2014年 07月 18日

死都・ゲント

蒸し暑くなってきましたなー。
こんな時こそ、寒々しいゲントの写真をたっぷりご覧いただこう。

今日の標題「死都」というのは、2009年の出張でイ課長が半日観光したブリュージュの、いわばまぁ
枕詞であって、ゲントが死都と称されることはないはずだ。

しかしイ課長が行った日のゲントは真冬の2月、しかも雪の日。
とにかく呆れるくらいヒトがいなくて、あの時撮った写真をいま改めて見ても、人影のなさに驚く。
まるで街中の人が消滅しちまったみたいで、しかも雪景色。寂寥感という点じゃ最高の演出効果だったわけ。
アレはアレでなかなか不思議な体験だったから「死都」という標題にさせていただいた。

ゲントって中世の面影を残す古都で、決定的撮影スポットのひとつは運河ごしに見た旧市街。
グラン・プラスのギルドハウスに似たギザギザファサードが連なる向こうにそびえ立つ高い時計台は
ゲント観光案内なんかでもよく使われるショットだ。
f0189467_20093946.jpg
 
うーん・・・キレイだ。キレイだが、人影ゼロ。おまけに寒い。
中世に黒死病か何で住民が全員死に絶え、街だけがそのまま残ったなんて例があったとすれば、
ちょうどこんな感じになるのだろうか。タトエが不謹慎で申し訳ないが。

この運河を中心としたあたりがゲント観光の中心のはずで、たしかに風景は美しい。
このキレイな風景が白く雪化粧した状態で見られるというのはある意味非常にラッキーだったといえるし
普段なら観光客で賑わってるはずの運河沿いがこんなにすいてて、ちょいと幻想的に見えるっていうのも
ラッキーだったといえるかもしれない。
f0189467_20093907.jpg
f0189467_20125460.jpg
 
しかしいくら何でも人いなさすぎ、寒すぎ。こんな日に観光してるイ課長、可哀想すぎ(笑)。
こういう天候じゃ「きれいだなぁ」という感想より「こんな雪の日に何だってオレは・・・」というグチが
出てきてしまうのは致し方ないところだ。

Ticketって表示があるから、ここはかつて運河遊覧船乗り場だったのか・・・いや、今でもそうなんだろうけど
もうすっかり「住む者もない廃墟」を歩いてる気分になってきた(笑)。
f0189467_20093905.jpg
 
まぁしょうがない。とりあえずザッと街をまわってみよう。誰もいないけど。

中世から続く歴史を誇る街だけあって、こんな古いお城がある。
フランドル伯の城とか何とかいうらしいけど、寒いから詳しいことはよくわからない。
f0189467_20093993.jpg
 
歩いてたら市場もあった。おそらく昔から残ってる由緒あるものなんだろう。
f0189467_20093922.jpg
 
内部はぶっとい木で柱や梁が作られている。
外側は明らかにレンガ(石?)造りだったけど、内部だけ見ると木造建築みたいだ。今は市場じゃなく
飲食施設が集められてるけど、この天気だから客も入らんわなぁ。
f0189467_20093959.jpg
 
ゲント中心部には大きな教会がいくつもある。避寒も兼ねてその一つに入ってみた。
教会内部もとても「暖かい」とは言えないけど、外にいるよりは多少はマシだ。
なかなか立派な教会ではないか。暖をとらせていただいたお礼に毎度おなじみロウソク寄付。
しかし教会の中もだーーーーれもいません。
f0189467_20144742.jpg
  
しばらく休んで、再びクソ寒い屋外に出る。ああ寒い、勘弁してくれ。
ちなみに、この日のイ課長の格好というのはこんなスタイルだったのである。
欧州出張中のビジネスマンには見えんわなぁ(笑)。
f0189467_20093923.jpg
 
しかしホントは出張中の身なのだ。初日の半日観光で風邪ひくわけにもいかないのだ。
歩き疲れたことでもあるし、そろそろ屋内観光に切り替えるか。
ゲントの屋内で見るべきもの。世界的に有名なものが一つある。イ課長もそれはぜひ見ておきたかった。
さっそくソレを見に行こうではないか。というわけで次回に続くのである。


  
[PR]

by tohoiwanya | 2014-07-18 00:07 | 2013.02 欧州出張 | Comments(4)
Commented by カプメイ at 2014-07-19 23:37 x
北ヨーロッパの冬って、日は短いし、寒くて寒くて寒くて、暗くて暗くて暗くて、陰鬱なんですよね。
チケットが安いんで、昔何度か2月頃に行きましたが、昼間はな~~~~にもしないで、どこにも行かないで、夜活動してました。(音楽会とか)
冬のヨーロッパはクリスマスとカーニバル以外は正に「死都」でいいと思います。

Commented by tohoiwanya at 2014-07-20 01:20
>日は短いし、寒くて寒くて寒くて、暗くて暗くて暗くて

カプメイさん:
そうですよねぇ。私の欧州出張って年内であれば10月とか11月、
年明けで2月とか3月なんてこともありましたから、根本的に観光に向いてなくて、
仕事が終る頃にはもうすっかり真っ暗で、オペラとかのお楽しみがないと
ホテルでビール飲んで自堕落にゴロゴロするしかない(笑)。
だから今回みたいにたまたま昼間フリーな日があると、どんなに寒くても
貧乏根性丸出しで観光しちゃうんですよねぇ。
Commented by hanatomo31 at 2014-07-20 04:35
ええー、イ課長さんこんなに薄着なんですか?!
コートがいくらなんでも2月仕様としてはさむずぎですよぉ。
いかに寒い観光だったかお察しします…!
Commented by tohoiwanya at 2014-07-21 21:28
>コートがいくらなんでも2月仕様としてはさむずぎですよぉ

ハナトモさん:
このコート、欧州出張には必ず持って行くヤツで、雨や雪が降ってもフードがあるから
傘がいらないし、実は内側に防寒用のライナー(それも袖つき)が入るようになってるから
厳冬期の欧州でもけっこう何とかなる。
もちろん、この時もライナー付きで着てました。ライナーなしの薄っぺらコートだけだったら
凍死してましたな。


<< ゲントの祭壇画 -神秘の子羊-      ゲントの市電 >>