀に出来たみたいで、
神聖ローマ帝国時代には皇帝の戴冠式が行われたなんていう由緒ある大聖堂なのだ。
f0189467_0243132.jpg

とはいえ…だよ?第二次大戦の空襲でやられたんじゃないのかなぁ?と思って、さらに
調べてみたら、今の形に再建されたのは、何と1990年代になってかららしい。へぇ~。
尖塔に時計が飾られてるあたり、ビジネス都市・フランクフルトらしいなぁと感じるのは
イ課長だけだろうか。まぁいい。中に入ってみよう。
f0189467_025085.jpg

ほほう〜…尖塔もそうだったけど、中も茶色いよ。
ってことはリューベックのレンガゴシックみたいにレンガで作ってあるのか?
いや待て…ちょっと変だぞ…。
f0189467_02342100.jpg

ちょっ…これは?…どういうことだ??
この白い線は明らかに後から描かれている。レンガゴシックとは似て非なるモノだよ。
地色の茶色にしたって、素材そのものの色っていうより後から塗ったっぽくないか?
えええ?茶色く塗装したところに白い線を描いてるわけかい?何だってまたそんなことを…??

イ課長なりに理由を推測してみた。

①この教会が再建されたのは1990年代ってことから考えて、実際にはレンガじゃなく
コンクリートブロックを積み重ねて柱を造った(白線とは別に、大きなブロックの
継ぎ目みたいな痕跡がうっすらと見えるでしょ?)。

②予算上の関係でそうなったのかもしれん。あるいは20世紀にはこんな巨大建造物を
レンガで造る建築技術自体が失われていた可能性も十分ある

③しかし、せっかく歴史ある大聖堂なんだから“時代”を感じさせたい。そこで
コンクリートブロックを茶色いレンガ色に塗り、レンガっぽく白線を後から描いたと。

…と、そういうことなんじゃないかと思えるのだが…。
しかしちょっと…これはなぁ…「白線が描かれた柱」と思うと、マイルドな教会建築ヲタクの
イ課長としてはやはり正直ガッカリだ。
f0189467_0274110.jpg

イ課長が以前に「悪しき例」と書いた名古屋城の復元をちょっと思い出してしまった。
外見的には復元したけど、実際には近代建築技術&材料で作ってるから、近くで見ると
何だかなぁ…っていうタテモノになっちゃってると思うんだよなぁ、こういうの。
レンガ色に塗った上に白い線描くくらいだったらさぁ、20世紀の工法&材料で作った20世紀の
ゴシック教会なんだぞって開き直ってコンクリートのままの方がまだ良かったんじゃないか?

いや、しかしこれはあくまで憶測に基づいた一匹のガイジンの意見にすぎぬ。
こういう風に作らなきゃいけない別の理由があったのかもしれないけどね。

大聖堂の中にはこんな場所もある。
おそらくこれは「昔の教会の一部が残ってるから保存してます」っていうことだろうな。
これだけ歴史ある教会だけに、(見た目だけでも)コンクリートにはしたくなかったってことかな。
f0189467_028144.jpg

うーーむ・・・・いかん・・・。
この大聖堂をとおして「フランクフルトの隠れた魅力発見!」といきたかったんだけど
結局また「フランクフルトはどうもなぁ」という結論に落ち込んでしまいそうではないか。

これではいかん。
フランクフルトを「つまらない街」とケナすことは誰にでもできる。
だがこの街に6度も出張してお世話になってんだから、ちったぁフランクフルトの魅力を
伝えてだな、この街のファンを増やすのに貢献するのが男の義理ってもんだろイ課長。

もう1回だけイ課長にチャンスをくれ、フランクフルト(笑)。
出発前にあと1回は更新できるだろう(仕事しろって)。今度こそ、読む者をして
「私もフランクフルト行ってみたくなった」と思わしめるような記事を書くからさ。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2012-02-29 00:29 | 2011.11 欧州出張 | Comments(0)


<< フランクフルト中央駅というとこ...      フランクフルト版・散歩の達人 >>