2015年 06月 07日

こんどは箱根の温泉旅館に泊まることに

5月の中旬に熱海の温泉旅館に泊まったばっかだというのに、その2週間後の5月末、
こんどは箱根の温泉旅館に2泊。イ課長はそのために1日会社を休んだのである(笑)。
f0189467_10290294.jpg
 
ご存じのように箱根は大涌谷の火山活動が活発化っていうんで騒がれていた。
それでもまぁ大丈夫だろうと出発した金曜日の朝に口永良部島が大噴火で避難騒ぎ。
さらに土曜の夜には関東でけっこう強い地震。ヤバい雰囲気がさらに高まったんだけど
全員無事に戻ってこられて何よりでござんした。

今回は利用した乗り物がバラエティに富んだ旅行だったね。
新宿から箱根湯本まではロマンスカーで行ったんだけど、展望車っていうのに初めて乗ったよ。
先頭ではなく最後尾だったけど、ふーむ、こういう風に見えるんだ。なかなかキモチいいもんだね。
2階が運転席になってる構造上、展望車の何列かは天井がちょっと低くて網棚がないのである。
f0189467_10285734.jpg
 
湯本からはご存じ箱根登山鉄道。この登山鉄道、当然のことながら行きは急な登りが続くわけだけど、
最も勾配が急なところがどのくらい急か知ってる?先頭の運転席と最後尾の運転席の“標高差”が
2両編成だと2.4m、3両編成だと3.6mあるんだと。つまり1両で1.2mナナメになってるわけ。すげー。
(下の写真は途中にあるスイッチバックでのすれ違い)
f0189467_12460105.jpg
 
翌日はバスに乗って箱根園というところに行った。
ここから駒ヶ岳ロープウェイに乗って山頂へ。
f0189467_10285788.jpg
 
富士山はちょっと雲がかかってたけど、天気が良かったから眺望はキレイだったねー。
駒ヶ岳山頂って初めて来たけど、天気さえよければこんなに眺望抜群なトコだったんだ。
ただしロープウェイ代は片道7分、往復14分で1080円とられる。安くはない。
f0189467_10291018.jpg
 
下界に降りてきたら今度は芦ノ湖遊覧船で箱根関所へ。
f0189467_10291037.jpg
 
さらに、おなじみ芦ノ湖海賊船にも乗った。
海賊船のデッキは東南アジア系とおぼしき団体客で大盛況だったよ。とにかく今回久しぶりに箱根に行って
外国人観光客の多さには改めて驚いた。場所によっては明らかに日本人より外国人の方が多かったりする。
昔の箱根じゃガイジンなんて大して見なかったけどなぁ・・隔世の感があるのう。
f0189467_10313214.jpg
 
ついでだから、やっぱメシの写真を載せておこう。
熱海の旅館は西洋風コース料理みたいに1品ずつ仲居さん持ってくるという方式だったけど、
ここは最初にぜんぶどかーーーんと並べちゃう方式だから写真も1枚ですむ。これが一泊目の晩飯ね。
f0189467_10291104.jpg
 
こうやって最初に全部並べられると、食ってるガワも「まだあと刺身と天ぷらと・・う、そうか、まだ
魚の照り焼きも手つかずじゃねぇか・・」って感じで、自分の腹具合と料理の残り具合を見ながらがんばって
食うことになる。いやもう腹パンパンっす。え?ゴハン?(おヒツはあったけど)とても無理っす。
ちなみに、これは2回めの朝食。晩飯との差があまり感じられない豪華さ。
f0189467_10291129.jpg
 
今回は実はイ課長ファミリーの旅行で、イ課長母や叔母などの高齢者も同行した。
一昨年にオヤジが死に、昨年は母が交通事故。ここ数年、イ課長家もいろいろあったからねぇ。
とりあえずオフクロのケガが大方治ったらみんなで温泉でも行こうか・・って話は以前からしてたのだ。
ちなみにスポンサーはイ課長母。「お金残してもしょうがないんだから使う!」という使命感に燃えて、
大変な意気込みだった(笑)。

そうはいっても80代のお年寄りご婦人が二人いるツアーだからね。バカ息子としても気も使う。
イ課長はツアコン状態で船やバスや電車の時刻表確認で走り回るワ、高齢者の荷物を持ってやるワ、
おまけにおフクロが「これで全員分買いなさい!」と押し付けてくる金で切符購入や各種支払いに奔走するワで
率直に言って疲れましたでごんす。いやはや・・。

 
[PR]

by tohoiwanya | 2015-06-07 00:43 | 国内出張・旅行 | Comments(10)
Commented by Bきゅう at 2015-06-08 21:08 x
ごーかなご飯〜。旅館のご飯はよいですね。
それにしても、イ課長ツアー、ごくろうさまでした。
Bきゅう母は最近、箱根湯本までなら電車で、山中湖までなら、新宿からバス(おトイレ付き)で行っているようです。バスの場合、乗り換えがないので楽らしいです。
Commented by カプメイ at 2015-06-08 23:58 x
あ!このロープウェイ、急に記憶が蘇りました。
子供の頃、箱根に行って山頂からこれで下山しようとしたら、4歳ぐらいだった弟がのけぞって泣き叫び、絶対拒否!!
親も、ここまで泣くのはなんだか不吉なことが起こるのでは・・・と高い乗車券を無駄にして足で降りることに。(噴火する?)
・・・ただの高所恐怖症でした。(T_T)
私は歩きたくなかった・・・。
弟は小さいのに頑張って歩いていると、いろんな人に褒められてご機嫌。
暗い過去でございます。失礼しました。

何事もなく無事で、旅行を楽しまれたようで?おめでとうございました。
Commented by tohoiwanya at 2015-06-09 00:37
>箱根湯本までなら電車で、山中湖までなら、新宿からバス

Bきゅうさん:
おお、Bきゅう母上、お元気に近場の行楽を楽しんでおられるとは頼もしい。
強羅まで行こうとすると、小田原か箱根湯本か、どっちかで乗り換えないと
いけないんだけど、湯本までなら小田急で行っちゃうのが便利ですな。
山中湖っていうのはあんまり行ったことないけど、バスが便利なんですねぇ。
箱根の湖尻あたりからも新宿行きバスがけっこう出てますよね。
トイレの有無はわかんないけど・・。
Commented by tohoiwanya at 2015-06-09 00:43
>4歳ぐらいだった弟がのけぞって泣き叫び、絶対拒否!!

カプメイさん:
あーーーーー私も人のことは言えない。
たぶん3才か4才くらいの頃、私は地下鉄に乗るのはムショウに怖かった。
だってホラ、景色は見えないし、暗いし、音はうるさいし・・コワいじゃん(笑)。
池袋から赤い丸ノ内線に乗るのをギャーギャー泣いていやがって、
オヤジを困らせたもんでした・・。

しかし駒ヶ岳の山頂から徒歩で降りてこられるの?マジで?
標高差が軽く何百mかあるッスよ?あそこ。そこを4才児が?
うーむ、やはり恐怖というのは人間の能力を倍加させるんですなぁ・・。
Commented by けみみ at 2015-06-09 00:46 x
大盤振る舞いのママいいな。疲れたとか文句言うなバカ息子が。
Commented by tohoiwanya at 2015-06-09 01:06
>疲れたとか文句言うなバカ息子が

けみみさん:
まぁね、確かに母親が80過ぎて、バカ息子を下僕にしながら
旅行できるくらいに元気でいてくれることは感謝せんといかんが
下僕だったバカ息子にも誰か感謝しろバカヤロウ。
Commented by カプメイ at 2015-06-09 10:18 x
>標高差が軽く何百mかあるッスよ?あそこ。そこを4才児が?

マジっす。
映像的には、サウンドオブミュージックのラスト。
全ての山を登れ♪みたいな感じ。
すれ違う登山者が「こんなに小さいのに偉いわね~。」って。
そりゃあ、得意満面でしたよ。

恐怖の乗り物。
ポイントは視界ですかね。。。
Commented by みゅげ at 2015-06-09 12:03 x
あ・・・・・何だかとてもいい話にちょっと胸キュンです。

元気だけど足腰弱った母は、どこにも行きたがらないし、遠くに住んでるし、私の足腰も怪しくなってるし・・・・・と、あれこれ弁解してる親不孝娘です。

大変だったと言いながら、孝行息子のイ課長さんはステキです(笑)
Commented by tohoiwanya at 2015-06-09 13:12
>すれ違う登山者が「こんなに小さいのに偉いわね~。」って

カプメイさん:
す、すげ~~。ロープウェイの上から見た限りじゃ登山道らしきものも
なかったし、途中にあるロープウェイの支柱も「ヘリコプターで
建設資材を運んだんだろうか?」なんて思ったくらい(笑)。
やはり人間のアドレナリンを大放出させる最大のカギは恐怖ですな。
Commented by tohoiwanya at 2015-06-09 13:12
>孝行息子のイ課長さんはステキです

みゅげさん:
もっとホメて、ホメて~~(笑)。
イ課長母もさすがに腰がまがってきて杖も必要になってるんだけど、
その割には元気で、まぁ感謝しないといけないですよね。
両親の金婚式のときにトルコに連れてったときもそうだったけど、
後になると、あの時多少ムリしてでも連れてって良かったと思う。
今回は姉も加わったんだけど、親子での旅行なんて、ヘタしたら
万博以来じゃないだろうか?(笑)


<< ホテル予約サイトを比較してみたら      ホーチミン・プノンペン国境越え... >>