2015年 01月 11日

ゴーゴーバーというところ その1

さて、それでは2013年旅行での、バンコク大ネタの一つに着手するか。
このネタに関しては最初に三つのことを言い訳として書いておく必要がある。

①このネタもタニヤのカラオケ同様けっこうな続きものになる。すんません。
②やや風俗産業寄りの内容だから、特にご婦人読者の中には不快に思う方がおられるかもしれない。
 これは最初に謝っておくしかない。ごめんなさい。イ課長をスケベジジイだと思う人もいるだろうけど
 どのような評価も甘受いたします。
③この続き記事は写真が少ない。ゴーゴーバー内部を撮った写真なんてないからどうしてもそうなる。
 一つの記事に写真はせいぜい一つか二つ。ビジュアルが乏しいのはご容赦いただきたい。

さてだ。そもそもゴーゴーバーってどんなトコなのか?
前にボーイズゴーゴーバーの話を書いたことがあるけど、女性が踊る“普通の”ゴーゴーバーについては
この辺を読んでいただくのが手っ取り早いだろう。記述も客観的だろうしね。

タニヤのカラオケと同様、イ課長とゴーゴーバーの間にも1996年以来の長い物語がある(またかよ)。
当時はまだネットも普及してなくて電話やFAXでホテル予約した時代。バンコクについての情報収集も
せいぜい「地球の歩き方」を読むくらいで、まぁ要するに右も左もわからない状態だったわけ。

ゴーゴーバーというものを初めて目にしたのも現地に行ってからだ。場所は有名な歓楽街・パッポン。
今もそうだけど、パッポン通りって夜は土産物なんかを売る出店が道の中央にズラリと並ぶ、
ナイトマーケットになってるんだけど、道の両側の店は完全に歌舞伎町的な歓楽街そのもの。
f0189467_14514666.jpg
 
店内が覗けるように扉を開けっ放しにした店が多いから、フと一軒の店の中を見た。するとステージで
お姉さま・・というより小娘というような感じの半裸の女の子がスポットライト浴びてフラフラ踊ってる。
うわあなんだありゃ?!!妖しさムンムン。映画にでも出てきそうな淫靡な魔窟そのものって感じだった。
そういう魔窟がパッポンには何軒もあったのだ。

ガイドブックを読むとアレはゴーゴーバーというものらしい。ボッタクリに要注意なんて書いてあったけど
ボッタクリであるかどうか以前に、あんなヤバそうな魔窟にシロウトが入れるわけねぇじゃん。
知識もなく初めて見た驚きが先に立ってるから、完全に思い込み先行(笑)。

ゴーゴーバーについて多少マトモな知識を仕入れたのは、その数週間後に行ったマニラだった。
(あの出張の時はジャカルタ→バンコク→帰国中休み→北京→マニラの順で移動した)
Wikipediaにもあったようにゴーゴーバーってタイやフィリピンに多いようで、マニラにもあるらしい。

マニラ出張中の通訳さんは東南アジア裏事情にも詳しい、すごく面白い日本からの留学生だった。
彼にバンコクで見たゴーゴーバーに驚いたっていう話をしたら、その実態をいろいろ教えてくれた。

いわく
「ゴーゴーバー=すべてボッタクリではない。明朗会計のゴーゴーバーも多い」(ほ、ホント?
「中に入ったら、ビールか何かを飲んでダンサーを眺めていればよい」(ははぁ~・・
「気に入ったコがいたら、女のコを自分の席に呼ぶことができる」(ほぉ、ご指名ができるんだ・・
「席に呼ばれると、彼女らは飲み物をオゴッてもらいたがる。そこで必ずオゴることが重要で、
 その飲み物代こそが彼女たちの収入になるのである」(なるほど、それは確かに重要だ
「だから彼女たちは高いカクテルなんかを欲しがり、それを一生懸命飲む」(ほぉ〜・・

若きイ課長は深く感心した。そういう風になってるわけか。
客は飲み物をおごれば目当ての女性を自分の横にはべらせることができ、女性のガワは自分の収入が増える。
単に「踊る人と眺める人」っていうだけじゃなく、そういうシステムでさらなるお金が動く仕掛けなんだな。
ご指名が多ければ収入も増えるわけだから、女性ダンサーのガワにも競争原理が働くというわけか。
なるほどねぇ・・・「魔窟」という最初の印象よりはだいぶ現実的なイメージがつかめてきた。

もし明朗会計のゴーゴーバーなんてものがあるんだったら、話のタネにマニラ滞在中に一度行ってみても
面白いな・・・と思ったことは認めなければならない。しかしどの店が明朗か不明朗かなんてわかんないし、
そもそもマニラで泊まったホテルの周囲にゴーゴーバーらしき店なんてなかった。

結局この時はゴーゴーバーに関して「バンコクでチラリと垣間見て、マニラで少し知識を仕入れた」だけ。
ゴーゴーバーが魔窟ではなく、一応それなりのビジネスモデル?を有した業態であるというところまでは
知ることができたわけだ。それが1996年の話。

それから幾星霜の年月が流れ、2013年。
若きイ課長もくたびれ果てたオッサンになり、あの出張以来17年ぶりにバンコクを訪れた。
こんどは17年前と違って事前にネットで情報収集できるし、バンコクなら情報自体も豊富。
現地観光情報はもちろん、ゴーゴーバー情報だって集められる。たとえばだよ?

イ課長が初めてゴーゴーバーを見たパッポンは意外なことに近年やや斜陽ぎみで、いまやバンコクの
ゴーゴーバーのメッカといえば「ナナプラザ」と「ソイカウボーイ」というところなんだと。
地図で見るとソイカウボーイはスカイトレインのアソーク駅の近くでホテルからも歩いていける。

行ってみっか・・・そんな悪心が湧いてきた。
96年はチラリと見てビビってたけど、イ課長だってあれから齢を重ね、多少は海外経験も積んだ。
マニラで教わった知識もある。今回はいっちょバンコクのゴーゴーバーとやらに行ってみようじゃねぇか。
で、バンコクに到着したその夜遅く、行ってみたわけさ、ゴーゴーバーのメッカ・ソイカウボーイに。

当然このあと続くわけだが、続きは次回。
(また初回は思い出話で終りかいッ!!)

 

[PR]

by tohoiwanya | 2015-01-11 00:01 | 2013.06 ベトナム・タイ旅行 | Comments(0)


<< ゴーゴーバーというところ その2      イ課長の初詣 >>