人気ブログランキング |
2013年 12月 02日

ポーランド喫煙事情

タバコ嫌いの方にとっちゃ何の興味もない話と知りつつ、書き続ける「行った国の喫煙事情」。
まぁこれもイ課長の「海外におけるルーティンの観察項目」と思って勘弁してほしい。
最近は「ほほう、この国じゃ灰皿はこうなってるんだ」なんてのを見ると、ブログに載せようと思って
すぐ写真撮りたくなるから困ったもんだ。本日はポーランド編。
f0189467_23520675.jpg
ハンガリーのブダペストで、小さな灰皿がくっついたゴミ箱が普及してるのを見たことがあったから
同じ東欧、旧社会主義国のポーランドもそんな感じなんじゃないのかなーーと予想してたけど、
その予想は予想以上に当たっていた。

とにかくポーランドで見かけたゴミ箱というゴミ箱、すべからく灰皿が併設されたハイブリッド型。
ゴミ箱のデザインはけっこうマチマチなんだけど、灰皿併設という機能だけは必ずクリアしてる。
ポーランドには「ゴミ箱に灰皿をくっつけなければならぬ」という法律でもあるのか?と思いたくなるくらい。
これはワルシャワ空港で最初に見かけたゴミ箱+灰皿ハイブリッド型。
f0189467_23514506.jpg
これがワルシャワ駅近くのゴミ箱になるとこうなる。空港で見かけたのとは全然違うデザインだけど
とにかく灰皿がくっついているのだ。
f0189467_23515632.jpg
ワルシャワの街中ではこんなゴミ箱も見かけた。中を見るとキッチリと灰皿機能がついている。
いやー、ここまで徹底してるとは思わなかった。
f0189467_23515232.jpg
ワルシャワ蜂起博物館にあった灰皿もこんな感じ。ゴミ箱の上にわざわざ小さな灰皿がついてる。
ただこの灰皿の欠点は、風が強いと灰も吸殻も片っ端から吹き飛ばしてしまうということで(笑)、
イ課長もここでタバコを1本吸ったんだけど、「これじゃしょうがねぇだろ」と思って、いつものように
靴の裏でタバコを消して、吸殻はゴミ箱の方に捨てさせていただきました。
f0189467_23515980.jpg
ゴミ箱と灰皿の併設が徹底しているというのはワルシャワだけじゃなく、クラクフでも同様で、
これはクラクフで見かけたハイブリッド型ゴミ箱。以前にウィーンで見たのとちょっと似てる。
f0189467_23520349.jpg
といった具合に、少なくともワルシャワとクラクフに関する限りはロンドンやパリみたいな、街に灰皿が
置かれてない(つまりカタチの上では屋外喫煙をさせない)街とは大違いで、灰皿には不自由しない。
そのせいか、道に吸殻が落ちてなくて概してキレイという点もドイツの都市やウィーンなんかと似てる。

ただ、この「吸殻が落ちてない」という点に関しては、断言するのにはやや躊躇するブブンがある。
クラクフからワルシャワに戻る時、発車時刻まで時間があるから駅の東口(まだ行ったことがなかった)に
フラリと行ってみた。

クラクフ中央駅の東口は西口みたいな大きな広場もなくて、いかにも「裏口」という感じ。
こういう「再開発から取り残された感じ」みたいな風景はイ課長好みだ。この少年たちと並んで腰かけて
さて、タバコでも1本吸おうかな・・灰皿あるかな?と思ってあたりを見渡したら・・・。
f0189467_23521569.jpg
・・なんだこれわ。
灰皿がないもんだから、溝の中がすごいことになってる。なんだかなーーー。
灰皿がないと、ポーランドでもこういうことになってしまうということか。
f0189467_23521215.jpg
ちなみに、イ課長はポーランドでタバコを1箱買ったんだけど、ドイツ出張の時によく買う軽い銘柄と
同じものがあったから、ソレにした。ポーランドではドイツのタバコを売ってるのか?
(というか、このR1という銘柄がどこの国の銘柄なのか、よく知らないのだが)
f0189467_23520906.jpg
というわけで、ポーランドの街はパリやロンドンなんかに比べると灰皿設置率は非常に高く、
屋外でちょっと一服なんてことがしやすい。ただ、灰皿がなくても吸ってる人が多いのも事実みたいで、
全体的にはドイツなんかと同じように「喫煙には比較的ユルめの国」といえるんじゃないかと思う。

以上、ポーランド小ネタ集から、現地喫煙事情についてのご報告でした。
タバコ嫌いの方にはホント、どうでもいい話題ですみません・・・

 


by tohoiwanya | 2013-12-02 00:21 | 2012.06 東欧・北欧旅行 | Comments(8)
Commented by はな at 2013-12-02 06:30 x
喫煙しない私は、今までゴミ箱って注目したことなかったんですが
これはすごい合理的でいいシステムですね!!

そういえば、イ課長さんがずっと前に写真を載せてらした、
サッカー欧州選手権?の広告(キュリー夫人とかショパンが
ユニフォーム着せられてるやつです)まだありましたよ~。
ワルシャワ駅前近くの、自販機みたいな機械の側面が全部
それでした!ちょうど一年経ってたと思うんですけど、私も見れて
なんかとても嬉しかったです(笑)
Commented by カプメイ at 2013-12-02 21:07 x
私も自分だけでなく周りにもタバコを吸う人がほとんどいないので、
灰皿や吸い殻について気にかけたことなかったです。
クラクフでは、大学で1か所だけ吸っていいらしい屋外の場所で、皆さんが吸っていたので、「ご苦労はどこも同じね」と思っただけでした。

ところで、クラクフ駅の東口、ワルシャワから到着した私たちはうっかりホームから階段を下りてしまったため、駅の係員にこちらへ誘導され、オイロペスキまで遠回りして歩いたんです。
ちらほらとお店があるけど、こんなんでいいのか?って感じですよね。
あとで西口を知って、だ、だ、だ、騙されたーー!と思ったのでした。(笑)
それでもこの風景、懐かしいです。
Commented by tohoiwanya at 2013-12-02 23:36
>キュリー夫人とかショパンがユニフォーム着せられてるやつ

はなさん:
あはははは!あれ、まだあったんですか!
まぁせっかく作ったんだし、面白いデザインだから、欧州選手権が終っても
残しておこうよってことかな?あるいは、単に塗り替えの予算がないのか?(笑)

タバコネタはいまや吸う人も少なくなったし、ネタ的にはやや気がひける
話題なんですが、ポーランドのゴミ箱+灰皿の普及ぶりには感心して
つい書いちゃいました。すみません・・。
Commented by tohoiwanya at 2013-12-02 23:42
>こんなんでいいのか?って感じですよね

カプメイさん:
ほんとほんと。あの“東西格差”はけっこう激しい(笑)。
私なんて東口の存在すら知らなかったから、「こっちには何があるんだろう?」って感じで
フラフラ歩いていったらいきなりあのショボい駅前ですから、びっくり。
でも、何となく東京のマイナー私鉄のマイナー駅を出たところみたいで
基本的に好きです、ああいうの。

タバコネタはほんと、すみません。女性の喫煙者もいまやホントに少ないから、
タバコネタなんて書くと、なんか怒られそうで・・・(笑)。
Commented by hanatomo31 at 2013-12-03 01:49
この灰皿+ゴミ箱のアイディア、良さそうな気もするんですが、
どうにもこうにも火事の元になるような気がして、不安に駆られます。
3枚目の写真のゴミ箱とかね。
たぶん、大丈夫だから普及しているんでしょうけれどもね。
Commented by tohoiwanya at 2013-12-03 16:05
>どうにもこうにも火事の元になるような気がして、不安に駆られます

ハナトモさん:
あー3枚目のヤツは確かに、火が消えてないやつをポンと放り込んだりすると
ポトリと下に落ちてやがて・・・となる危険性がありそう。
ウィーンやブダペスト、さらにポーランドで見た多くのハイブリッド型ゴミ箱も
紙ゴミと吸殻が「別ポケット方式」だったけど、これは一緒ですしねぇ。

そういえば、屋外の灰皿近くでタバコ吸ってると、ドイツでも英国でもベルギーでも
「タバコくれぇ」ってタカリが来たけど(言葉がわからないフリしてやらない)
ポーランドじゃ一度もなかったなぁ・・・。
Commented by 51k at 2014-04-11 18:18 x
7月にポーランドへ旅行に行く予定なので大変参考になりました。ありがとうございます。
Commented by tohoiwanya at 2014-04-12 01:41
>7月にポーランドへ旅行に行く予定なので大変参考になりました

51kさん:
こんな「現地灰皿ネタ」が参考になればうれしいです。
3ヶ月後にポーランドですか。ポーランド、ほんとイイですよ。
たぶん気候も日本より涼しくて快適でしょうし、ぜひ楽しんできてください。


<< 海外のタカリとコジキに関する考察      インド出張で食ったもの① >>