2014年 10月 31日

バンコク、タニヤ、カラオケ その3

さかなちゃん(仮名)とイ課長は店の一番奥のソファー席に移動した。
テーブルにはビールがつがれたコップが置かれ、おつまみのカッパえびせんの小皿が置かれる。
イ課長が不得意とする接客ご婦人との一対一の1時間が始まるのである。
f0189467_23433423.jpg
  
「さかなちゃん」っていうのはあだ名だろうから、とりあえずまず名前を聞くか。

さかなちゃんっていうのはアダ名でしょ?お名前はなんていうの?
ぷらー
え?・・ぷらぁ?
そう、ぷらー。さかなちゃん

ふーむ、「プラー」というのがタイ語の源氏名で、「さかな」が日本語の源氏名ってことか?
ってことは、このコのことは「プラーさん」と呼べばいいのか?
・・・あ!!そうか!頭の中でヒラメキ電球が光った。

もしかしてさかなちゃん・・プラーさんのプラーって・・・ナンプラー(魚醤)のプラー?!
そぉ〜、プラー、さかなちゃん、よろしく

実際、彼女の源氏名はある水棲生物のタイ語で、上の会話と全く同じようなやりとりがあった。
だが、この記事では仮名のプラーさんで通させていただく。

「ビジネスか?ホリデイか?」「何日滞在する?」「バンコクのどこを観光した?」みたいな
おきまりの会話が進んで多少打ち解けたところでイ課長はさっそく肝心な質問をしてみた。

ところでプラーさんって、お年はいくつ?
さんじゅう

これはその後の経験でも思ったことなんだけど、タイの女性って自分の年齢とかをあまり隠さない。
こういう商売だとサバを読むこともありがちって気がするけど、あっけらかんと本当の年齢を言う。
「いくつに見える?うふ」とかモッタイぶらないところは非常に好感が持てると思うんだよ。
30とすると10年前はハタチ・・・もう絵本読む年齢じゃないか・・と思いつつ、なおも質問を続けた。

プラーさん、生まれたのはどこ?
わたし? 

ギクッ!!まさか「パヤオ」?!ついにあり得ないような偶然が起きるのか?

・・タヤ

あーーびっくりした・・・パタヤね(ぜいぜい)。パタヤといえばバンコクから近い海浜リゾート地。
そこの出身なんだ。ガッカリしたようなホッとしたような気分でさらに重要な質問を続ける。

プラーさん、すごく日本語上手だけど、学校で習ったの?
ううん、ほんとは えいごのほうが とくい
じゃ、日本語はどうやって・・・本で勉強したとか?
ううん、しーでぃーでべんきょうした

おおおおなるほどCDとな。タイ人向けの日本語学習用CDなんかがあるわけだ。
子供が日本語に接するキッカケは絵本ってこともアリだろうけど、大人がちゃんと覚えようと思えば
CDを使って一人で練習する時代なわけだ。なーるほど、勉強になるなぁ。

彼女にとっては面白い話題じゃないと知りつつ、イ課長が昔タイのパヤオに絵本を送ったって話をした。
プラーさんが特に感銘をうけた様子はなかった(笑)。ヘンな話するつまらない客と思ったはずだ。
この辺、1996年からぜんぜん進歩がみられない。
f0189467_23365093.jpg
 
もしかすると「ウチの店の○○ちゃんパヤオ出身よ、会ってみる?」なんて偶然があるかな?と思ったけど、
実際にはそんなこともなかった。ま、世の中こんなもんヨ。

ビールを何杯かお代わりしつつ、この後もプラーさんとの会話は続く。
いろいろ考えさせられる話も多かったから、もう1回だけこのネタで続けさせちくり。


 
[PR]

by tohoiwanya | 2014-10-31 00:01 | 2013.06 ベトナム・タイ旅行 | Comments(4)
Commented by けみみ at 2014-10-31 10:54 x
ある意味変質者だよな。
本来ならニッポンジンのオッサンがカラオケに来て用意された女の人と飲んだりして、「ねえねえホテル行こうよ」「日本人て本当にスケベだね」とか言うのがよくある流れなんでねーの?
それが何このオッサンの下心ったら。何言い出すかと思ったら「俺の贈った絵本読んだかも?」って。
もしカラオケを装った接待の店だとしたら「帰れアホッ」だな。
Commented by tohoiwanya at 2014-10-31 13:22
>ある意味変質者だよな

けみみさん:
う、うるせぇ。そういう自分だって「シェルパの苦悩」に関しちゃ立派な関係者だろ(笑)。
しかしまぁ、17年前は「話のつまらない客」と思われただろうけど、
今回プラーさんからは「ヘンな客」と思われた可能性は極めて高いよな。
「何か歌って」って催促されても全然歌わないし。
「ぜんぜん歌、うたわないの、あなただけよ」って怒られた(笑)。
Commented by Bきゅう at 2014-10-31 22:21 x
かっぱえせん、、Bきゅうが高校生のときに、ツアーの添乗員さんたちに付いて行ったクラブでも出ていた。ロングヒットおつまみですねえ。。。カラオケ、もしかして一曲、カラオケするのにかなりお金入れる店だったのでは(彼女の稼ぎになるとか)?
Commented by tohoiwanya at 2014-11-01 00:51
>高校生のときに、ツアーの添乗員さんたちに付いて行ったクラブでも

Bきゅうさん:
ねぇ、ちょっと・・高校生のとき大人にくっついてクラブ行ったんスか?
Bきゅうさん、あーたもしかして、高校の頃って・・・不良?(笑)

カラオケは唄ってもタダみたいです。その代わり、接客についてくれた
ご婦人が「あたしもドリンクいい?」って言われて「いいよ」っていうと、
そのご婦人ドリンク代は別料金で「飲み放題」には含まれない。
あれは彼女たちの収入になるんじゃないかな?


<< バンコク、タニヤ、カラオケ その4      バンコク、タニヤ、カラオケ その2 >>