2015年 11月 22日

サイゴン・夜のバイクツアー その2

ズエンさん(仮名)持参のヘルメットをかぶり、いよいよ出発。
日本でバイク二人乗りっていうと、後ろの人がライダーのお腹に手をまわしてつかまるけど、
東南アジアではそういうスタイルの二人乗りはまずない。

イ課長は片手でズエンさんの腰につかまり、片手はバイクの後ろを持つように指示された。
「両手つかまり」に比べるとちょっと不安定だけど、あり得ないポーズというわけではない。
片手は前、片手は後ろだから乗ってる間じゅう上半身は少しヒネった状態になる。

車やバイクのヘッドライトが流れる夜のサイゴンの道路をバイクで疾走。
いやーー・・新鮮なアングルだ。夜のサイゴンなんて歩道からしか見たことないからねぇ。
(下の写真はイメージです)
f0189467_23370546.jpg
 
運転するズエンさんが大声を出して後ろのイ課長に話しかけてきた。
風をビュウビュウ受けながらバイクの上で大声で叫びあう会話はこの後ずっと続くことになる(笑)。

ズ「あなたバイクに乗るのは初めてー?」
イ「(日本では昔乗ってたけど、まぁサイゴンじゃ初めてだから)・・イエース」
ズ「どんな気分?」
イ「あー・・私は風を快く感じます」
ズ「でも、ちょっと怖い?」
イ「あはははは。イエス、ちょっと怖いですぅー」

前に別の記事で書いたことがあるけど、このツアーは英語によるガイド。一対一だから
こちらも英語で応対しなきゃならないんだけど、幸い彼女はたいへん心の広い人で、イ課長の
ヘナヘナ英語にもちゃんと相手してくれた。

ズエンさんはアオザイツアーの社員ではなく、バイクツアーのガイドの仕事も実はバイト。本当は
中東系某エアラインのCAになるために勉強中なんだと。ううむ20代前半にして何とシッカリしたキャリアプラン。
単に「スチュワーデスになりたいです」じゃなく、入社したい航空会社まで明確っていうんだからスゴい。
イ課長が同じ年頃だった頃なんて、ただ生物として食って生きてるだけだった気がするのだが。

ズエンさんのバイクはチョロン方面に向かう。
夜のサイゴンを疾走(というほどのスピードじゃないが)してる視点での写真をお目にかけたいところだけど、
イ課長だって体をヒネりながらつかまってるわけだから、写真撮る余裕なんて全くない。
 
20分くらい走ったかな?バイクはある路上の店のそばで泊る。ここで一休みってことらしい。
「すっごく人気のある店なの」ってズエンさんが説明してくれたけど、確かに客がいっぱいいて
そこらじゅうの路上に座って何か食ってる。

この店で食わせるのはこういうモノ。炭火の上の網に粉をとかしたやつを丸く伸ばして
クレープ状に焼いて、中に何かを包む。何を包むのかよくわからない(笑)。野菜のようで、
この写真を見ると青ネギが見えるけど、ネギ以外にもナニか包まれてる。
f0189467_23485514.jpg
 
出来上がりは下の写真みたいな感じ。開いて中身は確認しなかった。
ザルの上にバナナ?の葉、その上に食い物というたたずまいがすでに南国ムード100%。
小腹が減った時のごく軽い食い物って感じで、パクパク食ってしまいました。
f0189467_23485555.jpg
 
ズエンさんが「写真、写真」っていうんで店のニイちゃんと記念写真。まだ若い店主だよね。
地元の若者に人気のある店らしいけど、食い物の名称および店の正確な場所は永遠のナゾ(笑)。
ガイジンだけじゃまず行けないような、サイゴンのこういう庶民的な場所に連れてってもらえるっていうのも
このツアーのセールスポイントなのである。
f0189467_23485535.jpg
 
ふたたびバイクに。
賑やかなネオン街があったり、暗い倉庫街(工場街?)みたいなところを抜けたりしながら、やがて
川っぺりの気持ちのいい道路をずーっと走る。あとで地図で確認すると、これまでと逆に北東に向かって
サイゴン川に向かって走ってたことになる。

ズ「このあと、私たちは2区に行くわよ」
イ「2区?」
ズ「イエス、2区。川の向こうで、トンネルを通って行くわ」

ははぁ〜、もしかすると川の向こうって、前年にマジェスティック・ホテルのテラスから見た、
サイゴン川対岸の未開発エリアのことか?またずいぶん変わったところに行くんだなーー。
ちなみにサイゴンって1区、2区・・っていう風に市内が番号でさらに区分けされてて、こういうところ
ちょっとパリみたいだよね。これも旧宗主国であるフランスの影響なのかもしれない。

というわけで、このあとバイクはサイゴン川の下のトンネルをくぐって2区に向かうわけだけど、
長くなったので例によって続きはまた次回に。

 
[PR]

by tohoiwanya | 2015-11-22 12:58 | 2014.09 ベト・カン・タイ旅行 | Comments(2)
Commented by カプメイ at 2015-11-23 01:05 x
ベトナム料理、大好きです。
あぁ、美味しそうですねぇ。
ふむふむ、TRA CHANHでチャーチャイン=ハノイ発祥アイスレモン緑茶
BANH TRANG NUONGでバン・チャン・ヌーン=ベトナムピザですとお!?
バン・チャン=ライスペーパー。ヌーンが焼くなんですとさ。なるほどなるほどね~~。
ライスペーパーの上にマーガリンとか葱とかひき肉とか好みの具を乗せて、網の上で焦げ付かないようにくるくる回しながら焼いて、チリソースをかけて、折りたたんではいどうぞ~~♪って、動画検索したらいっぱい出てきました。
家でも作れそう。皮はパリパリしていましたか?
Commented by tohoiwanya at 2015-11-23 16:41
>BANH TRANG NUONGでバン・チャン・ヌーン=ベトナムピザですとお!?

カプメイさん:
なんと、そういうことだったんだ。看板の文字はたぶん「トラチャン」って読むんだろうと思ったけど
調べてみなかった。ベトナム語のサイトはワンワン出てきますなぁ。そう、まさにこれです。
検索された画像だと、円形に焼いた状態でピザみたいに切って食ってるけど、この店のやつはおそらく
少し円の面積が小ぶりで、ああやってたたんで、路上で片手で食いやすくしてるんじゃないかなぁ?
皮はパリパリという感じじゃなかったですね。むしろクレープに近いような、柔らかい食感でした。
そうかー、ひき肉なんかも入ってたんだぁ。


<< サイゴン・夜のバイクツアー その3      サイゴン・夜のバイクツアー その1 >>