2012年 03月 22日

海外渡航定型パターン

去年の欧州出張でイ課長はデジカメを落っことして壊したので、
今年の欧州出張では新しいデジカメを持っていった。

この新しいデジカメ、前のに比べてグッとコンパクトだから上着のポケットに入る。
カバンではなく上着のポケットにあると、くだらないものでもヒョイと気軽に撮れる。
今回は、飛行機に乗るまでの間に、けっこうあれこれ撮った。

「海外行く時、飛行機乗る前にコレをするのが決まり」「空港ではいつもこうする」っていうのは
たぶん誰にでもあるだろう。海外渡航前の定型的な行動パターンってヤツやな。
そういうのはイ課長にも当然ある。他の人からみればアホらしくても本人には重要な行動パターン。
イ課長の場合は毎回こういうパターンなのだ。
(本日の内容はいつもに増してクダラナい内容であることを初めにお断りしておく(笑))。

イ課長の海外渡航は京王線府中駅から始まる。フランクフルト中央駅までの道は長いねぇ…(笑)。
この日は早朝5時33分発の電車に乗って新宿へ。まだ真っ暗やん。
f0189467_10212612.jpg

新宿からリムジンバスに乗るのがいつものパターン。
以前は調布駅からのバスに乗ることもあったけど、朝は10~15分おきに頻発している
新宿発の方が予約なしで「次のバス」に乗りゃいいからラクなのだ。
この頃からやっと少し空が明るくなってきた。
f0189467_10214256.jpg

はい着きました成田空港(早朝なら1時間半弱で着くかな)。
ANA&スターアライアンス派のイ課長が降りるのは必ず「第一ターミナル南ウィング」だ。
ルフトのカウンターでとっとと荷物を預けて身軽になっちゃおうじゃねぇか。
f0189467_10221263.jpg

ここから、成田空港第一ターミナルにおけるイ課長のパターン化された出張儀式が本格化する。
まずTSUTAYAに行く。第一ターミナルには本屋としてTSUTAYAがあるのだ。
ここで出張中に読む本を買う。不可欠かつ重要なプロセスだ。
f0189467_10224099.jpg

この時の本のチョイスが難しいんだよね。出張先のホテルで入眠時に読む本だから。
「まぁまぁ面白いけど、読んでるうちに眠くなる」という本が最も望ましいわけで、
読み出したらやめられず徹夜して読んじゃうなんて本は「出張本」には向かないわけだ。
結局、小説ではなくて新書を買うことがほとんどで、今回の出張で買った本は
「オーケストラ大国アメリカ」という集英社新書だったのである。

その次。定型化した海外出張出発儀式の中でも最も重要なステップに移行する。
それは第一ターミナルでラーメンを食うという行為なのである。

ラーメンを食うことが海外出張渡航前に不可欠なコトになった理由はもはや定かではない。
たぶん2008年の9月出張で(この時からANAを使い始めた)第一ターミナルを使った時に
ちょっと腹減ってたんだろうな。ラーメンでも食いてぇなぁと思って探したら本当に
ラーメン屋があったから食った。たぶんそれが最初だろう。
f0189467_10235024.jpg

その後続いて10月・11月と3ヶ月連続で第一ターミナルから海外出張に行って、おそらく
そのたびにここでラーメンを食い、「飛行機に乗る前の最後の食事」としてこの店のラーメンが
イ課長のカラダに激しく刷り込まれたんだと思われる。
ラーメン食わずに第一ターミナルから飛行機に乗ることは、イ課長にはもはや不可能に近い(笑)。

ラーメン屋のあるフードコートの奥に喫煙室がある。
ここで飛行機に乗る前に一服するというのも強固にパターン化された行為だ。
ここはちょうど展望デッキに面したところにあって、よく飛行機マニアが写真撮ってる。
f0189467_1024679.jpg

ここでタバコを1本吸いながら、実家の母親に「これから出発する」ってメールを送るのも
毎度定型化されたパターンだな。

さて、これで出発前の儀式はおおむね済んだ。
手荷物検査・出国審査を経て搭乗ロビーに出るわけだ。
今回ルフトハンザA380の出発は45番デッキ。かなり離れてる。まぁ飛行機に乗っちゃえば
半日は座席に座ったまま歩かないんだから、せめてここでたくさん歩いておこうぜ。
f0189467_10243469.jpg

ようやく着きました45番デッキ。
椅子に座ってiPodで音楽聞いてたら、同じスターアライアンスメンバー、シンガポール航空の
CAたちが搭乗前に集まってた。この女性CAの制服はホントに着る人をキレイに見せるねぇ。
つい見とれる。見とれついでに失礼して1枚パチリ。
f0189467_10251019.jpg

…と、まぁ、今回はカメラをポケットに入れられたから、海外渡航前のイ課長の行動を
写真で記録することができた。最初に言ったようにクダラナい写真ばっかりだが(笑)。
しかし、この後飛行機に乗ってからも「定型化されたパターン」はあるわけで、それは
また次回にご紹介しましょう。



[PR]

by tohoiwanya | 2012-03-22 10:25 | 2012.03 欧州出張 | Comments(9)
Commented by チェリル at 2012-03-23 01:08 x
ワシのパターンは、搭乗前に必ず「グレイハウンド」を飲むことじゃ。
なぜかワインではないのだ、この予期だけわ。
Commented by チェリル at 2012-03-23 01:09 x
予期ではない。 「時」じゃ。
Commented by tohoiwanya at 2012-03-23 11:26
>なぜかワインではないのだ、このトキだけわ

ちぇりるさん:
ちゃんと修正して引用してやったぞ。
しかしカクテルなんぞ飲むのかよ空港で。コストのかかるヤツやのう。
でもそれを必ずやってると、「グレイハウンド飲まないと飛行機落ちるかも」なんて
考えがちょっと頭をヨギったりしない?(笑)

それより、驚いたのはチロリのブログにあった氷の入ったビールジョッキ問題だよ。
シンガポールで見たときはまさかロックで飲むわけないと思ったんだが…
Commented by チロリ at 2012-03-24 00:51 x
当然、グレイハウンド野間ナイト飛行機落ちる、と思っておる。
頭をよぎるどころか、満杯である。

ロックビール、こっちではベトナム人とハワイ人がするでよ。
Commented by Bきゅう at 2012-03-24 19:44 x
あのシンガポール航空の服装、冬に北の方へ着く場合は辛いだろうに。機内でも寒くないのかな。Bきゅうには無理。Bきゅうなら、襟巻きして靴下履くと思う。

わし、ビールに氷入れますよ。氷水入れることもある。ビールって、ちょっとぺたぺたするから、氷を入れるとおいしいよ。
Commented by tohoiwanya at 2012-03-25 12:25
>グレイハウンド野間ナイト飛行機落ちる、と思っておる

チロリさん:
野間ナイト(笑)、落ちるか、やはり。そうかそうか。
イ課長も成田空港でラーメン食わないと飛行機が落ちないまでも、何か行った先で
ワザワイがあるのではないかっていう気がしちゃうんだよなー。

しかしビール・オンザロック、ハワイでもそうなのけ?驚いたねぇ。
冷蔵庫が普及した今でもあるんだ、そんな飲み方…。
 
Commented by tohoiwanya at 2012-03-25 12:30
>ビールに氷入れますよ。氷水入れることもある

Bきゅうさん:
ええええええええッ?!?こっ、氷水入れるんスか?ビールの水割り?!
これはますます驚いた。今日はこれについての記事を書こうかな(笑)。
そこまで言われるとなー…死ぬまでに一度、ビールをロックで飲んでみるか。
第三のビールでも大丈夫でしょうかね?

シンガポール航空はね、ちゃんと寒冷地用のコートがあるみたいですよ。
上の写真の右端に半分写ってる女性が制服の上にコート着てるでしょ?
初めて見ましたよ。この制服とコートの組合せって。
 
Commented by マダムKenwan at 2012-03-26 05:39 x
実は、京王線沿線に長〜く住んでいたので
懐かしいです〜
それから、このラーメン、ひじょ〜に美味しそう!
いいなぁ〜〜〜
ラーメンと言い、本と言い、
どちらも手に入りにくいですからね。
日本にいるうちに食べたり、仕入れたりしておかないと!
賢明です。
Commented by tohoiwanya at 2012-03-26 09:33
>実は、京王線沿線に長〜く住んでいたので

マダムKenwanさん:
おお、そうだったんですか。それは奇遇。どの辺にお住まいだったのですか?
住みやすいところですよね、あの沿線は。成田空港に行くには遠いけど…(笑)。

出張先ホテルで入眠時に読む本って、なぜか私にとっては重要で、
国内出張だと行った先で買うことも多い。だから現地のホテルにチェックインすると
真っ先に「本屋探し+缶ビール調達」のために一度外出することになる。
でも海外じゃそれも出来ませんからねぇ。同じこと考える旅行者が多いのか、
成田空港のTSUTAYAは朝の時間帯でもいつも混んでますねぇ。
 


<< ビール・オンザロック考      パリのポストイット・アートたち >>