2012年 12月 23日

リールの街で食った甘いワッフル

去年の今頃はクリスマス連続企画を敢行していたイ課長ブログ。
今年も何かクリスマスっぽいネタがあるかなぁ?と思って、やはり去年の欧州出張で
フランスのリールという街に行った時のことを書く気になった。

リールに行ったのが去年の11月30日の話。
街を見る間もなく、駅からすぐ訪問先に行って、午前中ずっとミーティング第一部。
その第一部が終わったところでイ課長と通訳さんは帰ることになっていた。
同行のエラい人だけ残って第二部が続き、我々は街を観光しながら彼を待つ予定だった。

先方のフランス人がイ課長と通訳さんに「リールでこの後予定があるのか?」と聞いた。
別に予定はないけど、街を散策しながら待ってます、みたいなことを答えたら、
彼がやけに熱をこめて、あるお菓子屋さんに行ってワッフルを食えと推薦してきた。

フランスのお菓子に詳しい方ならここでもうピンとくるはず。

しかしイ課長にはサッパリだ(笑)。リール名物のワッフルねぇ…。
考えてみたら、リールってベルギー国境に近いから、ベルギーみたいにワッフルを
売る店が多いのかもしれない…などと考えて街を散策してた。

リールの街はもうX'masムード一色だ。
街の中央広場には巨大な観覧車まで設置されて、お祭り気分が高まってる。
そのワキのツリーもデッカいねぇ。
f0189467_2310279.jpg

f0189467_23104642.jpg

歩いてるうちに、さっきのフランス人が推薦した店を通訳さんが発見してくれた。
MEERTっていう店だ。「メールト」って読みたくなるけど、最後のTは発音しないらしい。
つまり「メール」。Rをフランス語風にノドの奥で鳴らすと「メーグ」に近い。
店もX'masデコレーションなんかしちゃって、もうすっかり年末ムードだ。
まぁせっかく勧めてくれたんだから買ってみるか。そのワッフルとやらを。
f0189467_23114521.jpg

ベルギーで売ってるデコボコしたワッフルと違って、小判みたいな型で焼かれたもの。
間にはさまるクリームがいろいろあるらしいんだけど、イ課長はベーシックなバニラにした。
1枚ずつ紙袋に入れてくれて、まだ暖かいワッフルを歩きながら食うわけだ。
値段は忘れたけど、全然高くはなかったことは確かだ。
f0189467_2312172.jpg

うーむ、確かに美味しい。はさまったバニラクリームがおいしいよ。
全体としては「濃厚」というより「やさしいお味」って感じだけど、おいしい。
これなら1枚といわず、2枚、3枚と食えちゃうね。

イ課長は知らなかったけど、「メールのワッフル」と言やぁフランスでは相当なもんらしい。
イ課長がここでワッフルを食った翌年、2011年には「リールの名店MEERTがパリに店を出す」って
話題になってたくらい。MEERTで検索してみたら、こんな動画まであった。よほど有名なんだな。



X'masムード高まる北フランス・リールの街で食った甘いワッフル。
そんなに有名なものと知ってればもう少し味わって食えばよかった(笑)。

というわけで、ちょいとしたクリスマス関連ネタ(でもないか…)でした。
この記事をお読みの皆様、どうぞよいクリスマスを。


 
[PR]

by tohoiwanya | 2012-12-23 23:13 | 2011.11 欧州出張 | Comments(0)


<< インド動物図鑑      アーヘン大聖堂というところ >>