2014年 06月 12日

サイゴン・ベンタイン市場

あの朝の話の続き。
しかしまぁよく話が飛ぶブログやな。少しは旅の順序どおりに書こうという了見にならんのか?
(↑どうしてもならないんだな、これが)

さて、内なる声の命ずるまま、戦争証跡博物館に行くのをやめたイ課長はサイゴンでまずドコへ行ったか?
それはベンタイン市場というところなのである。
ここは何しろホテルから徒歩1分で行ける近さだから観光のウォーミング・アップとしては
ちょうどいい。バイクひしめく広い道を渡らなくても行けるし(この時点ではまだ慣れてなかった)。

ウォーミング・アップといっても、ベンタイン市場といやぁ、サイゴンの立派な観光名所の一つ。
街の中心にある、すごく大きな市場で、食料から雑貨からあらゆるものを扱っている。
土産物を買うためにここを訪れる観光客も多い(らしい)。
f0189467_12105653.jpg
 
とりあえず中に入ってみよう。
イ課長もそうだったけど、普通の外人旅行者ならベンタイン市場に入るときはロータリーに面した
中央入口から入るはずだ。そうするとそこは雑貨ゾーンになってて、靴屋やカバン屋が
ズラーッと並んでいる。最もガイジンが歩きやすいところに土産物系雑貨店を集めてるあたり、
ちゃんと考えてるねー。
f0189467_12105640.jpg
  
しかしブダペスト中央市場でもそうだったように、イ課長は衣料・雑貨系には関心が薄い。
やっぱ食品ですよ、食い物ですよ。どこの外国でも食い物系市場は見てて飽きない。
ベンタイン市場でも食い物売り場を探してさらなる深奥に分け入る。

お?果物屋発見。いよいよ食い物ゾーンにさしかかってきたようだ。
名称のわからない巨大果物がヤマと積まれてる光景は南国ならではだよねー。
f0189467_12105672.jpg
 
生鮮食品は市場の中というより、外側外縁部に広がってるようだ。
いやーこういう光景を見ると本能的に嬉しくなってしまうイ課長なのである。
f0189467_12105694.jpg
 
肉屋。冷蔵設備なし、いわば露天陳列。
台北でもこんな光景見た記憶があるから、アジアでは珍しくない光景なのである。
f0189467_12105638.jpg
 
こっちも肉屋。一番奥にダラーンと吊るしてあるモノは何かの動物だと思われるが、なんだろう?
トリでないことは確かだから、ブタか?ウシか?
f0189467_12142799.jpg
 
魚屋も面白いねー。ウネウネ動いてる魚を売ってる。
でもね、イ課長がコドモの頃の東京の魚屋ってけっこうこれに近いものがあった。切り身が冷蔵設備に
陳列されてるんじゃなく、マル一匹の魚が夏でも板の上に並べられて、時々バシャッと水かけられたり。
“商品”のヒレがヒクヒク動いてるなんていう光景、よくあったもんなぁ。
f0189467_12105668.jpg
 
f0189467_12165368.jpg
 
イ課長くらいの年代のオヤジ・オバジがベンタイン市場の「この感じ」からうける印象は、たぶん
若い日本人のソレとはかなり違うんだろうなぁ。とにかく歩いてて楽しい。

ウォーミング・アップで入ったベンタイン市場だったけど、おかげでだいぶアジアの旅気分が盛り上がってきた。
前年の10月に行ったインド出張では「アジアの混沌の中を気ままに歩く」ことがほとんど出来ずに
激しい欲求不満だったが、今やイ課長はいくらでも混沌の中を歩けるのだ。急速に嬉しくなってきたぞ。

よし市場だ。
また市場に行こう。サイゴンの市場なら「アジアの混沌を歩く」という欲望を満足させてくれるに違いない。
サイゴン近郊にはもう一つ有名な市場がある。この際、そこに行こうじゃねぇか。

無計画だったサイゴン初日の行動計画。
ベンタイン市場見学で“エンジンが暖まって”気分が乗ってきたイ課長は新たな訪問先に向かうべく、
バイクにぶつからなようにビクビクしながら広い道路を横断してバスターミナルを目指したのであった。


 
[PR]

by tohoiwanya | 2014-06-12 00:24 | 2013.06 ベトナム・タイ旅行 | Comments(4)
Commented by May at 2014-06-12 01:59 x
白っぽい吊るしてるブツは一番右が豚の皮(Da Lon:ザーロン)でその横が牛の腸かなぁ。
皮のほうは細長く切って油で揚げたり 茹でた後天日で干して生春巻きの具に良く使われてます。
ベトナムのオバちゃんたちが皺も無くぴちぴちのお肌なのは豚のコラーゲン大量摂取してるからなんだろうなぁと行くたびに思う。

Commented by tohoiwanya at 2014-06-12 15:41
>一番右が豚の皮(Da Lon:ザーロン)でその横が牛の腸かなぁ

Mayさん:
あれ、ブタかね。中の肉は当然として、あの皮をしっかり食うわけだ。
ベトナムのおばちゃんの肌ツヤがいいのは豚コラーゲンの効果と、あとやっぱ
化粧っ気が薄いっていうのがお肌にいいのかも。あ、あと重要な要素としては
湿気だな。ハノイから日本に戻ってきた女性が日本の冬がいかに乾燥してて、
いかに肌がガビガビになるかって書いてた。
ブタ、メークしない(薄い)、湿気。これが美人国ベトナムのキーポイントに違いない(←テキトー)。
しかしメーはけっこう何度も行ってる様子だけあって、ベトナム詳しいねぇ。
Commented by カプメイ at 2014-06-12 21:59 x
市場、いいですよね~~。
その国を知るには、その胃袋を知るべし!って感じ。
たぶん同じ世代だと思うのですが、闇市の雰囲気残る日本のマーケットでも、こんな感じがまだ残ってましたよね。
楽しい。楽しい。
Commented by tohoiwanya at 2014-06-13 23:03
>市場、いいですよね~~

カプメイさん:
市場、特に食い物系市場はもうホント面白いですねぇ。
個人的には土産物屋なんかに行くよりよっぽど面白い。
たぶん似たような年代だと思いますど(笑)、私がガキの頃の
秋葉原電気街とかアメ横なんかはベンタイン市場と大差なかったですからね。
イマの人が見れば「うわぁエキゾチック〜」と思うのかもしれないけど、
私なんかにすれば「うわぁ懐かしい〜」っていう感じがちょっとある。


<< サイゴン市バス・ナゾのお釣り硬貨      弊社オフィスが神田に移転 >>