人気ブログランキング |
2012年 08月 21日

フィン・エアーの機内食

今日のところはインド出張の話はやめておこう。
いろいろ社内的なモンダイがあってね…まずそれをクリアにせんと。
イ課長もいろいろタイヘンなんスよ。

インドの話はナシといっても、ルーアン観光の話に戻るほどイイ気分でもないので(笑)、
本日は「Fではじまる航空会社」フィン・エアーの機内食の話でもしようか。

6月のポーランド・フィンランド旅行で乗ったフィン・エアー。
地の利を生かして東京→ヘルシンキの飛行時間が短いのは確かで、特に直行便のない
東欧諸国に行くならフランクフルトやロンドンまで行って逆戻りするよりずっとラクチン。
しかも料金は安い。素晴らしいエアラインではないか。

エコノミーの座席も他の航空会社に比べて特に遜色ないし、
前座席のモニターによる映画・ビデオサービスもちゃんとある。
「接続しなさい」なんて命令形に翻訳されてるところはご愛嬌で(笑)、
極めて充実しているというほどではないにせよ、「サービス悪い」ってことは全然ない。
f0189467_0143021.jpg

f0189467_015043.jpg

といった具合に、なかなかよろしいフィン・エアー。
しかし「長距離フライトの楽しみは機内食よね」っていう人には勧められない。
料理はシンプルで、品数も少なく、ガッカリすることは間違いない。
まぁイ課長なんかは「ビールさえ飲めりゃ基本的に何でもいい」ってアサマしい男だから
それはそれでイイんじゃないかとは思うけどね。

成田を出発して、最初のメシ。
体内時間的には「遅めのランチ」といったところだろう。
フィン・エアーのメシ、どんなんだろうと思ったら…

ははぁ〜、カレーライスと蕎麦とパンねぇ…。なかなか面白い組み合わせだ(笑)。
ちゃんと福神漬けまでついているところは評価すべきポイントだろう。
f0189467_0172768.jpg

だがANAとかルフトだったら必ずつく冷菜(スモークサーモンとかね)はなし。
そりゃね? 別にカレーと蕎麦とパンだけでもいいよ?とりあえずカレーと蕎麦は全部食ったし。
しかし、このメニューには一つ大きな欠点があって、アルミホイルのフタを取ろうとすると
指にカレーがくっつくということだ。加熱時にカレーがアルミホイルから噴き出して、
アルミホイルのフチのところまでカレーまみれ(笑)。これは困る。

おかげでこっちは指についたカレーをなめなめ、箸で蕎麦も食い、さらにスプーンで
カレーを食う。なかなか忙しかったよ。カレーがはみだしたフタはやめてくんない?

しかしこの最初の食事はそれでもまだマシな方だったというべきだろう。
もうすぐヘルシンキというところで、2回目の食事。
体内時計的にはもう晩飯の時間で、腹も減ってきた頃だが、出されたものはこれ。
f0189467_0193682.jpg

左のメインディッシュは見た目からも、味からも「焼うどん」だと推測される。
焼うどんとキットカットと、あとは水のみ。フルーツ?そんなものはないの。
焼うどん食ったら、あとはキットカット食って寝な。
このウムを言わせぬコストカット合理化姿勢、個人的には嫌いではない。
でも上述のように「ロングフライトの楽しみは機内食」という人は激しく失望するよな。

決定打はヘルシンキからの帰国便だ。
この時、最初のメシは写真を撮り忘れたが、まぁそこそこのモノだったはずだ。
問題は「もうすぐ成田」という時に配られた軽食。行きは焼うどんだったが…。

うお、帰りは加熱料理すらナシのチーズサンドとマフィンだけかい。往路を上回るシンプルさ。
この時はさすがのイ課長も「これ全部食ったら口ン中がぱさぱさしそう」と思って、
マフィンだけ食ってチーズサンドはスルーした。
f0189467_0204948.jpg

これほどシンプルな機内食はあまり記憶にないよ。
欧州〜日本便は必ず2食が供されるけど、過去に乗ったANAやJAL、あるいはルフトなんかと
比べても格段にシンプル&低コスト。なるほどねー。
フィン・エアーのコストカット精神は機内食に如実に反映されているというわけだ。

まぁさっきも言ったように、テレビモニターを初めとした機内サービス全般について言えば
他のエアラインと比べて「ええ?」っていうほどの格差はないと思う。
しかし機内食はかなりの差があると言わざるを得ん。

「エコノミー席の食事にまで前菜だフルーツだなんて必要はない」っていうのは
それはそれで一つの見識で、乗る方も「運賃安いんだから」と割り切ればいい。

しかし何度も言うように「ロングフライトの楽しみは機内食」っていうタイプの人には
お勧めできないかもね。




by tohoiwanya | 2012-08-21 00:21 | 2012.06 東欧・北欧旅行 | Comments(14)
Commented by げんまいちゃ at 2012-08-21 07:31 x
乗りたくて乗れなかったフィン・エアー。
ワタクシの憧れのフィン・エアー。
・・・・・・・・・。

正直かなりがっかりだよ、フィン・エアー。
カレーと蕎麦とパンって、主食ばっかじゃないですかー。

北欧への憧れの気持ちまで一緒に潰えてしまいそうな勢いでショックです。
Commented by hanatomo31 at 2012-08-21 14:31
確かに、若干さえない感じもしますねー。
でも、私これぐらいなら「ま、いっか」と言う気分でやり過ごせます。
機内食は全般的に期待していないので、「良ければ喜ぶ」ぐらいかも。

でも、以前アエロフロートで「モスクワ‐イスタンブール便」に乗った際には、
温かい食事の容器が新聞紙に包まれて、ボテっと置かれ、スプーンがポイッと渡されただけだった時には驚きました。
以前、と言っても、2005年か、2006年のこと…。
他にも納得いかないところが多すぎたので、以降は乗ってません。
Commented by 加代子 at 2012-08-21 16:23 x
私も機内食には 期待しないので
短時間で到着が 一番嬉しいです。
でも 友人が言うには フィンエアーはビジネスの食事も
他の航空会社より劣るそうです。
Commented by tohoiwanya at 2012-08-21 22:22
>北欧への憧れの気持ちまで一緒に潰えてしまいそうな勢いでショック

げんまいちゃさん:
いやアナタ、なにもそこまで…(笑)。
北欧系のエアラインっていうと他にスカンジナビア航空とかあるけど、
あっちはどうなんだろう?「機内食はコストかけない」っていうのが北欧共通の
思想なのか、
それともフィンエアーだけの独自思想なのか、ちょっと興味ある。
もし将来、スウェーデンとか行くことがあれば、検証してみましょう。
Commented by tohoiwanya at 2012-08-21 22:27
>温かい食事の容器が新聞紙に包まれて、ボテっと置かれ

hanatomoさん:
実は私、トホ妻と一緒に90年代にアエロフロートに乗ったことがある。
成田→モスクワと、モスクワ→マドリッド。成田→モスクワ間では機内食も出た。

「悪名高いアエロフロートのメシはどうだったっけなぁ?」と思い出そうとしたけど、
全く覚えてない。覚えてないっていうことはごく平凡な、「並みレベル」の
機内食だったはず。新聞紙でドサッなんてことは全くなかった。
もっとも成田・モスクワ間だけは他の路線よりグレード上げてる可能性は高いですけどね。
Commented by tohoiwanya at 2012-08-21 22:31
>ビジネスの食事も他の航空会社より劣るそうです

加代子さん:
ビジネスクラスでメシがショボかったら、エコノミー以上に客は怒るんじゃないかなぁ?
私としては機内食もそうなんだけど、フィンエアーのエンタテイメントサービス、
特に映画のメニューは出来ればもう少し何とかして欲しかった。
新作映画はマイナーなものが多くて(ここでもコストカット?)、結局旧作の
「炎のランナー」なんてのを観た。しかも古くて画質がえらく悪いし…(笑)。
 
Commented by みゅげ at 2012-08-21 23:42 x
懐かしくて、自分の日記を見直したら、おそばのついたほぼ同じ機内食の写真を見て大笑い!

機内食、まったく出しません、でも1000円安くなります・・・・と言われたら、それを選びます(体に蓄積してるモノが多いせいか空腹はガマンできるタイプ(^_^;))




Commented by Bきゅう@ at 2012-08-22 05:47 x
昔は、一時期、機内食には手をつけなかった方です。ANAでも、昔は、サラダとは名ばかりのポテトサラダと、そばと、米と、パンと、アイスクリームという炭水化物のパレードみたいでした。

数日前に、ルフトハンザ(米→欧)に乗りましたが、いいと思いまひた。まず、米国内にも関わらず、まともなラウンジ飯があり、エコ機内食は特に期待してなかったのでそれでよいが、なんと、、、エコでも、スパークリングワインをしゅっぽって抜いてくれるのですねえ。びっくりでした。

ちなみに、今回、欧州内移動に、easyjetをはずして正解でした。だって、わしの旅程が、彼らのストの予定と重なったんだもん。
Commented by Mimi at 2012-08-22 09:43 x
確か1990年にアエロフロート乗って、モスクワ経由でロンドン往復しました。
機内食、すごかったですよ。何しろミネラルウォーターが鉄の味(笑)
鉄さびいっぱいの水道管からくんだ水道水だろこれ!??というシロモノで。
機内食は3回出ましたが、1回目と3回目は全く同じ「すっぱい黒パン、マーガリン、ハム、チーズのみ」でした。
まあそれよりも「モスクワ以降は自由席」という方がインパクト強くて、機内食はかすんだかな・・・・。
あと、やたら機内が寒かった。
フィンエアーも乗った事あるんですが、機内食の記憶が無いということは
さほどひどくなかったのでは・・・。
北極点通過の証明書を配ってくれてたのを覚えてます。
ご飯が美味しかったのはエールフランス!
エコノミーなのに前菜のトレイとメインのトレイが別で、2度配られて
ワインのビンも普通より大きいのだったので感激した覚えが。
さすが美食の国。でした。
この頃はデルタしか乗ってないからなあ・・・・他のエアラインも久しぶりに乗ってみたいですわ。
Commented by tohoiwanya at 2012-08-22 10:49
>おそばのついたほぼ同じ機内食の写真を見て大笑い!

みゅげさん:
ヤッコ機長の頃からフィンエアーの機内食は変わってないんですな(笑)。

ちなみに、フィンエアーのヘルシンキ→ワルシャワ便は飛行時間も1.5h程度で
機内食はなかったのはいいとして、ドリンクサービスも「ビール有料」だった。

ANAなんて、一時は最初のドリンクサービスで「お代わりはいかがですか?」って言ってくれたから(今もそうかな?)
ドリンクサービスでビール2本、そのあとのメシでまた1本と、離陸後数時間で
3本の缶ビールが飲めた。メシは質素でいいからビールいっぱい飲ませてほしい。
 
Commented by tohoiwanya at 2012-08-22 10:55
>ルフトハンザ(米→欧)に乗りましたが、いいと思いまひた

Bきゅうさん:
去年の欧州出張、同行者がANA(スタアラ)のゴールド会員かナンかだったから、
その連れっていう特権で初めてルフトのラウンジに入った。たしかハンブルク
あたりだったと思うけど…。

すさまじい人ごみにビックリっすよ。食い物・飲物カウンターなんて、飢えたドイツ人たちが
たかるように集まってて、もう近寄る気にもなれず飲み食いはあきらめた。

でもまぁルフトの機内サービスはなかなかイイですよね。それになんといっても
A380だと全く同じルートでもANAより約20分くらい早く着くのがうれしい。
 
Commented by tohoiwanya at 2012-08-22 10:58
>モスクワ以降は自由席」という方がインパクト強くて

Mimiさん:
モスクワ→マドリッドはどうだったっけなぁ?
思うに、やっぱり成田→モスクワ間ってアエロフロートのドル箱路線なんじゃ
ないかって気がする。だから機内食もマトモだし、CAもけっこう可憐(笑)。

これがモスクワ→マドリッドになるとまず機体がイリューシンだかなんだか
とにかく「ケツから乗る」輸送機みたいな搭乗方式で、なかなかスゴかった。
CAもオバサンだったし、成田線とは格段の違いがありましたな。

でも自由席だったかなぁ~?さすがに90年代末にそれはなかったような…
 
Commented by 昔は… at 2013-09-02 07:50 x
昔、とい言っても2009年から2010年の話ですが、もうちょっと機内食はよかったですよ。品数も、もう少し多かった。ワインなんかもおいしかったし、アルコール類は飲み放題でしたし。近年、コスト削減に走っているかもしれませんね。
Commented by tohoiwanya at 2013-09-02 13:33
>ワインなんかもおいしかったし、アルコール類は飲み放題でしたし

昔は…さん:
ホントですか?私としては機内食は多少貧弱でもいいから、おつまみのピーナッツか何かと
缶ビールをたっぷり飲ませてくれるエアラインなら超前向きに評価しちゃうんですが。

LCCならダメだろうけど、普通の大手エアラインだったら、フライトの途中で
「缶ビールください」って言えば、「ダメ」とか「2本目からは有料」とか言わないと思うんだけど、
なかなか頼めないですよねぇ。

そうか~、たかだか3~4年前まではフィン・エアーの機内食、良かったんだぁ~。
 


<< ザピエカンカ      判決くだる >>