2014年 12月 08日

ハノイのCOM食堂

変テコリンなバンコクネタから、うって変わってのどかで平和なハノイネタ。

COM食堂なんて言葉は実際にはない。イ課長の造語である。
要するに「メシ屋」ってことで、いわゆる「定食屋」にかなり近いと思っていい。
f0189467_00111077.jpg
 
ベトナムでは COM と書かれた看板があれば、それは「米=ごはん」のことで、そういう店では
客が好きなオカズを選び、それにご飯がたっぷりつくというシステムらしい。日本にもそういう店
あるよね。それにしてもアジアにおいて最も重要な作物がコメとCOM という、ほぼ共通の発音で
あることにイ課長は感動するよ。何か共通要因があるのか、偶然なのか・・・?

ハノイの晩飯はそんなCOM食堂に行ってみたかった。昼は麺類が多かったからね。
ガイドブックによると、ホテルの近くに「昔ながらのレトロな気分を味わえる食堂街」があると
書いてあるから、そこに行けばCOM食堂があるだろう。

うーむ・・確かにレトロな雰囲気。
しかしご存知のようにイ課長は高級レストランより断然こういう雰囲気の方が好きなのだ。
問題はどの店がナニを食わせる店か全然わからないことだ。COMという看板を探して歩く。
f0189467_00111163.jpg
 
お、あったぞCOM。おっしゃー、もうここに入っちゃえ。
おばちゃんが一人で切り盛りしてる店のようで、入り口のガラスケースには何種類かのオカズが
皿に盛られている。時間が少し遅かったせいかオカズの種類は5~6種類ほどで、店も空いてる。
さて、どのオカズにすればいいのやら・・・。

とりあえず焼き魚の油漬け?みたいなものと、生揚げを選んだ。あとビールね。
奥の席について待ってるとまず頼んだオカズが、次に山盛りのゴハンが運ばれて来る。
この生揚げ、これだけじゃ味がないから、たぶんこの醤油(ヌクマム?)につけて食うんだろうな。
小皿のオカズ2品とメシだけって、さすがに清貧すぎるかな?(笑) しかしメシはすごい大盛り。
f0189467_00111816.jpg
 
向こうで地元のニイちゃんがやはり一人でメシを食い始めた。
ベトナム人、もちろん箸も普通に使えるんだけど、こういうドンブリ飯を食うときは左手のスプーンで
ワシワシ食ってる。イ課長はメシは右手の箸でチマチマ食うわけで、同じ「アジア米食い民族」でも
こういうちょっとした作法に違いがあるのが面白い。
f0189467_00110493.jpg
  
お会計すると全部で8.5万ドン。約430円。ビール代含んでコレなわけだから、おそらくメシ代だけなら
200円くらいだったのではないかと思われる。安い。

帰り際に店のおばちゃんと、その孫の写真を撮らせていただいた。
この子、最初はびっくりしてたようだけど、実はガイジン旅行者に興味シンシン。かっわいいねー。
おばちゃんにとっては目に入れても痛くない孫なんだろう。
f0189467_00110430.jpg
 
翌日もまた同じCOM食堂に行った。
客の顔を覚えることに関しては天才的なベトナム人、おばちゃんも当然イ課長のことを覚えてて、
「また魚にする?」って昨日食ったおかずを指さす。食ったものまで覚えてるんだ。すごい。
昨日のよりおかずは1品多くして、さらにわかめスープも注文。昨夜の「清貧の食卓」よりはだいぶ豪華になった(笑)。
(右上の魚、食いかけの姿でスマヌ)
f0189467_00111897.jpg
 
この夜はおばちゃんの家族が来てた。昨日の孫と、その両親(たぶん娘夫婦)じゃないかな?
おばちゃんが「あのガイジンさん昨日も来て、あたしとこの子の写真撮ってくれたんだよ」とかなんとか
言ったんだろうな。みんながイ課長を見てニコニコしたり子供に手ぇ振らせたりして、最初っから友好ムード。
短い滞在中なのにこうして顔見知りが出来ることが、ベトナムではすでに自然な成り行きになってる。

よし、メシ食い終わったら、この食堂一家の写真を撮らせてもらおう。
ハノイの庶民ファミリーの幸福なスナップ。きっといい写真になるぞーーー。

ところがメシ食ってる最中に娘一家は赤ん坊を連れて帰ってしまった。
最後にバイバーイって挨拶したけど、こっちはまだモグモグしてる状態で、写真どころじゃない。
あーん写真取り損ねたよー。残念なことをした。

ハノイのひなびた食堂街にあるCOM食堂。
ハノイにどこにでもあるような店なんだろうな。でもイ課長にとってはハノイのCOM食堂といえば
この店しかないのである。何せ2泊しかしてないハノイで、晩飯は2晩ともここで食ったんだから。

でも店名は知らないのである(笑)。


 
[PR]

by tohoiwanya | 2014-12-08 00:05 | 2013.06 ベトナム・タイ旅行 | Comments(2)
Commented by みみけ at 2014-12-15 18:19 x
ゲンブツがあると選びやすいな!
私もこういう食堂で食べたい。COMはこの半分でいいが。
パラッパラの箸では食べにくい米じゃないのだな。
Commented by tohoiwanya at 2014-12-16 00:22
>ゲンブツがあると選びやすいな!

みみけさん:
こういう「おかず現物展示型」の店ってアジアにはけっこうあるよな。
シンガポールでも、まず皿にドサッとごはんをよそって、その後
好きなおかずをアレと、これ、って感じで同じ皿に盛ってくれる店で食った。
迷ってると向こうが「あと何?卵?」とか聞いてくるから反射的に「うん」って言っちゃう。
安くて美味かったよ。メシに関しちゃ東南アジアはほんと、一人旅でも困らない。


<< 旅先におけるカメラについて      バンコクの廃墟の池を鯉の群れが泳ぐ >>