人気ブログランキング |
2013年 08月 31日

映画ヲタクの旅:「シンドラーのリスト」の“あの場所”

さてポーランドネタに戻るわけだが、本日はやや映画寄りの話。

アウシュビッツに行った翌日はクラクフで丸一日フリー。計画はいろいろあったんだけど、
まず最初は映画「シンドラーのリスト」の撮影に使われた“あの場所”に行ってみたんだよ。
建物の正確な名前を知らないから“あの場所”としか言いようがないのだが。
f0189467_23414037.jpg

この日のクラクフは朝からずーーーっと雨だった。
まぁダークな旅にふさわしい、ダークな天候といえるけど、寒かったねぇ〜。
地元の人たちも革ジャンとかで厚着してる。
f0189467_23415481.jpg

市電に乗って行ってみたのがカジミェシュ地区(発音が難しい)。この辺は旧ユダヤ人街だった。
「シンドラーのリスト」の印象的なシーンに使われた“あの場所”はこの一角にある。
あの映画をご覧になった方なら以下の説明で「ああ、あの場面の・・・」と思い出すかもしれない。

ドイツ軍がゲットーのユダヤ人たちを一斉に強制移送の時、あるユダヤ人母娘が混乱の中で、
「ドイツ軍協力少年」になった娘の同級生?の男子に偶然会う・・・っていうシーン、覚えてない?

男子はちょっと照れたように「・・・やぁ、ホニャンカ」って同級生に挨拶し(正確な名前は忘れた)、
「こっちなら大丈夫だよ」と言って、その母娘を建物の奥に連れてってあげる。お母さんは感謝して
「もうあなたもすっかり大人なのね」みたいなことを言う。

叫び声や悲鳴、銃声、軍靴の音、破壊音なんかが充満する強制移送の修羅場の中で、ここだけは
フッと静かな場面で、非常に印象に残るシーンだ。その場面の動画がないかと思って必死に探したら、
発見したよ。このリンクの動画の8分50秒からがそう。(どこかの国の言葉の吹き替え版みたい)

見れば一目瞭然。この場面で使われたのがここだ。カジミェシュ地区の、白壁のアパートの一角。
母親はこの階段の下に隠れて、自分を追って階段を下りてきた娘と抱き合う。
f0189467_23423890.jpg

白いアーチと、雨に濡れた石畳が美しかった。
こんなところ、誰もいないに決まってると思ってたけど、イ課長以外にもう一人、どこかの欧米人が
ここの写真を撮りに来てたね。映画ヲタクがクラクフに来て考えることって、似ているらしい(笑)。
車の音もほとんど聞こえず、ほんとに静かなところだった。
f0189467_23402040.jpg

このアーチのある場所はゲットー強制退去のシーンで何回か出てくる。
ほら、こちらのショットでも、奥の方に、このアーチが写ってるでしょ?
f0189467_23404291.jpg

映画では、このアパートを使っていろんな角度から何度も撮影してるのがわかる。
ドイツ軍がベランダからユダヤ人の家財道具を投げ落とすところもこのあたりで撮ってるよね。
f0189467_23421068.jpg

「シンドラーのリスト」に出てきた「あそこ」がカジミェシュ地区にあるのを知ったのは全くの偶然だった。
偶然だったけど、いざソレがあると知るとやっぱり見たくなって、それがカジミェシュ地区のどこなのか
突き止めるためにものすごい努力をした(笑)。実際見つけたときは嬉しかったねー。
ちなみにアーチを反対側からみるとこんな感じ。風情のある、きれいなところだよね。
f0189467_23435966.jpg

雨のクラクフ、ダークで、ヲタクな旅。
まず最初は軽め?の「シンドラーのリスト」のロケ場所を見に行ったわけだけど、イ課長はさらに
市電に乗って、次のダーク&ヲタクスポットに向かうのでありました。
 

by tohoiwanya | 2013-08-31 00:11 | 2012.06 東欧・北欧旅行 | Comments(8)
Commented by Bきゅう at 2013-08-31 20:08 x
よくわからないけど、えらくこぎれいなところですねえ。ちょっと南欧調なフレーバー。サイドテーブルが出ている。。昔風の長屋作りみたいなかんじですかあ?
Commented by tohoiwanya at 2013-08-31 23:39
>えらくこぎれいなところですねえ。ちょっと南欧調なフレーバー

Bきゅうさん:
そうそう。白い壁とか鉢植えの植栽の感じを見て「ちょっとスペインみた・・」と私も思った。
構造としては普通のアパートだと思うんだけど、こっちの棟とあっちの棟の間に
アーチ型の橋がかかってるところが特徴なんでしょうな。スピルバーグがこの場所を
気に入ったってことは、クラクフのこの地区にもこういう風情のところは少ないんだと思います。
Commented by はな at 2013-09-01 23:14 x
あの映画ほぼモノクロなのに、すごいですね!!
ガジミエシュ地区は行きたかったんですけど、アウシュビッツの他に
ヴェリチカ岩塩場やバベル城とか、いろいろ行きたくなってその時々で予定変更したため、車窓からの見学のみになってしまいました。
今後もしまたクラクフに行ったら、私もシンドラーのリストロケ地と、ビルケナウをもう一度リベンジしたいです。
Commented by tohoiwanya at 2013-09-02 13:25
>ヴェリチカ岩塩場やバベル城とか、いろいろ行きたくなって

はなさん:
極めて健全なクラクフ観光だと思います(笑)。
まぁクラクフ・ダークな旅というのも「人があまりやらないことをやる」といった意味での
自己満足度は高かったけど、雨でビショビショになりながらプワショフ収容所の
跡地を歩いてるときとか(いずれ書きますが)、そこから市電の駅まで
トボトボ歩いてる時とか、さすがに「オレ、ポーランドまで来て一体ナニやってんだ?」的な
やや後ろ向きな気分になりかかった。
私は、もし今度クラクフに行くことがあるなら、世界遺産の塩鉱とか、お城とか、
ダークじゃないところを観光したいっス。
 
Commented by フクダ at 2016-02-20 18:20 x
はじめまして
今度クラクフを訪れるため行かれた方の旅行記を拝見しておりましたところ、御ブログ記事を発見しました。
恥ずかしながらシンドラーのリストを先日初めてツタヤにて借りてまいりました。記事でも紹介なさっているようにこのアパートのシーンはどれも印象的でした。
私もぜひともこの場所に訪れてみたいので、差し支えなければ地図上の位置や最寄りのトラムなどをお教えいただけないでしょうか?
Commented by tohoiwanya at 2016-02-21 22:58
>地図上の位置や最寄りのトラムなどをお教えいただけないでしょうか?

フクダさん:
何せ4年前の話なので記憶も薄れ、クラクフの地図で「ここ」と正確にお教えするのは
難しいのですが、4年前に私がやったように、今回も panoramio というサイトで
もう一回調べてみました。下のURLを参考にしてみて下さい。

http://www.panoramio.com/photo/106916652

この場所で撮った写真で、右側にその撮影地点が地図で表示されてるはずです。
ノビ広場という広場のそばみたいです。私はこのそばまで市電で行ったんですが、
何ていう停留所で降りたか、これまた覚えてないのですが、私の時も場所を確認して、
あとは路線図で一番近そうな停留所を探して行きましたから大丈夫ですよ。

クラクフのカジミェシュ地区は情緒のあるところでした。ぜひ行ってみて下さい。

http://www.panoramio.com/photo/106916652
Commented by フクダ at 2016-02-24 03:34 x
tohoiwanya様

わざわざお手数をおかけしました。
こういったサイトがあるとはしりませんでした。

リンク先の地図を頼りに探してみたいと思います!
Commented by tohoiwanya at 2016-02-24 10:32
>リンク先の地図を頼りに探してみたいと思います!

フクダさん:
クラクフ、ぜひ楽しんできてください。
私が行った時は雨が降ってたせいもあって、カジミェシュ地区は人が少なくて静かでした。
仮に晴れてたとしても、観光客で混みあうってことはあんまりないんじゃないかなぁ?


<< クラクフ、ゲットー英雄広場      デリーのリクシャーに乗ってみる >>