2014年 10月 29日

バンコク、タニヤ、カラオケ その2

今回、タニヤのカラオケに一人で行った理由として、前回書いた悪しき記憶の存在はもちろん大きい。
タイ美人と楽しい会話に花を咲かせ、「オレもちったぁコナレた男になった」と思いたかったのは確かだ。

もう一つの理由はやっぱりあの絵本プロジェクトだな。
あれから10年。あの絵本を読んだ子供が大人になって、バンコクにいるかもしれない・・といっても
「あなたはいくつ?どこの出身?」なんてことを見ず知らずのタイの若者に聞くわけにもいかない。
少しは落ち着いた状況で、少しは会話の通じる相手と話をしないといかん。

タニヤのカラオケで働く女性たちは業務上の必要もあって、必ず日本語を少し話せる。
何らかの方法で日本語を勉強した経験があるはずだ。そのきっかけが子供の頃読んだ絵本・・・
なーんて偶然はあり得ないだろうけど、日本語学習のきっかけやどんな本で勉強したか、なんて話は
ぜひ聞いてみたかった。タニヤならそういう話を日本語でできるのだ。そんな場所、たぶん他にない。

そこでバンコク滞在二日目の夜、懐かしいタニヤ通りに行ってみましたですよ。
昔に比べると斜陽ぎみらしいけど、それでも相変わらず日本語の看板だらけの、実に不思議な通りだ。
f0189467_23214526.jpg
 
さてタニヤに来たはいいが、どこの店がいいのか悪いのかトンと見当がつかない。
日本のカラオケボックスみたいに「1時間いくら方式」なのかどうかすらさっぱりわからない。
まぁこんな風に歩いてれば声かけられるだろうと思っていたら、たちまち声をかけられた。

あなたカラオケどうぞカラオケ。いちじかん600バーツ、ビールのみほうだい
「1時間600バーツで飲み放題?600バーツだけ?」

ふーむ、600バーツっつうたら約1800円。
日本のカラオケボックスの1時間料金よりはずっと高いが、ビール飲み放題+お姉さま接客付きだからね。
二人くらいから声をかけられたけど「1時間600バーツ&ビールのみ放題」というのは共通してたから
どうやらこれが「タニヤ相場」らしい。そうと分かれば、ドコの店でもいいわけだが・・

ある店の前ですごく熱心に呼び止められた。ママさんと小柄な若い女性の二人がかり。
600バーツ、のみほうだい、はいどうぞ、いらっしゃいどうぞ
「う・・・あ・・・(まぁこの店でいいか思ったから、あまり抵抗しない)」
エレベーターで上の階に連れて行かれると、店内にお客さんは全然いなくて店はガラすき。
これじゃ呼び込みにも熱がはいるわなぁ。

入り口近くのソファー席にお姉さまたちがズラーっと座ってる。10人くらいいたかな?
ママさんが彼女たちを指して「はーい、だれがいいですかー?」と聞いてきた。え?
この中から誰かひとり選べってことですか?!ぎええーーーこういう状況、苦手っす。

17年前は選ぶもナニもないままブンさんが隣に来たけど、今はそういう選択方式なの?
しかし誰を選ぶにせよ、それ以外の女性は全員落選させるってことだろ?すげー選びづらい。
まぁとりあえずこっちは歌を唄いたいわけではない。話をしたいのだ。そこで聞いてみた。
「えーと・・あの・・この中で日本語を話せる人は?」

ママさんが「はいにほんごしゃべれるひとーーー」と聞くと
と全員が元気よく手をあげる。
そ、そうだよな。ここはタニヤだもんな。我ながら愚問の至りであった。

しょうがない。とにかく誰か一人チョイスせねば。
お姉さまたちは揃いの制服を着てたんだけど、中で一人だけ私服のコがいた。
さっきママさんと一緒に下でイ課長を呼び込んだ小柄な女性だ。このコにするか。
「さっき下で会ったから」というのは他の女性全員を落選させる理由として穏当なものだろうし。

「じゃ、あの・・さっき下で会った彼女を・・」と言った。
ママさんが「はーーい。さかなちゃん(仮名)でーーす」と宣言すると残ったお姉さまがたが一斉に拍手。
あの・・ですから・・・こういう状況、苦手なんスが・・。

ここからイ課長とさかなちゃん(仮名)との1時間が始まるわけだが、
お長くなったので続きはまた次回・・すまぬ。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2014-10-29 00:13 | 2013.06 ベトナム・タイ旅行 | Comments(4)
Commented by けみみ at 2014-10-29 03:14 x
さかなちゃんて…仮名だとしてももうちょっとないのか。
Commented by tohoiwanya at 2014-10-29 12:39
>仮名だとしてももうちょっとないのか

けみみさん:
ないの。次回更新で書くけど、彼女は本当にある水棲生物の名称を
タイ語の源氏名に使い、その和訳(当然それも水棲生物)を日本語の
あだ名にしてるのだ。事実に即して書いているのである。
Commented by Bきゅう at 2014-10-29 20:38 x
女の子をチョイスって、なんか危ない展開に思えますが、いーんかいな。
ぜんぜん、カラオケっぽくない展開ですう。
Commented by tohoiwanya at 2014-10-30 00:41
>なんか危ない展開に思えますが、いーんかいな

Bきゅうさん:
大丈夫です(笑)。女子チョイスは私もちょっとビビッたけど
この後はひたすらお話しただけ。歌は全然唄わなかったから、そういう意味では
確かにカラオケらしくない展開ではあるんですが。


<< バンコク、タニヤ、カラオケ その3      バンコク、タニヤ、カラオケ その1 >>