人気ブログランキング |
2014年 01月 11日

スオメンリンナ要塞をゆく その2

もと軍事要塞だけあって、スオメンリンナには大砲やら防空壕?やら、いろんな戦争遺構が残されている。
でもそういうのはポーランドでたっぷりシリアスなのを体験してきたイ課長は、完全にお気楽モードだ。

まぁいいじゃん。ヘルシンキにいる時くらいは気楽に観光させてちょうだいよ。それに、スオメンリンナは
現在は完全に市民や観光客が憩う海上公園として整備されてるんだし。
たとえ大砲を見かけてもそれがいつ、何のために設置されたのかとか、どんな人たちがどんな人たちを
標的にしたのかとか、そういう真面目なことに思いを馳せようなんて了見はサラサラない(笑)。
f0189467_00090405.jpg
島内はこんな感じでのんびりした遊歩道みたいなのがいたるところにある。
f0189467_00110095.jpg
そして、ちょっと歩くとすぐ海。青い空と青い海ってこんなにキレイに見えるんだと、改めて痛感したね。
f0189467_00090404.jpg
芝生のあっちこっちで日光浴をしてる市民がいる。いいなぁ。
ね?いくらかつては要塞っつうても、現在のスオメンリンナはこんなのどかな場所なんだよ。
f0189467_00090463.jpg
f0189467_00090493.jpg
島にはこんな小さくてかわいい入り江もある。まるで個人用海水浴場みたいだ。
実際ここではおジイさんが水泳パンツ一丁になってジャブジャブ水の中に入っていた。
しかしここでイ課長が目を奪われたものは別のものだ。
f0189467_00090488.jpg
これ・・・ハクチョウだよな?
「白鳥の湖」っていうバレエもあるくらいだし、白鳥って基本的に湖とか沼とかの淡水にいると思ってた。
海に浮かぶハクチョウって何となく異様だ。ハクチョウとジイさんの海水浴・・・さらに異様だ。
f0189467_00090417.jpg
地元の子供たちが遊んでる広場を見てたら、小さな子がヨチヨチとイ課長の方にやってきた。
あはは。ほっぺについてるのはチョコレートかな?かわいいねーー。
すぐにお母さんが笑いながら近づいてきて、この子を“回収”していった(笑)。
f0189467_00090465.jpg
ことほどさように、とにかくのどかでキレイなところだよ、スオメンリンナ。
この日みたいに快晴だと、海とカモメさんの眺望に見とれながらいつまでもボンヤリしていたくなる。
f0189467_00090468.jpg
とにかく「青い空、青い海、白いカモメさん」っていう道具立てが素晴らしすぎたからね、この日は。
これが曇天や雨、あるいは厳冬期の観光だったりすると、ここの印象もだいぶ違ったものになるだろう。
フィンランドの苦闘の歴史と戦争の記憶を求めてスオメンリンナに行く人なら(あまりいないと思うが)
むしろそういう日の方がいいのではないか、という気もする。

でもイ課長は、ヘルシンキじゃそんなこと知らないもんにーーー。お気楽モードなんだもんにーーー。
ポーランドでのダーク・ツーリズムの重苦しかった記憶をサーーーーッと洗い流してくれた
スオメンリンナの青い空と白いカモメさんにはいまでも感謝してるよ。以前にも書いたけど
「ダーク・ツーリズムの後には明るい観光も必要」と痛感したのはこのスオメンリンナを歩いてた時で、
そういう意味でもここは忘れがたい場所なんだよ、イ課長にとっては。

 
 


by tohoiwanya | 2014-01-11 00:15 | 2012.06 東欧・北欧旅行 | Comments(6)
Commented by 加代子 at 2014-01-11 05:43 x
ヘルシンキは行った事がないけど
夏の晴れた日の海はストックホルムもオスロも
ヘルシンキも同じ感じかも。
白鳥の湖・・・って連想で レマン湖の白鳥は正統派。
白鳥が海で泳いでるって 思ってもみませんでした。
オスロフィヨルドも 沢山いますよ。
Commented by piki at 2014-01-11 21:48 x
こんにちは!

スオメンリンナ(覚えられないので、コピペしました)!
舟のチケット売り場で並んでいる時に、
どう考えても、飛行機の時間に間に合わないなと
思ってやめたのです。

なので、写真がみれて、嬉しいです。
次回いくとしても、乗り継ぎ旅行なので、
この島だけ見ることにしたいと思います。

本当にいい天気でしたね。
1年のうち、どのくらいの期間、良い気候なんでしょうか?

Commented by tohoiwanya at 2014-01-11 22:52
>夏の晴れた日の海はストックホルムもオスロもヘルシンキも同じ感じ

加代子さん:
私は北欧ってヘルシンキが初めてで、ストックホルムもオスロも行ったことがないんです。
北欧は私もトホ妻もいずれチャンと行きたい場所ということで認識が
一致しているので、いつか3カ国ゆっくりまわりたいと思ってます。
行くんだったら、6~7月あたりがいいでしょうねぇ。
行けるのは定年後かなぁ?

北欧はどこも物価が高いから、旅費をためておかないと・・(笑)。
Commented by tohoiwanya at 2014-01-11 23:10
>飛行機の時間に間に合わないなと思ってやめたのです

ぴきさん:
あらまぁ、それは残念でした。
ヘルシンキってきれいな街で、あちこち見どころもあるんだと思うんだけど、
私みたいに事前研究もロクにしていない観光客にとっちゃ
「船に乗って、スオメンリンナを見る」っていうのはなかなか達成感があった(笑)。
この日の天気は本当にカンドー的なくらいイイ天気で、一日中、空の青さに
感心し続けてた。私の個人的判断ではこの日は2012年におけるヘルシンキの
好天ベスト10の3位か4位くらいには入るんじゃないかと思う。

私も実はスオメンリンナはヘルシンキを発つ当日(つまり、この翌日)に
行こうかなと思ってたんですけど、もしそうしてたら雨に降られてた。
何となくこの日に行って、結果的には超大正解でした。
Commented by マダムKenwan at 2014-01-17 18:04 x
何日も前の記事にコメントで失礼します。
いや、あんまり綺麗なところで、良いお天気で
のどかでいいですね〜

海水浴の方もいらっしゃるけれど
水温はどのくらいなんでしょう?
結構冷たいんじゃないかしら?
Commented by tohoiwanya at 2014-01-18 23:39
>あんまり綺麗なところで、良いお天気でのどかでいいですね〜

マダムKenwanさん:
ここは本当にきれいなところで、さらにこの日が本当にいい天気で
もう半分夢見心地でさまよってましたね、この島を。
ポーランドのダークな観光からそのまま帰ってくるのと、ここをはさむのとじゃ
気分的に全然ちがったと思います。

好天とはいえ、まだ6月のフィンランドですから海水浴には早い時期。
水もそんなに温かくなかったはずで、このおじさん、ちょっと奇人なのかも(笑)。


<< インド出張で食ったもの ②      スオメンリンナ要塞をゆく その1 >>