2014年 06月 10日

弊社オフィスが神田に移転

全国的に雨だったこの週末、イ課長勤務先オフィスの引越しが“気合いで”強行された。

これまで8年間、遠距離通勤に耐え続けたイ課長だが、今日からは神田通勤。
イ課長の場合、京王線から都営新宿線という極めてラクな乗り換え1回で、岩本町で降りればいい。
通勤時間は従来より30分短縮。なんと素晴らしいことであろうか。

これまで8年に及んだ新浦安通勤はツラかった・・・。
乗り換えの多さもクソ面倒だったし、片道で4種類の電車に乗るから定期も1枚じゃムリで
2枚持つ必要があった。自動改札機で出すべき定期を間違えたことも数えきれない。
だが、そんなストレスフルな通勤とも先週末でオサラバなのだ。あーうれしい。

とりあえず午前中は個人の荷物を片付け、デスク周りを再構築。
ランチタイムになれば神田でのメシ屋探しということになるわけだ。当然だが。

この辺って何せ歴史があるからねー。
落語でも神田堅大工町、神田多町、神田須田町、神田お玉が池なんていう地名が
けっこうよく出てくる。そういう場所に毎日通勤というのはちょいと嬉しいぜ。
初日に会社周辺をちょっとブラついてみただけで、いろいろ面白い発見がある。

おお。神田青果市場発祥の地とな。
昔は日本橋に魚市場(魚河岸)があり、神田のこの辺りに青果市場があった。
江戸時代には青果取引の中心地だったのである。
f0189467_14273915.jpg
 
へ~え・・と思いながら、その辺りから神田駅方向を眺めたらすさまじくボロい家があった。
近づいてみると・・・

な、なんと、ミルクホールときた!
神田にそういうのがあるっていう話は知ってたけど、ここにあったんだ。
ミルクホールというノレンを掲げながら、なぜか中はラーメン屋(笑)。
結局、神田勤務初日の昼メシはこのミルクホールのラーメンだったのである。
f0189467_14274020.jpg
 
これがそのミルクホールのラーメン。590円。
「ラーメン」というより「中華そば」、できればもっと古めかしく「支那そば」と呼びたい一品。
細麺で美味しかった。
f0189467_14273984.jpg
 
しかしこのミルクホールの建物のボロさときたら、ちょっとしたもんだ。
読んだ話だと、この辺って関東大震災後に建てられた復興住宅がけっこう残ってるらしくて、
このミルクホールも戦争で焼けずに残ってる復興住宅なんだろうなぁ。
f0189467_14274060.jpg
 
ラーメン食って会社に戻る途中、こんな看板も発見した。
すっげー、天保七年だってよ。
f0189467_15053713.jpg
 
実は「千両みかん」っていう有名な落語に神田須田町の「江戸で一番」の果実問屋が出てくるんだよね。
万惣っていう店で、噺家によってはそれを万屋惣衛門と言うこともある。

この万屋惣衛門、略して万惣。驚くべきことに実在の店で、つい数年前まで須田町交差点にビルを構えてた。
耐震性の問題でビル建て替えの必要に迫られてやむなく廃業して、今日行ってみたらそこはもう
取り壊されて、ホテルを建てる予定という張り紙がしてあった。ことほどさように、神田って街は
江戸落語の名残りが単に言い伝えとしてではなく、事実として残ってる街なのだ。

上に載せた万彦さんも、おそらく万惣と同じ頃からこの界隈で果実問屋として商売してたんだろう。
なにせホレ、最初に書いたようにこの辺には江戸最大の青果市場があったわけだからね。

というわけで、今日からイ課長の勤務地となる神田近辺の初日のランチ散策でした。
神田周辺なら、新浦安よりはずっと面白そうな散歩ができるのは間違いない。
今後、もし旅行ネタが枯渇しそうになるなんて事態になったら、神田ネタを投入するか(笑)。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2014-06-10 00:01 | 日本でのオシゴト | Comments(12)
Commented by あくの at 2014-06-10 00:10 x
こちらはお久しぶりです。
万惣は三回だけお邪魔しました。ホットケーキが見事でしたよ。
あのあたりは藪蕎麦行ってちょっとうろついて万惣でデザートというコースを観光に組み入れてました。
ええ、愛読書に池波正太郎が多数あるのです、私。
Commented by tohoiwanya at 2014-06-10 17:08
>万惣は三回だけお邪魔しました

あくのさん:
おお、行ったことあるんだ。しかも3回。
万惣フルーツパーラーは誰に聞いても「ホットケーキが最高」っていうんですよねー。
江戸時代から続く果物問屋だったのに・・・(笑)。
池波正太郎、私は読んだことないんだけど、ファンにとっちゃ
あの辺は散歩しがいがあるでしょうねぇ。蕎麦屋とかあんこう鍋屋とか、
昔ながらの名店があちこちにある。
Commented by piki at 2014-06-11 08:26 x
イ課長さん、長い間、お疲れ様でした。 私も、遠距離通勤。 朝は、5時半におきるので、疲労がたまります。 神田界隈は、古い江戸や昭和の雰囲気が残るところで、これからも新しい発見がありそうですね。 防災対策で、こういったラーメン屋さんがなくなっていく前に、どんどんブログに記録していってください~
Commented by tohoiwanya at 2014-06-11 10:29
>朝は、5時半におきるので、疲労がたまります

ぴきさん:
ごっ、ごじはんですか!それは大変。
ウチの会社はフレックスで、私は当初は9時半出社にしてたんだけど、
途中からイヤになって10時出社に変更した。
神田だと同じ電車に乗って、同じように降りた駅で朝メシを食って、会社には
ぴったり9時半に着きますな。また9時半に戻そうかなぁ?
 
ウチの会社の近くには「あんこう鍋屋」」だの「鳥すきやき屋」だの、
特に冬にそそられる店が多いみたいなんですよねーーー。楽しみだ。
Commented by マダムKenwan at 2014-06-12 05:18 x
わぁ〜、神田、楽しそうですね!
ラーメン、というか確かに「支那そば」って感じです、とっても美味しそう。「孤独のグルメ」みたいです〜
Commented by tohoiwanya at 2014-06-12 15:33
>神田、楽しそうですね!

マダムKenwanさん:
何せ以前が超人工都市・新浦安でしたからねぇ。
神田のちょっと裏に入ると老舗っぽい古い日本家屋がけっこうあるんでビックリ。
「あんこう鍋屋」「鳥すきやき屋」「しるこ屋」「ふぐ屋」なんていう店がゴチャッと
固まった一角があるんですよ。あの辺ももしかすると戦災で焼けなかった一帯
なのかもしれません。個人的には特に「鳥すきやき」に興味があって、冬になったら
行ってみようかな。
Commented by Bきゅう at 2014-06-13 21:07 x
Bきゅうも、剣客商売や鬼平を読み申した。拙者、他国修行中なればゆえ、江戸の暮らしが懐かしく思うのでござる。お手前においては、千葉先生のご道場にも近いお屋敷でのご奉公にお励みいたすとの由、真に感魂いたす所存にて候。
Commented by tohoiwanya at 2014-06-13 23:09
>剣客商売や鬼平を読み申した

Bきゅうさん:
な、何と、ご貴殿は池波正太郎ファンでござったか。
みども、浅学非才ゆえ剣客商売や鬼平犯科帳などは読んでおらず、
もっぱら古典落語方面からの知識でござったが、いやさすがはBきゅう殿でござる。
神田須田町、拙者の奉公先からちょっと歩いたあたりは食通で鳴らした
池波正太郎ゆかりの蕎麦屋、汁粉屋、あんこう鍋屋などが軒を連ねる一角もござる。
いずれこのブログにて仔細に紹介させていただこうではござらぬか。
 
Commented by うい at 2014-06-15 17:08 x
わぁぁ、懐かしい〜。
学生時代・新入社員時代と入り浸ってた界隈です。
今はすっかり足が遠のいてしまいましたが、雑誌やなんかを見るにつけ、どんどん開発されてお店が淘汰されてつつある様子が伺えて、寂しく思っていました。
これからの神田ニュースを楽しみにしています!
Commented by tohoiwanya at 2014-06-15 23:22
>学生時代・新入社員時代と入り浸ってた界隈です

ういさん:
ういって、うい坊か?久しぶりだねぇ。

むかし、小伝馬町に勤めてた時代は神田駅周辺もときどき来たけど、
靖国通りのあたりまで来ることはなかったから、非常に新鮮だ。
ちょうど神田と秋葉原の間くらいに会社があるから、北にちょっと歩けば万世橋から秋葉原。
西にちょっと行けば池波正太郎の世界がまだ残ってるし、南に歩けば
神田駅周辺大飲み屋街があるし、昼飯のときに街を歩き回るのが楽しい。
そのうちまた神田ネタ書こう。
Commented by うい at 2014-06-17 22:14 x
もう「坊」と言われる年齢でもなくなっちゃいましたが(笑)

小伝馬町にいらした事もあるんですか。
いいな〜〜羨ましい!!

私は卒論ネタが神田明神等だった関係もあって、氏子さんが集まるその付近をウ〜ロウロしていました。
いわんやさんに出会うきっかけを作ってくれたpoyoさんと知り合ったのも馬喰町・岩本町付近なんですよ。

あー、私も小伝馬町や神田秋葉原付近でお勤めしたかったなー。いいな〜!!
羨ましすぎるので、神田ネタ早めにお願いします(笑)
Commented by tohoiwanya at 2014-06-18 00:42
>小伝馬町にいらした事もあるんですか。いいな〜〜羨ましい!!

ういさん:
あの当時は今ほど落語趣味もなくて「シケた町だぜ」とか思ってたけど、
小伝馬町も歴史散歩にはコト欠かない場所だ。人形町の方に歩いて行くと
「粋な黒塀見越しの松」で有名な源冶店跡の石碑とか、落語の富くじでよく出てくる
椙森神社とか、今思えば面白そうなところを日常的によく歩いてたんだよなー。

今やイ課長もすっかり「落語ジジイ」だから、神田勤務はなかなか楽しいよ。
次の神田ネタは実はある事情があって、もう写真も揃っててほぼ出来てる(笑)。
近々アップするから待っとり。


<< サイゴン・ベンタイン市場      ベトナム人たちが座るイス >>