2015年 01月 23日

がんばれエアアジア

ここんとこ、イ課長ブログの記事別アクセス数ではずーーーっと同じ記事がトップにいる。それは
エアアジアおそるべし 搭乗編」で、さらにいえば「制服編」が大体2位とか3位。

事故の前からこの二つの記事はアクセス数が多かったんだけど、事故のせいでさらに増えたはずだ。
いまGoogleで「エアアジア 搭乗記」で検索してみたら、あの「搭乗編」が8番目に表示される。
ちなみに「エアアジア 制服」で検索すると「制服編」はトップに表示される(笑)。

実はこのことでイ課長はエアアジアに対してちょっと申し訳ない気持ちになっている。

あの事故が起きて、「エアアジアってどんなエアラインなの?乗ってどうだったの?」と思って
検索した人は多いだろう。そういう人の頭の中には「事故を起こした航空会社」という情報が
すでにインプットされた状態なわけだ。

そこに「エアアジアおそるべし」だからねぇ・・。
もちろんあれは恐ろしいという意味ではなく、「なかなかやるな」的な意味での「畏るべし」、
畏敬の念をこめてるわけで、記事を読めばエアアジアを肯定的に評価してることはわかるはずだ。
でも標題だけ見ると「エアアジアおっかねぇ」って意味に誤解する人がいそうでさぁ・・

あの事故以来、エアアジアHPの社名ロゴは例の真っ赤な色からグレーに変更されたまま。
赤い制服の美人CAがニッコリ笑った広告なんかも全部消えて、すっかり地味になってしまってる。
上に書いたようにちょっと申し訳ないって気持ちがあるもんだから、そんなHPを見ると
なんとなくエアアジアを励ましたくなる。がんばれ、エアアジア。
f0189467_00111951.jpg
 
実はエアアジアは格安航空会社の中ではすごく評価が高かったようで、LCCランキングでも
毎年トップクラスの評価を獲得していたらしい。過去に大きな事故もなかった。もっとも、
最近になって急速に事業拡大したエアラインだから、「過去」ってそんなにないわけだが。

エアアジアとかベトジェットとか、アジアのLCCに乗った経験だと、サービスがシンプルで
機内食や座席指定が有料だったりするという部分では「いかにもLCCだな」と思うけど、
安全性という面で疑問を感じたことはない。機体だって新しくてキレイだった。世界には
中古の飛行機を運用してるような弱小ローカルエアラインだってけっこうあるだろうけど、
エアアジアはそういう会社とは違う。すでに準大手と言っていいはずだ。
f0189467_01434540.jpg
 
前回書いたみたいに東南アジアから来日する旅行者が急増してるっていうトレンドの
一端をエアアジアみたいなLCCが支えてることも間違いない。もしイ課長がタイ人で、
安く日本旅行したいと思えば、タイ航空じゃなくタイエアアジアXを選ぶだろう。

エアアジアの事故に関してはフライトレコーダーやボイスレコーダーが発見されたから、おそらく
事故原因はいずれ解明されるだろう。行方不明のまま迷宮入りっぽいマレーシア航空機の事故みたいには
ならないはずだ。しかしそう考えると2014年ってマレーシア航空業界にとって大変な厄年だったねぇ。

しかしエアアジアにはこれでダメになってほしくはない(ならんとは思うが)。
イ課長は今後も東南アジアに行くだろう。これからもエアアジアにはイ課長を含むアジアの
旅行者たちに安いフライトを提供してくれるLCCであって欲しいと思う。

がんばれ、エアアジア。

 
[PR]

by tohoiwanya | 2015-01-23 00:07 | 2014.09 東南アジア旅行 | Comments(0)


<< ぼったくられても楽しいハノイ      日本に来るガイジンさんたち >>