2014年 05月 06日

ワット・トライミットの仏さま

先日、こんなネットニュースを見た。
タイから届いたのどかなニュースって感じなんだけど、これを読んで、イ課長は昨年末バンコク旅行で見た
ある仏さまのことを卒然と思い出し、思い出したら書きたくなった。

ご存知のようにタイって仏教国だし、バンコクには立派なワット(寺院)がたくさんある。
バンコク旅行すれば、大抵の人はまずワット・プラケオとか、ワット・ポーとか、絢爛豪華な寺院観光を
楽しむはずだ。いわばこれはバンコク観光の王道。

ところがイ課長はバンコクに2度行ってたけど寺院見学なんてしたことないんだよ。
最初は出張だったし、2度めは3泊という短期滞在で寺院よりもバンコク周辺地域の観光に忙しかった。
それにタイの寺院に特有の、赤やら金やらを多用したドハデな意匠にやや「食わず嫌い」という
ブブンがあったことも否定できない。

とはいえ昨年末の旅行で3度目のバンコクだ。さすがにちったぁ見ておくべきじゃないか?
というわけでイ課長もついにバンコク観光の王道、ワット観光を敢行しようって了見になったわけだ。

とはいえ、どこに行こうか?ガイドブックにはバンコク市内のいろんなお寺の案内が書かれている。
ホテルでそれを読んでるうちに、このワット・トライミットに行ってみようという気になった。
このお寺のご本尊にまつわるエピソードっていうのがやけに面白かったからだ。
そのエピソードを皆様にもご紹介してしんぜよう。

時は1953年。だからそうバカ昔の話じゃない。
バンコク市内のある廃寺を取り壊すことになって、安置されてた仏さまを移動しなきゃいけなくなった。
この仏さまっていうのがまた超ブサイクなお顔で、どのくらいブサイクだったかというと・・・
f0189467_23474296.jpg
まぁ・・・確かにやけにダンゴ鼻で、タラコ唇で、イケメンとは言い難い。
特に左のホッペタのオデキ?はいただけませんな。右のホッペにもキズらしきものがあるよね。
こんなブサイクな仏さまだから誰も欲しがらないけど、とにかく移動だけはしないといかん。

そこでクレーンで持ち上げようとした。ところがこれが異常に重いんだワ。
どうがんばっても持ち上がらず、逆にクレーンの方がブッ壊れちまうという始末。

折からひどい嵐で風雨も強まってきた。クレーンが壊れた上にこの天気じゃっていうんで、作業は中断。
クソ重くてブサイクな仏さまは風雨の中に置きっぱなしにされちまったというわけだ。
その辺の経緯が再現フィルムみたいなもので展示上映されてるってところがおかしい。
(画面ではこの後雨がふってきて、みんなが右往左往して逃げ惑うわけだ)
f0189467_23474264.jpg
さて翌朝。
雨もやんで、作業員が仏さまのところに行ってみると、昨日のひどい風雨で大仏の表面が一部壊れてる。
驚いたのは、その壊れたところから金色に輝くモノがのぞいていたことだ。まさかと思いつつ、大仏表面の
漆喰を取り除いてみたら、そこに現れたのはなぁーーーんと!
f0189467_23474102.jpg
まさに目もくらむばかりの黄金の仏さま。
あのブサイクな仏の中に、こんなスーパーウルトラありがたい黄金の仏さまが隠れておったとは!!

というわけで、かつてダサいブサイク仏だったものがアッという間にタイ中の信仰を集めるようになり、
今じゃワット・トライミットの黄金仏といやぁタイ人も外人観光客もワンサと集まる観光スポットだ。
お寺自体もこんな具合に立派な寺院が建てられ、黄金仏がありがたく安置されている。
f0189467_23474212.jpg
実はこのあとイ課長は船に乗って有名なワット・ポーなんかも見学したんだけど、ハッキリ言って
「黄金の仏様」っていうだけであれば、ワット・ポーにもごろごろいる。Goldっていうだけなら
有り難みも限定されるけど、ここの場合はやっぱり偶然発見された経緯の面白さが付加価値になってるよな。

まぁお顔にしても最初の漆喰製のアレに比べれば、鼻筋もスッと高くて、見違えるようなイケメンだ。
もっとも、日本の仏様を見慣れた目にはちょいとばかり軽薄っぽい顔に見えなくもないが(笑)。
f0189467_23474266.jpg
ところで、この黄金仏をあんなブサイクな漆喰製の顔にして隠していた理由は何なのか?
これ、作られたのは700〜800年くらい前らしくて、当時は隣国ビルマが時々タイに攻め込んでは
略奪の限りを尽くしていたから、それをのがれるためのカモフラージュでブサイクにしていたらしい。

純度60%の金で、その重量5.5トン、時価にして120億円の価値があるといわれているありがたい黄金仏。
天が導いたとしかいいようがない発見の経緯といい、その高価さといい、霊験あらたかなことは間違いない。
アナタもバンコクに行ったら、ワット・トライミットの有り難い黄金仏を拝んで旅の無事を祈りましょう。




[PR]

by tohoiwanya | 2014-05-06 00:00 | 2013.12 バンコク旅行 | Comments(6)
Commented by カプメイ at 2014-05-06 01:18 x
ごめんなさい。罰当たり覚悟で・・・
C-3POに見えちゃいました。
Commented by tohoiwanya at 2014-05-06 01:31
>C-3POに見えちゃいました

カプメイさん:
ははははははは! C-3POってアータ!!
さすがにそこには思い至らなかったなーー。しかしそういわれれば確かに似てる(笑)。

こういう金ぴか黄金仏って、いざその顔を写真に撮ろうとすると、周囲のものが
ぜんぶ顔に映り込んでピカピカ反射してるから、すごく撮りづらい。
どんな人相なのか、まぶしくてよくわかんないス(笑)。
Commented by てんこ at 2014-05-06 18:29 x
先日たまたま見つけたイ課長さんのブログ、楽しく読ませてもらってます
わたしは只今ウィーンに留学中なのですが、このブログを見てると旅行にいきたくなりますね〜
更新楽しみにしてます、というお話しでした。
Commented by tohoiwanya at 2014-05-06 22:07
>わたしは只今ウィーンに留学中なのですが

てんこさん:
初めまして。コメントありがとうございます。
ウィーンに留学中ということは、もしかすると音楽の勉強かな?
ウィーンにはまた行きたいんですけどねー、会社つとめの身じゃ海外旅行なんて
年に1度がせいぜい。かといって行きたくもないところに海外出張もイヤだし・・。
あちこち好きなスケジュールで旅に行けるように、早く定年になってほしい気分ですよ(笑)。
Commented by 加代子 at 2014-05-07 15:31 x
嘘のような本当の話なんですね(笑)
不細工でも前の仏像の方が キンキラ金の
軽薄仏像よりマシな気がしますが・・・・
Commented by tohoiwanya at 2014-05-08 01:28
>嘘のような本当の話なんですね(笑)

加代子さん:
いやまったく、私もガイドブックでこの話を読んで「ホントかよ?」と思ったくらい、
その偶然の発見ストーリーがおかしくて笑える。

ところで、このブサイクな方の仏像のお顔、誰かに似てる気がしません?
こんなような顔の俳優か誰かがいたような気がするんだけど、具体的には浮かんでこない。
でも誰かに似てる気がするんですよねぇ〜。それとも相撲取りの誰かに似てるのかな?(笑)


<< ホイアン・人情夜話      ロイヤルアルバートホールでカルメン >>