2015年 03月 16日

がんばれピースアさん(仮名)

とても驚き、かつ嬉しかったことを書こう。しかしどこから話せばいいのか・・・。
発端は昨年9月の東南アジア旅行で最後に行ったバンコクなのである。

Facebookのおかげもあって、今やバンコクは「友人が何人かいる街」になってるから
昨年9月に行ったときも例のプラーさんに再会できるかな、と思ってタニヤに行ってみた。
ところが店の前にいたママさんらしき人に聞いてみるとプラーさん、今日はいないらしい。あらら。

ママさんはとにかくイスに座れとイ課長に言う。タニヤ通りって道の両側にたくさんイスがあって、
各カラオケ店のキレイどころたちが座り、道行くヤロウどもを客引きしたりしてるんだけど、
ここにイ課長も座るのぉ?!携帯でプラーさんに出勤予定を確認するからその間そこで待ってろって
ことらしい。しょうがない。あでやかなタイのお姉さまに混じってヒゲを生やした巨大ロボットも座る。
f0189467_00150893.jpg
 
フと隣のイスの女のコを見たら、上の写真みたいにスマホで一生懸命Facebookやってる。
することもないから「Facebook、私もやってるです」って英語で話しかけたら、自分のスマホを
ひょいとイ課長に渡してくるから、それで自分のアカウントを検索して「ほらこれ」って見せた。

彼女が「友達リクエストしていい?」って顔でイ課長を見る。もちろんOKだよ。
ものの1分くらいで新たな東南アジアFacebook友達をナンパしてしまった(笑)。

さて一方プラーさんだが、その日は運悪くパタヤの実家に戻ってたらしくて、いま車でバンコクに
帰る途中だけど、まだ時間がかかるらしい。ありゃー残念だがそれじゃあきらめるしかない。
携帯を返しながら「しょうがない、帰りますワ」とママさんに言ってイスを立った。

しかしそんなことをスンナリ許すママさんではなかった(笑)。
「ほかのコ、ほかのコいます!」と強力に勧誘してくる。まぁ確かにこのまま帰ったら
まったくのムダ足だし、たった今Facebook友達になったコともう少しお話しするか。

で、例によって「1時間ビール飲み放題600バーツ」で1時間そのコと話をした。
仮に名前をピースアさんとしよう。ピースアってタイ語で「蝶」って意味なんだけど、
実際そのコの源氏名もある昆虫の名称だったのだ。

ピースアさん(仮名)、話を聞いてみるとびっくりするほど若い。ハタチそこそこの年齢。
その上、イ課長がむかし絵本を送ったパヤオがあるタイ北部の出身と聞いてさらに驚いた。
もちろん彼女はパヤオの絵本のことなんて知らなかったけどさ(笑)。

ピースアさん、タニヤのカラオケで働きはじめたのもわりと最近みたいで、まだ日本語も拙い。
イ課長とは例によってヘボ英会話でコミュニケーションしたんだけど、勤務歴が浅いせいか
とにかく素直で水商売ズレしてなくて、大変性格のいいコという印象だった。

今回、ベトナムとカンボジアをまわってバンコクに来たんだよなんて話をすると、ピースアさん、
「私は外国に行ったことがない、ミャンマーに行ってみたい」なんて言う。タイ北部の人にとって
ミャンマーって地理的に最も身近な外国みたいだね。

そんな感じで1時間、ビールを飲みながらいろいろ話をし、ピースアさんともすっかり打ち解けて
イ課長は店を出たのである。ここまでが、今日の話のいわば第一幕。
f0189467_10554680.jpg
 
さて話は第二幕にうつる。
帰国後、Facebookに彼女がタイで過ごしてる楽しそうな写真が時々アップされてるのを見ると
いいねボタンを押したりしてたんだけど、去年の11月頃だったかな?明らかにタイじゃない風景をバックに
彼女がポーズとってる写真が何枚も載ってた。あれぇ?これ日本じゃないか?

写真をよーく見ると、道路標識なんかが確かに日本だ。
ってことぁナニか?ピースアさんいま日本に来てるの??2ヶ月前に「外国に行ったことがない」なんて
話してた女の子が初めての海外渡航で来日??そこでFacebookのメッセージで聞いてみた。

「こんにちは。私のことおぼえてますか?アナタはいま日本にいるですか?」
「イエス、私はいま日本にいます」
「どこに?東京?大阪?」
「OSAKA」

へぇーーー大阪にいるんだ。
写真を見ると観光旅行って感じじゃなさそうだけど、出張ってこともないはずで、
来日理由は不明。でも11月の日本ともなりゃタイから来た身にはさぞ寒いはずだ。

「いま11月、日本はあなたにとってとても寒いと私は考える」
「はい、日本はとても寒い」
「風邪をひかないように注意してください」
「ありがとう」
そんなやりとりをしたわけだけど、2週間くらい過ぎたらFacebookにはまたタイで撮った写真が
載るようになったから、ああ彼女タイに帰国したんだな、と思ってた。

その後もピースアさんとは新年祝賀メッセージを送りあったり、イ課長の誕生日にはわざわざ
日本語でお祝いメッセージくれたり(たぶん翻訳ソフトを使ったと思われる)、海外ネット友達として
緩やかな交流が続いていた。最初に思ったとおり、とても性格の良いコである。

ところが今年の1月下旬頃からだったかなぁ、また日本にいる写真が登場するようになった。
おろろ?ってことは彼女また来日したのか??なんでまたそんな高頻度で日本に?
しかも今度は長い。2月が終り3月になっても日本にいる写真を投稿してる。長期滞在だなーー。
ホテル住まいとも思えないから、大阪に友達でもいるんだろう。

ところが、ある日の写真を見て「え?」と思った。
ピースアさんが部屋の中で日本人とおぼしき男性と寄り添って写ってる写真があったからだ。
ちなみに、一緒に写ってる男性は相当のイケメンである。

こっ・・・これはもしかしてピースアさんの日本人の彼氏・・だったりするワケ??
ってことは、彼女はいまこの彼氏の家に泊まって・・つまり同棲してたりするワケ?
まままさかそれって将来の国際結婚に備えた「おためし同棲」だったり・・・きゃーーーー。

つい先日はピースアさんがその彼氏と大阪の観光名所の前でハグしてる写真が堂々と載ってた。
ここまでオープンなら「あれ、彼氏?」くらいのこと聞いても失礼にはあたらないだろう。
冷やかし半分に「日本人のカレシと同棲してんの?」とでも聞きたいところだけど「同棲」を英語で
なんて言うのか知らないから(笑)、まぁ「結婚したの?」とでも質問してみよう。

で、ヘボ英語で「あなたは大阪のジャパニーズ・ガイと結婚したですか?」と聞いてみた。
すぐに返事が来た。


   「Yes

ええ?ほ、ホントに結婚したの?
昨年9月にバンコクで話した時は外国に行ったこともないと言ってたハタチそこそこの女子が
その後半年も経ずに初海外渡航、そして国際結婚。このまま日本永住って可能性も十分あるはずだ。
いやぁぁ~すごいと思ったよ。ハタチの頃のイ課長にはそんな勇気も甲斐性も(相手も)絶無だった。

バンコクで友人になったばかりのピースアさんが半年したら「大阪の友人」ってのも不思議な気分だ。
もしかするとダンナさんとはタニヤのお店で知り合ったのかもしれないな。素直でいいコだから
店に来たお客さんに見初められ、結婚に至っても不思議はない。

しかし初めて行く外国でイッキに国際結婚っていうピースアさんの度胸にはまっこと感服つかまつるよ。
去年の9月には日本語だってまだそんなに話せなかったし、大丈夫かなぁ?イ課長が同じ立場になれば
不安でいっぱいだと思うよ。もっとも写真を見る限りピースアさんはケロリとしてるようだが(笑)。

でもハノイのナンさんの時もそうだったけど、異国の若きFacebook友達の結婚を知るのは嬉しい。
ピースアさん(仮名)の日本での幸せな結婚生活を心から願うイ課長なのである。
 
 
[PR]

by tohoiwanya | 2015-03-16 00:58 | 2014.09 ベト・カン・タイ旅行 | Comments(4)
Commented by Bきゅう at 2015-03-16 11:53 x
ひえええぇ〜。
展開が早いですう。法的にご結婚されたのでせうか。
Bきゅう、ついてけませんぞい。

でも、へんにずれている現在の日本の女の子より(偏見かなー)、立身出世(=日本で結婚)を望む東南アジアの子のほうがよいかもというのも納得かも。ピースアさん、末永くお幸せに。
Commented by tohoiwanya at 2015-03-16 15:05
>展開が早いですう。法的にご結婚されたのでせうか

Bきゅうさん:
どうなんでしょう?国際結婚って(したことないから知らないけど)
手続き的にはけっこういろいろ面倒なはずで、もしかするとそういう手続きを
進めつつ、もう一緒に暮らしてるということなのかもしれない。

タイ東北部の田舎出身の女性にとっては女子上昇婚といえるんでしょうね。
ダンナさんを尻に敷いて(笑)たくましく日本で暮らしてほしい。
Commented by hanatomo31 at 2015-03-16 16:54
本当にびっくりー。
二十歳そこそこという若さゆえでしょうか、日本のイメージが良かったからでしょうか、すごいスピード展開ですね。
せっかく日本人と結婚したからには、幸せな結婚生活を送ってほしいです。

と、彼女も見ず知らずの日本人に自分の幸せを願われているなんて、思ってもいないでしょうね。(笑)
Commented by tohoiwanya at 2015-03-17 11:42
>すごいスピード展開ですね

ハナトモさん:
でしょー?私も「Yes」の返事を見たときはびっくりした。
去年の11月に大阪に来たときも当然彼氏の家に泊まったと思うんだけど、
それって私が彼女と会った9月の旅行からわずか2ヶ月後。
9月に会った時にはもう彼氏と「そういう話」になってたのかもしれないですな。
でも「近々日本に行く」なんて話はその時はまったくしてなかったから、
知り合ったのはその後なのかなー?ま、私が気にしてもしょうがないんですが。


<< ロンドンのトホホな歩き方      メークロン市場に行く その5 >>