2013年 07月 01日

ゲーリー・イ課長の帰国報告

21日金曜日の夕方に成田を発ち、ホーチミン→ホイアン→ハノイ→バンコクと周り、
今日の朝に成田に戻ってきたイ課長ですこんばんは。

いやぁ楽しい旅行でした。

たぶん、イ課長の中では去年のインド出張で猛烈に「アジア欲求不満」が高まったんだよね。
面白そうなところを垣間みても歩いてみることはできず、食ってみたいなと思ったものも食えず、
写真撮りたいなと思っても撮れず、買い物は空港だけ、話をする相手は仕事上の関係者か、
せいぜいホテル従業員くらい。

せっかく面白そうなアジアの異国に来ていながらナンということか!
インドにおけるイ課長の欲求不満は、それはもう大変なものだった。

でも、今回の旅行はあの時のフラストレーションをキレイに解消してくれた。
キチンとした予定もなく、ふらふらとアジアの混沌の中を歩き回れることが嬉しかった。
f0189467_0105823.jpg

メシなんて、ホテルの朝食以外はちゃんとしたレストランなんて一度も行かなかった。
屋台とか、露店とか、シモタヤみたいな冷房もない食堂とか、飲食はそんなとこばっか。
そして、あろうことかあるまいことか、イ課長はちゃんと?ゲーリーにもなったのだ(笑)。

ついにきたアジアン・ゲーリーの洗礼。まさに旅行の最後の最後だったんだけどね。
バンコクから乗ったANAの中で2度、成田空港で1度、府中の駅でトホ妻と待ち合わせをする間の
ショッピングセンターで1度、トイレに行きました(笑)。まぁこの程度で済んだわけだから、それでも
ダメージとしては中程度のゲーリーだったといえるだろうが。

昨日飲み食いしたものの中に“犯人”がいると考えるのが妥当だろう。

犯人はチャトゥチャク・パークのわきの露店で食ったソムタム(パパイヤのサラダ)か
f0189467_062218.jpg


それとも、夜にバンコクでの最後のメシとして食った、平麺やきそばか?
f0189467_063820.jpg

どうもソムタムが臭いよねぇ。火が通った焼きそばより、生のサラダというだけで、すでに容疑濃厚。
ソムタムってけっこう辛酸っぱいから、箸休め?に横にある生キャベツとか、名称不明の葉っぱも食った。

まぁそれでも、夕方にはゲーリーもほぼ治った(と思う)。
常にゲーリーを心配し、生フルーツを勧められただけで恐れオノノイていたインド出張にくらべて、
食ってみたいと思ったものを自由に食える今回の旅行は、それだけで嬉しかったよ。
出張者にはないかもしれんが、旅行者にはゲーリーになる自由だってあるのだ(笑)。

写真はもうすごい数、撮ってきました。
特に今回は、メシを食った店、買い物した店、泊まったホテル等々で、そこのオネエさんやオバさんやらの
人物写真を撮らせてもらうことが多かった。中にはボッタクリ濃厚の人もいたけど、そういうことも含めて
今回は楽しんでこられたよ。

ベトナムとタイで、1名ずつFace Bookのお友達が出来たなんていうのも、
これまでには考えられなかったことだよね。旅の形も昔とは変わったなぁとつくづく思う。

ああ・・・明日からはまた日本における老朽サラリーマンとしての日々が始まるわけだけど、
今後どこにも行かないとしても、ブログネタだけはあと1年分くらいはゆうにあると思う(笑)。

ポーランド・フィンランド旅行、インド出張、欧州出張、そして今回のベトナム・タイ旅行と、
これからも前後の脈略のない、入り混じった更新が続くと思いますが、よろしくお願いいたします。


・・・さぁ、寝よう。
もともと飛行機の中じゃ眠れないタチだし、そのうえ、今回はゲーリーも重なったから、
23:55バンコク→成田のANAん中じゃ、まったく一睡もできなかったんだよ・・・。


 
[PR]

by tohoiwanya | 2013-07-01 00:14 | 2013.06 ベトナム・タイ旅行 | Comments(2)
Commented by Bきゅう at 2013-07-02 06:11 x
アジアンをお楽しみだったようで、なによりです。

最近の東南アジアは、A型肝炎率は下がっているだろうから、生ものを食べてもそこそこ大丈夫だと思いますよ。たとえ、りーげしても、そーゆー病気が入ってなければよいわけです。
Commented by tohoiwanya at 2013-07-02 12:31
>生ものを食べてもそこそこ大丈夫だと思いますよ

Bきゅうさん:
ベトナムにいる頃から、水道設備がなくてタライで食器洗いしてるような店で
フォーとか食ってたので、「うん、大丈夫だいじょうぶ」なんて思ってましたが、
最後につかまりました。
でも、東南アジアでのゲーリーって、昔はインド並みに警戒されてたけど、
最近はあまり言われなくなりましたよね。実際、私のも軽かったし。
 



<< アオザイというもの      イ課長のバンコク報告 >>