2015年 07月 29日

シェムリアップ・バンコク国境越えバス その3

この国境越えバンコク直通バスの乗客たちは事前にこういうプレートを渡される。
まぁ一種の“迷子札”みたいなもんで、バスを降りたらこれを常に首に下げる。とりあえず
同じ札を下げた乗客からはぐれないようにしないとな(それはけっこう難しいが)。
f0189467_00201448.jpg
 
国境を貫いているのは人や車やバイクでごちゃごちゃした一本道。その道の右側にカンボジア側の
出国イミグレがあった。ここで出国スタンプをもらうために行列に並ばなければならない。
でも進みはわりと早くて、それほど長時間並ぶことはなかった。
f0189467_00201442.jpg
 
しかしやけに人が多いなー。これみんなカンボジアからの出国者?
出国スタンプ押してもらった人はサッサと歩いて行くけど、次にドコ行くべきかわかってんの?
f0189467_00201358.jpg
 
スタンプを押してもらったイ課長も、よくわからないまま「みんなが歩いて行く方」に行く。
それ以外に何ができるというのだ?(笑)

このアンコールワットじみたゲートがカンボジア側の出入国ゲートっていうことらしいけど、
人やらダンプやらバイクやらがグチャグチャでワケわかんねぇ。道路がこう混みあってると
重いゴロゴロ荷物を持って歩くのはなかなか大変。
f0189467_00202285.jpg
 
ポルポト支配の頃、このタイ国境はカンボジア難民で溢れ、さらに世界中からやってきた
報道陣やNGOで溢れ、殺気立ってた場所のはずだけど、今やそんな雰囲気はまったく皆無で
今や人とモノがガンガン行きかう平和で活気あふれる国境って感じだ。感慨深いのう・・。

あれ?
そんなコト考えてたら同じプレートさげた乗客がいないぞ?うわー大丈夫か?
 
とにかく一本道なんだからコッチの方に行くしかない。混雑する道をとにかく歩く。
途中でちょっと立ち止まって見渡したら、後ろから同じプレートを下げた欧米人の男性が来た。
おお、よかった。彼に確認してみるか。

我々はまっすぐ歩いていけばいいのであろうか?
さぁ・・ボクはキミの後をついてきたから・・・

うーむ、お互いに頼りない(笑)。「みんなが行く方に行くしかない」とみんなが考えていると
こういうことになるのである。

何やらグチャーッと人がたかってる場所がある。ここか?ためしに「イミグレーション?」って
聞いてみたら「あっちだアッチ、道の反対側」と言われたから、荷物をひきづりながら
車やバイクが行き交う道を必死コイてわたる。ひぃひぃ。

あ、何やらソレらしき場所になってきたぞ。少しホッとした。
タイの入国審査事務所に行く場合、カンボジアを背にして道の左側を歩いた方がいい。
そうするとこんな感じのサインが見えてくる。はー、やっとたどり着いたか。
f0189467_00202312.jpg
 
え?2階にあがるの?ううう・・汗ダクになりながら重い荷物を抱えて階段を昇る。
同じプレートを下げた乗客たちもこの辺にくるとチリヂリになっちゃったよ。
f0189467_00204556.jpg
 
いやーー疲れた。ベトナム・カンボジア国境に比べて歩く距離は長いワ、人と車はやたら多いワ、
ドコに行きゃいいのかよくわからないワで「暑くて混乱した国境だった」っていう印象が強い。
とにかくカンボジアを出るまでは(カンボジアを背にして)道路の右側、それが終わってタイに
入国する段になったらこんどは(同上)道路の左側を歩きましょう。
そして合言葉はとにかく「みんなが行く方に行け」なのである(笑)。
f0189467_00204580.jpg
 
こうして何とかたどり着いたタイ入国イミグレーション。まぁとりあえずここまで来れば
タイへの入国だけはできるだろう。次回、バンコク到着で完結させるからね。

 
[PR]

by tohoiwanya | 2015-07-29 00:07 | 2014.09 東南アジア旅行 | Comments(0)


<< シェムリアップ・バンコク国境越...      シェムリアップ・バンコク国境越... >>