2013年 12月 06日

ワルシャワ中央駅のナゾの数字

本日もポーランド小ネタ集の中からひとつご紹介。
これ、ある意味じゃどうでもいい話なんだけど、イ課長としてはけっこう驚いた発見だったし、
これからポーランドに行こうという人のためにぜひ書いておきたい話なのだ。

その驚くべき事実を発見したのはワルシャワ中央駅からウォヴィッチに行くときだ。
ワルシャワ中央駅はクラクフに行く時も利用していたから、この時は2度目の利用。
しかし愚かなるイ課長は最初に利用した時はその「驚くべき事実」を見逃してたんだよね。
2度目に利用したとき、やっと「どういうコトだこれは?」と気づいた。

ウォヴィッチに行く電車は8:05発だ。
モニターの表示で確認すると、8:05シュチェチン行き電車は3番線から発車するらしい。
3番線に行って待ってりゃいいんだよな。よしよし。
f0189467_14411204.jpg
3番線に行ってみた。ここで初めて「おや?」と思った。
さっき表示されてた3番線(platform3)っていう数字が左右に二つあるぞ?
f0189467_14412542.jpg
どうやらplatform3を日本的に「3番線」と解釈してはいけないようだ。3っていうのはホームの番号で、
この3番ホームの両側に、日本風にいえば2番線とか3番線がある、というような形らしい。

ほら、だからコッチはプラットホーム3の2番線ってなってるし、
f0189467_14411911.jpg
反対側はプラットホーム3の4番線・・・え?よんばんせん??
f0189467_14412296.jpg
・・・なんでとなり同士の番線なのに番号が飛んでるのだ??
この辺からイ課長の脳は混乱し始めた(ちなみに、イ課長はガキの頃から算数が苦手だった)。

番号が飛んでるのもヘンだし、計算もヘンだよな?

島式プラットホームが3つあったとして、端から順々に番号をつけていけば
プラットホーム1の両側に1番線と2番線
プラットホーム2の両側に3番線と4番線
従ってプラットホーム3の両側には5番線と6番線・・・と、こうなるはずだ。それが2番線と4番線??

使用されていない線路があって、番号が「若い方」にズレたのか?
しかしそれにしたって、どうして番号が飛んでるのだ??依然としてヘンだ。

時間があったから、イ課長は隣のプラットホーム2がどういう表示になってるのか見に行ってみた。
するとどうよ。プラットホーム2の両側には1番線(track1)と3番線(track3)があるではないか。
ますますわからくなってきたぞ?
f0189467_14412823.jpg
あまりに不思議だったので、イ課長はワルシャワ中央駅の中を歩き回って、どの数字のプラットホームに
どういう「番線」の数字がついてるのか確認した。いちいち写真は撮らなかったけど、メモには残した。
その結果はこうだ。

プラットホーム1の両側に5番線と7番線
プラットホーム2の両側に1番線と3番線
プラットホーム3の両側に2番線と4番線
プラットホーム4の両側に6番線と8番線


わきゃりまひぇん!!
ワルシャワ中央駅のホームの数字って、一体全体どういう法則性で付けられているのさ?!

自分の乗りたい電車の出る場所に4と表示されてりゃ、普通の人だったら駅のコンコースを歩きながら
「あ、ここは2番線か、隣が3番線で、その次が目指す4番線・・」と考えるはずだ。
これは日本人でなくたって同じはずで、実際、イ課長がこれまで使ったヨーロッパの駅はみんな
端から順番に「番線」の数がふられてたはずだぜ?

なんでワルシャワ中央駅だけこんなアリサマになっているのだ?ナゾだ。さっぱりわからない。
これじゃ、自分の乗りたい電車が何番ホームから出るか確認しても、それを探すためにさらに
駅の中をあちこち探し回らなければならぬではないか。

もっと重大な問題がある。なぜホームと番線、platformとtrackの両方に数字をつける必要がある?
これって大量の間違いを誘発するやり方だと思うよ?
8:05発の電車が出るのは3番、だがそれは3番線のことじゃなく3番プラットホームのことだっつうんだから。

だが、これを「3番線から出るんだ」と誤解する人はヤマのようにいるはずだ。上表をもう一度見てほしい。
3番線があるのは何番プラットホームだ?2番じゃん!ソコに行っちまったら乗れないじゃん!!
しかしこういう間違いを犯す人がいないとは考えづらい。特に慣れない外国人ならね。

おまけに、表示に従って間違えずに3番プラットホームに行ったとしてもだよ?
自分の乗る列車はその左右どっちに入ってくるのかわかんねぇときた。

うーむ、なんて恐ろしい駅だ。
間違える危険性とナゾに満ちた駅・ワルシャワ中央駅」。そう言うしかない。
よく間違えずに乗れたな、イ課長。

もちろん、慣れりゃ大したことはないんだろうが、間違える外国人旅行者は多いと思うなーー。
もっと単純に、シンプルにさ、プラットホームの番号なんかつけるのはやめてさ、
端から順々に1番線、2番線、3番線ってシステムに変えた方が良くはないか?ワルシャワ中央駅よ。
 

 

[PR]

by tohoiwanya | 2013-12-06 14:47 | 2012.06 東欧・北欧旅行 | Comments(10)
Commented by piki at 2013-12-06 22:45 x
こんにちは、

日本の新幹線の駅で、”この場所は、こだまの場合は5号車、ひかりの場合は10号車”みたいな表示が、日本語だけで、書かれているのを思い出しました。
Commented by カプメイ at 2013-12-07 00:58 x
はいはーい!混乱しましたー。
ちっとも解りませんでした。
あそこはもう、賭けですな。
ホームの列車案内を見て、何とかこっちに来るらしいと思ったのですが、
号車までは分からず、車両を端から端まで移動する破目に陥ったし。
旅行者は皆迷走してましたよ。
Commented by tohoiwanya at 2013-12-08 00:46
>この場所は、こだまの場合は5号車、ひかりの場合は10号車

ぴきさん:
あ、それ、新幹線以外でもよく見ますよね。よくホームの地面にペイントされてる。
「特急すずめ6号車」「特急からす4号車」とか書いてある。
ただ、ワルシャワ中央駅みたいに「何番線だかわからん」はひどすぎるとしても
「ホームのどの辺で待ってればいいか」はどの国でも簡単じゃないですね。
ドイツなんかだとホームにAとかBとかサインがあるんだけど、あれもなかなか
慣れないとわからない。
Commented by tohoiwanya at 2013-12-08 00:52
>あそこはもう、賭けですな

カプメイさん:
あれ、何とかしてほしいですよねぇ。何であんな表示にしてるんだろう?
中世の城郭都市なんかだと、攻め込まれたときに敵が攻めずらいように
わざと道を細く、わかりづらくしてるなんて例があるらしいけど、まさか
ワルシャワ中央駅も第二次大戦でドイツ軍が攻め込んできたときに
「わかりづらいように」ああやってワケわからない番号をふった・・・わけないですよね(笑)。
いやほんとに、いま思い返すと、よく無事にクラクフやウォヴィッチに行けたなぁと
自分の幸運に感謝したくなる。
Commented by Bきゅう at 2013-12-08 03:33 x
そりはー大変でしたね。そういえば、どこかの駅で、1つのプラットフォームの前と後ろでトラック番号が違うという駅構造のところがありました。そうすると、1番線と3番線が向かい合うことになる。2番線がないので困りました。上に上がったり、下に降りたりを繰り返して、そーゆー構造であることを理解しました。で、思ったのですが、こーゆーやつの前後を、別ホームに分けると、おっしゃるような構造になりますよね。そーゆー歴史的背景(?)があるのでは?
Commented by tohoiwanya at 2013-12-08 23:03
>プラットフォームの前と後ろでトラック番号が違うという駅構造のところ

Bきゅうさん:
おお!何と大胆かつ斬新な仮説!
確かに、私も同じような経験あります。英国のマンチェスターの駅だったと思うけど
今停まってる列車の奥にもう一つのトラックがあって、別の列車が停まってた。
もう少し気づくのが遅れたら乗り遅れてた(笑)。

ワルシャワ中央駅って写真を見ておわかりのように地下駅なんですよ。
昔、ここが地上駅だった頃には長い島式ホームが2つあって、それぞれ
1・2トラックと3・4トラックが向かい合ってて、地下駅にする際にそれをそのまま
半分にブッた切ったと考えれば推測のスジミチとしてはなかなか説得力がある。
さて、これをどうやって検証したらいいのか・・・。
Commented by カプメイ at 2013-12-10 22:15 x
なんだかホームの謎が解けずに悔しくなってきたので、もう一度切符予約サイトで検証してみました。
ウォヴィッチやクラクフへ中央駅から向かう切符を探すと、
中央駅で乗る列車のホーム表示があって、Ⅲ/2とか、Ⅳ/6とありました。
ここを押さえておけば、少なくともホームのどちら側なのかは分かります。
駅の時刻表にはそれが表示されてないので、降りたホームでの表示を見上げるしかないですね。

で、trackの数字の謎を推理したのですが、
ホームの数字を避けているのではないでしょうか。
Ⅰ/1やⅢ/3にならないように、工夫した結果のtrackになった。
あと、もしかしたら改良工事をした際、2,3番のホームを先に作り、
上記のルールを当てはめた。
1,4番ホームは後からできたので、続く数字を割り当てた。
あくまでも推理なので本当のところはどうだか分かりませんが、
数字の配置の理由は正しいと思います。
ちょっとスッキリした気がしませんか?
Commented by tohoiwanya at 2013-12-11 15:45
>中央駅で乗る列車のホーム表示があって、Ⅲ/2とか、Ⅳ/6とありました

カプメイさん:
あーーーー、そうでしたっけ。ってことは、事前にアソコをよく見ておけば
あまりオロオロしないでいいんだ。つうか、それなら中央駅の表示も同じように
「ホームの表示=ローマ数字」「番線の表示=アラビア数字」にしてくれりゃ
それだけでもずいぶんマシになると思うんだけどなぁ?

私としては昔あった地上駅を現在の地下駅に移動させるときに、何かの理由で
ああなったんじゃないかって気がするんですよね~。
奇数ホームに偶数番線、偶数ホームのその逆ってわけでもないし、もしかすると
「ドイツ軍にわかりづらいようにこういう配置にした」のかな?やっぱ・・・

Commented by はな at 2013-12-16 21:26 x
これですね! 事前にイ課長さんから、このブログで
番号がトビトビな事を教えていただいてたので大丈夫でしたが、
このために1時間前には駅に到着し、下見をし、で、かなり労力が
要りました。。。今となっては良い思い出ですが^^;
Commented by tohoiwanya at 2013-12-17 10:50
>1時間前には駅に到着し、下見をし

はなさん:
慣れてないガイジンはそのくらい用意周到な方がいいですよねー。
時間ギリギリに行って、「あれ?あれ?」なんて迷ってたら乗り遅れるか、乗り間違える(笑)。
ポーランド観光局の人がこのブログを見てたら(見てないだろうけど)、
あのトビトビ番号のナゾをぜひ説明してもらいたいですよ、ホント。


<< ワルシャワ・最後の夜      海外のタカリとコジキに関する考察 >>