2013年 12月 24日

ヘルシンキ中央駅というところ

さて、ヘルシンキの話に戻ろう。

前にも書いたようにヘルシンキには「ぜひアレを見たいから来た」のではなく、成り行き上たまたま
来たという方が近い。ポーランドじゃ「これ見逃したら来た甲斐がない」っていうプレッシャーみたいなものが
あったけど、ヘルシンキではやけに気楽。「さてドコを見ようかな」という状態だったわけだ。

その中で「ここはちょっと見たいな」と思ってたのは、なんのことはない、ヘルシンキ中央駅だ。
ホテルからすぐ近くで、昨日も通った。観光というほどの物件でもない。でもじっくり見たかったんだよ。

2007年にプラハに出張して以来、イ課長は西洋建築について少〜しばかり勉強して、本も読んだ。
そのとき、たまたまあるアール・ヌーボー建築の本でヘルシンキ中央駅をモノクロ写真で紹介してて、
こりゃちょっと面白い建物だなーーと印象に残ってたんだよ。
f0189467_00184935.jpg
f0189467_00184987.jpg
 
重厚な作りだけど、デザイン性も感じられる。ヘルシンキの近代建築として重要な建物らしい。
イ課長はアール・ヌーボー建築の本でこの駅のことを初めて知ったわけだけど、時計台のあたりなんかは
むしろアール・デコっぽい意匠も感じられる。

本の小さなモノクロ写真を見た時から「この建物、ちょっと見てみたいよなぁ。でもヘルシンキなんてトコに
行くこと、まずないよなぁ」なんて思ってただけに、実際に見られて嬉しかったよ。

この駅を見れば、誰だって正面でガラス球を持ってる4人のおっちゃんが印象に残るはずだ。
ルネサンス風のリアルな人体彫刻とは違って上半身が人体、下半身が直線的な柱になってる。
パリ・リヨン駅みたいな天使やら女神やらは一人もいない。この4人だけ。男性的で、硬直的だ。
f0189467_00184959.jpg
 
写真ではすごい巨人像を想像したんだけど、身長は建物2階分くらいかな。想像よりは小柄?だった。
どんな角度から日が射しても眼のクボミが暗い影になるから、いかめしい顔がさらにいかめしく見える。
ヘルシンキ中央駅・・というより、ヘルシンキの街を象徴するおっちゃんたちと言えるんじゃないか?
f0189467_00184904.jpg
 
ちなみに中央駅の中はこんな感じ。重厚な正面ファサードとは対照的に、屋根からの光が射し込んで
明るくて、軽やかな感じだ。この日はとにかく天気がメチャ良くて、北欧効果に圧倒されたんだよねぇ。
f0189467_00184974.jpg
 
駅構内には飲食店もいろいろあって、到着した夜の晩飯もこの駅構内で食った。
こんな風にテイクアウトの寿司屋もある(ヘルシンキで寿司屋を見たのはこの時だけではなかったが)。
f0189467_00184955.jpg
 
しかしまぁヘルシンキ中央駅といえばやっぱこの「ヘルシンキ4ブラザース(イ課長命名)」だよな。
この駅について調べるためにWikipediaを見てたら、この4ブラザース、フィンランド国鉄の
テレビCMにも使われるくらい有名で、この4人を題材にしたラップ音楽まであるらしい。
フィンランドじゃちょっとしたスター彫像なのだ。日本で言えば上野の西郷サンみたいなもんか。
f0189467_00184968.jpg
 
実はイ課長もこのヘルシンキ4ブラザースのちょっとしたネタ写真をゲットしたんだよ。
おそらくフォンランド国鉄の夏の旅行キャンペーンか何かのポスターだと思うんだけど、そこにも
この4人が起用されててさぁ・・・

f0189467_00184971.jpg
 
だはははは。いやもうこれ見たときは笑っちゃったよ。
駅の正面じゃずいぶんいかめしいツラして立ってるけど、実は意外にひょうきんな連中じゃねぇか。
急にこいつらに親近感が湧いてきたよ(笑)。

世界的に有名では全然ないけど、フィンランドじゃ誰もが知ってるヘルシンキ4ブラザース。
もし今度ヘルシンキに行く機会があったら(あまりないだろうが)、やっぱりイ課長としては
まずこの4人に挨拶して、ヘルシンキに来たことを再確認すると思うよ。


  

[PR]

by tohoiwanya | 2013-12-24 00:20 | 2012.06 東欧・北欧旅行 | Comments(4)
Commented by hanatomo31 at 2013-12-24 00:29
11月にヘルシンキに行ったのですが、その時はちょうどこのブラザーズ達は補修工事中でして、
「ブラザースたちは休暇中です」っていうポスターが貼ってありましたよ。
ネタになるな、と思って私も撮影しましたー。
Commented by tohoiwanya at 2013-12-24 01:05
>ちょうどこのブラザーズ達は補修工事中でして

ハナトモさん:
補修工事でしたか。それは残念というか、休暇ポスター見られて貴重な機会というか・・(笑)。

近代建築に関する本で北欧の建物が取り上げられることって、あまりなくて
私が知ってる(ごくごく狭い)範囲ではこの中央駅くらいですよ。
まぁ建物自体も確かに立派でカッコいいけど、この駅舎はやっぱこの4ブラザースが
いるからこそ、魅力を発揮してると思うんですよねぇ。
Commented by ぴき at 2014-01-03 23:13 x
明けましておめでとうございます!
私も、飛行機の乗り換えを利用して、8月のヘルシンキに一泊したことがあり、(私の写真よりも素晴らしい)写真をみて、感動しています。 スペインの友人に、北欧に旅行しようと誘うと、”気が狂ってるんじゃないの? コーラ一本500円もするんだよ”といわれ、旅行する機会がなかったので、乗り換えの機会に一人で泊まりました。 都会っぽくなく(人が少なくて)すっきりして楽しかったです。時差ぼけで、朝早く散歩してると、カモメたちが、ゴミあさりをしていました。
Commented by tohoiwanya at 2014-01-04 00:31
>朝早く散歩してると、カモメたちが、ゴミあさりをしていました

ぴきさん:
ヘルシンキってほんとにカモメ多かったですよねー。中央駅のあたりも
たくさん飛んでて、まるでヒッチコックの「鳥」みたい・・・(笑)。
この日はとにかく異常な好天で、空はどこを見てもあまりにも青く、何もかも明るく、
ヘルシンキって何て明るくてさわやかな街なんだろうと思った。
物価の高さより何より、もう空の青さにホトホト感動しましたですよ。
もっとも、この翌日はドンヨリした小雨でしたが(笑)。
今年もよろしくお願いいたします。


<< 大晦日の帰国      行けるうちに行っておくイ課長 >>