2015年 03月 04日

メークロン市場に行く その2

車でパーッと行ってしまえばメークロン市場観光は「珍しい線路市場を見た」で終わる。しかし
鉄道ルートだと、心細さと不安と面白さとオドロキに満ちたその行程自体が忘れ難いものになる。
あの時のことならイ課長はいくらでも思い出せるし、いくらでも書けるよ。面白かったなぁ~。

さて、スカイトレインのウォンウィエンヤイ駅からタイ国鉄ウォンウィエンヤイ駅までの徒歩移動。一応地図はある。
途中大きな通りを渡ったりして「こっちの方にあるはず」という方向に進む。方向を間違えてはいないはずだ。

しかしわからない。まだなのか、もう通り過ぎたのかもわからない。発見しづらい駅と覚悟はしていたが・・
朝早くて人通りも少ないけど、誰かに聞こう。歩道に立ってたお兄さんに「鉄道の駅はドコデスカ?」って
聞くと指さして教えてくれた。ははぁ・・もうちょっと先なの?もうすぐ近くまで来てるはずなんだが・・・

うーーわッ!!これ?これかい?!発音しづらい上に発見しづらいウィンウィエンヤイ駅、きっとこれだよ。
確かにこれは駅の入口には見えないべさーー。小屋だべさーー。いやもう呆れるやら感動するやら・・。
さっそく駅のホームに向かうべく、この怪しげな小屋の中に入る。
f0189467_22362386.jpg
  
おおお、中には人がいっぱいいる。駅だよ、間違いない。
タイ国鉄のウォンウィエンヤイ駅に着きました。まず最初の関門を突破できたぞ。
f0189467_22371383.jpg
 
さっそくキップを買おう。ホーム中ほどにソレらしき窓口がある。次の列車が出る7:40って表示もある。
「マハーチャイ、ワン」と言うと切符はすんなり買えた。料金は10バーツ=30円。ひぃーー安すぎる。
f0189467_22374241.jpg
 
この国鉄ウォンウィエンヤイ駅ってのがまた・・・駅そのものが半分市場みたいで、いろんな露店がホームの上で
いろんな食い物を売ってる。朝だから、お坊さんたちの托鉢の光景もあちこちで見られる。
f0189467_22383154.jpg
 
こないだ紹介した、あのフワランポーン駅と比べて何という違い。異次元的な落差。
とても同じ国の、同じ鉄道会社の駅とは思えない。しかしこの圧倒的にボロくて猥雑な感じが
逆にこたえられません。東南アジア鉄道の旅、サイコウですね。
 
駅は線路が1本だけの単線ホーム。しかも行き止まり式。
今、ホームに列車がないということは、もうすぐ反対側から列車がやってくるんだろう。それ以外あり得ない。
f0189467_11550948.jpg
 
ってことはつまりその・・こっ・・・この線路を走ってくるわけ・・だよな?
これは廃線の跡ではない。現役の線路なのである。しかしこの線路・・・波打ってないか?(笑)
f0189467_22392190.jpg
 
発車時刻の7:40になった。しかしまだ列車は現れない。
まぁここはタイだ。5分や10分の遅れは珍しくないんだろうし、こっちもその辺はある程度織り込んで
時間に余裕を持たせてる。気長に待つとしましょうかね。

うおっと来た!列車が来ました。おお、おおおなんということだ。
イ課長もこれまで海外でいろいろ鉄道を利用してきたけど、列車が出現しただけでこんなに感動したことはない。
とにかく線路が波打ってるくらいだから、遠くから見てても列車が左右にユラユラ揺れてるのがわかる(笑)。
この写真だと少し左にカシイでるよね。なんたるボロさ。コレに乗るのか、うひゃひゃ・・・。
f0189467_22413937.jpg
これに乗ればとりあえずマハーチャイまでは行ける。よしよし。旅程は順調に進んでおるぞ。
f0189467_22422051.jpg
 
列車の内部はこんな感じ。これ・・・もしかすると日本で使われた車両の中古品じゃないかな?
ほら、つり革とか扇風機の感じなんかが何となく日本製っぽいでしょ?どこで使われてたんだろうか?
f0189467_22463963.jpg
 
あとで調べたら、この路線を走ってる車両はNKF型っていうらしい。このNKFっていうのは
「日本車輌+近畿車両+富士重工」の頭文字を合わせたものなんだとか。やっぱ日本製だったんだ。
 
しかし車体は手ひどくボロい。いよいよ発車すると例の波打つ線路をヨロヨロと走るから車両は上下左右に
かなり揺れるんだけど、このドア上の板なんてネジが抜けてるせいか固定されてない。車体が揺れるたびに
バッタンバッタンと騒々しい音をたてやがる。
f0189467_22441253.jpg
 
さて、これから約1時間、タイのおんぼろローカル線でマハーチャイまでの旅を楽しもうじゃないの。
いよいよ面白くなってきたぞ〜(つづく)。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2015-03-04 00:01 | 2013.06 ベトナム・タイ旅行 | Comments(2)
Commented by nassi at 2015-03-04 12:11 x
イ課長様、ご無沙汰しております・・・いつもワクワクしながらブログを拝読しています。今回の特集「メークロン市場」は多くの旅行者が動画を投稿しているので見るたびに不思議な光景と思っておりましたがここにきてイ課長の体験的実況コメントを読みながら早く「次」を出しなさい・・・と、マア心待ちにしておるんです。nassiはローマのお婆すり軍団ショックから立ち直り今月中旬からロスとトロントに出かけます。
Commented by tohoiwanya at 2015-03-04 16:56
>イ課長の体験的実況コメントを読みながら早く「次」を出しなさい・・・と

nassiさん:
もうちょっとお待ち下さい。何しろこれは大ネタ中の大ネタでしたから
書く方もなかなか熱が入るのは結構なんだけど、何回の続きものになるのか
自分でもよくわからない(笑)。
メークロンは今や本当に有名になっちゃって、欧米人観光客もすごく多い。
というか、おそらく東洋系観光客より欧米系の方が多いんじゃないかな?
逆にベトナム人とかフィリピン人あたりから見ればメークロン市場くらいなら
「自分の国にも似たようなトコがあるよ」って感じであまり“珍重”されないのかも。
 


<< メークロン市場に行く その3      メークロン市場に行く その1 >>