人気ブログランキング |
2013年 09月 25日

旅のダークサイド

旅というのは常に楽しいウキウキ気分だけで満たされているわけではない。
時にはダークでドンヨリとした気分が続くこともある。

アウシュビッツとか、プワショフ収容所跡地とか、クラクフ滞在中に見たものはダークな所ばっかり。
たぶん、普通の明るい観光以上に疲れたんだろうねぇ。冷たい雨という天候も重なって、クラクフでは
明るく、美しく、楽しいコトをしたっていう記憶がないし、実際そういう事実もない(笑)。

たとえばメシ。
クラクフ到着日は晩飯を食わなかった。ホテルでビール飲んでたら、疲れてたせいか眠くなって、
結局そのまま朝まで寝てしまった。メシ抜き。あーあ。

翌日、つまりアウシュビッツに行った日もひどかった。
アウシュビッツ見学ツアーには昼飯がつかないって聞いてたから、イ課長は念のために
事前にイチゴ風味の水と軽いスナックを買いこみ、カバンに入れておいた。
f0189467_23485816.jpg

でも収容所にいる間はとてもモノを食おうなんて気になれず、そのまま持ち帰ってきた。
で、夕方ホテルでそれをポリポリ食ってビール飲んでたら、またそのまま寝ちまった(笑)。
この日のメシは、このプリッツみたいなスナック菓子だけ。ああひどい。
f0189467_23491692.jpg

そして翌日は雨の中、アーモン・ゲート旧宅を見たり、プワショフ収容所跡地を歩いたわけだ。
明日にはワルシャワに戻る。クラクフ最後の夜くらいはマシなもの食いたいが・・・

しかし、ホテルに戻ってイ課長がまずしたことは服を乾かし、靴を乾かすことだ。
なんとみじめったらしい。しかしこういう旅のダーサイドも記録のために写真に撮っておいた。
こんなもの誰も見たくないだろうが(笑)。
f0189467_23494675.jpg

夜になって(といっても6月だから7時くらいでも明るいが)、まだぜんぜん乾いてない靴をはいて、
ふたたび街に出た。クラクフ最後のメシ。しかしイ課長の士気は低い。
気分としては、温かい中華系のヌードルでも食って、ホテル戻ってビール飲んでバッタリ寝たかった。
f0189467_23502312.jpg

適当なメシ屋を探しながら、また旧市街を少し散歩した。雨は相変わらずやまない。

これはクラクフ中央広場にある繊維会館。中は土産物屋になってる。
f0189467_23481757.jpg

f0189467_23483917.jpg

これは何の塔だ?と思って撮ったけど、どうも市庁舎らしい。
教会と市庁舎が目立って高い塔をもってるって、ヨーロッパの古い街でよくあるパターンだね。
f0189467_23473493.jpg

しかし、残念ながらイ課長はこのまま夜のクラクフを散歩しようかなという前向きな気分でもなかった。
心身は疲れてるし、靴もまだ濡れてるし、早いところ何か食って・・・

で、結局、クラクフ最後の夜のメシはこれ。テイクアウトの焼きそば。
その時の気分に一番近そうなものがコレだったからしょうがないんだけど、なんというか・・。
これと缶ビールを買って、ホテルの部屋で一人わびしく食って飲んで、そのまま寝た。
とうとうクラクフではマトモな晩飯を食わずに終わっちまった。
f0189467_23443558.jpg

まぁしょうがない。旅にはこういうダークな局面だってあるのだ。
しかし、美しい古都・クラクフには明るく美しい観光スポットだっていっぱいあるはずで、
そういうのを全然ご紹介できなかったのは申し訳ないと思ってるよ、クラクフに。


  

by tohoiwanya | 2013-09-25 00:05 | 2012.06 東欧・北欧旅行 | Comments(8)
Commented by マダムKenwan at 2013-09-25 02:13 x
このところずっと読み逃げていて
失礼いたしました。
ダークな旅、拝見していますと
どうもコメントするのも気持ちが重くなり、
書けずにおりました。

ブログ開設5周年は、おめでとうございます。
これからも旅のお話、楽しみにしております。
Commented by tohoiwanya at 2013-09-25 13:15
>コメントするのも気持ちが重くなり、書けずにおりました

マダムKenwanさん:
いやもうすみません。前日のアウシュビッツ訪問も十分暗かったけど、
翌日の、雨の中の市内ダーク観光がまた暗くて、とうとう私自身の気分まで
暗くなってしまった(笑)。
読み手も暗くなっちゃいますよね、ホントすみません。

Kenwan家ブログはウィーンの風景を見るだけで「うわーキレイだなー」って
気分になるんですが、私ンとこは旅ネタが尽きたら一体どうなるのか・・
まぁあとしばらくはネタがありますから、6年目めざして頑張ります。
Commented by hanatomo31 at 2013-09-26 23:13
ダークな旅の後に、美味しいものが無いと私は駄目なタイプです。
もし、私が同行者だったら プレッゼルだけの食事だと、イ課長さんは
落ち込んでいる隙を与えてもらえないぐらい、私の「腹減った~」攻撃に遭うと思います。
Commented by tohoiwanya at 2013-09-27 17:26
>私の「腹減った~」攻撃に遭うと思います

ハナトモさん:
あははははは。でもね、ダークな旅のときはそういう人と一緒の方がいいと思う。
一人だと、ドンヨリ落ち込んだらストッパーがないから、ますます落ち込む(笑)。

ウチのトホ妻はそういうところ、まったく頼りにならなくて、若い頃、一緒に海外旅行すると
「今日は体調悪いから寝る。アナタ一人でごはん食べてきて」なんてことが
時々あった。当時は私も若くて、メシ抜きなんて考えられなかったから
体調悪い妻をほっぽって、一人でメシ食いにいきました(笑)。
Commented by ほしの at 2013-09-28 08:00 x
こんにちは。食べ先での食べそびれってありますよねー。散々どこで食べるか迷ったのに、結局時間がなかったり疲れたりして、ホテル近くの中華料理のテイクアウトとか、ホテル内のコンビニでカップめんとか、ずるずる焼きそば食べながら、「ああ、もったいない」みたいな。
イ課長さんみたいなエキスパートも経験してるんですね(笑)
Commented by tohoiwanya at 2013-09-29 01:20
>散々どこで食べるか迷ったのに、結局時間がなかったり疲れたりして

ほしのさん:
そういうこと、けっこうあるんですよ。
特に出張なんかだと一人ですから、一人でレストラン入ってコース料理なんか
食ってもしょうがないっていう制約条件がついて、ヨーロッパなんかだとけっこう困る。
「それなら、サンドイッチ買ってホテルで缶ビールと一緒に食うか」っていうことも
しばしば。ま、私の場合「ビールさえありゃいい」という、もう一つの特殊な条件も
つくわけですけどね(笑)。
 
Commented by 8-8 at 2015-04-01 09:25 x
再びお邪魔します。
私もこういう状態に陥りそうでドキドキしています。心身ともに落ちそうで恐いです(笑)
雨は気分をより一層落ち込ませますよね。
友達にはお浄め(?)用に塩を持っていくよう勧められましたが。
本当はこういう時温かいもの食べた方がいいと思うんですけどね…。

幸いにも、アウシュビッツでは中谷さんに直接ガイドしてもらえるよう手配したので、そこの現地で出会った方をナンパして、その日の夕食が一緒に過ごせないか画策中です。
ナンパする気力も残ってないかもしれませんが…あと、今までの人生でナンパしたことないけど。
Commented by tohoiwanya at 2015-04-02 14:28
>アウシュビッツでは中谷さんに直接ガイドしてもらえる

8-8さん:
おお、中谷さんにガイドしてもらえるとは貴重な経験です。
まぁアウシュビッツやビルケナウを見れば誰しも気分は重くなるし、
その翌日さらに雨に降られりゃますます気分は暗くなる。
しかしそういう心身ドツボな日もまた一人旅の味わいと思えば・・ね。
この日は本当に暖かいヌードル食いたかったんだけど、フラッと歩いた限りじゃ
あんまり中華系の店がなかったんですよねぇ、クラクフには。


<< 北欧効果に酔いしれる      クラクフ・聖マリア教会 >>