2016年 01月 23日

オールドマーケットというところ

遺跡観光以外のシェムリアップネタをもう一つ。

前回記事で書いたパブ・ストリートの近くにオールドマーケットっていうところがある。
直訳すると古い市場・・旧市場?しかしここはシェムリアップ中心部では屈指の大市場のはずで、
「歴史ある市場」的なニュアンスでこう呼ぶんじゃないかなぁ?名称の由来は不明。

ゴミゴミして猥雑な場所が好きなイ課長にとって、東南アジアの市場は法悦境に近い(笑)。
このオールドマーケットにも何度か足を運んだけど、何度行ってもこういう所は楽しい。

市場の中の様子は国による差なんてそんなにないよね。
ベトナムの市場でもタイの市場でもこんな感じでいきなりドサーッと食い物が山積み。
f0189467_00103557.jpg
 
肉屋だってこうやってフックにぶら下げたり板の上に直接置いて売るんだぜ。
この、良く言えばワイルド、悪く言えば不衛生なところがなきゃ東南アジアの市場じゃねぇぜ。
f0189467_00105066.jpg
 
うおお、米だ。こりゃ面白い。
普通の白米があるのはいいとして、奥の方には「ジャスミン米」だの「赤ジャスミン米」・・なにコレ?
あとで調べたら、いわゆる「香り米」っていうものらしい。けっこう高級米みたいだ。
f0189467_00102175.jpg
 
「野菜ゾーン」とか「鮮魚ゾーン」なんかに混じって市場の中「美容院ゾーン」エリアもあるってところが
いかにも「何でも揃ってんのよ」って感じだけど、店の前にミシンが並んでるのは変わってるねぇ。
美容院と服のリフォーム屋か何かを兼業してるトコが多いんだろうか?
f0189467_00150246.jpg
 
食堂ゾーンもある。ちょうどパブ・ストリートで遅いランチを食った後だったから、ここでは
何も食わなかったんだけど、ちょっと残念なことをした。汗ダクダクかきながら熱いヌードルとか
食ってみたかったなぁ。市場の中は冷房もなくて、けっこう暑いのである。
f0189467_00103575.jpg
 
地元の人向けの食料品や雑貨だけじゃなく土産物屋も多いから、ここに行って土産物を
ドサッと買うのはいいと思うよ。市場の外側の店には(おそらく)カンボジアシルクとかの
土産物系の店が多かったように思う。
f0189467_00114477.jpg
 
市場を歩いてるとこんなPOPにも出くわす。日本人観光客も相当多いとみえる。
f0189467_00102169.jpg
 
実はイ課長は「カンボジアバージョンのキティちゃんクッキー」というのがこの市場の店で
限定販売されてるというのを知った。クメールキティちゃんとは珍しいから、日本の土産用に
買おうと思って店の在処を聞いて買いに行った。

ところがキティちゃんクッキー、一箱10ドルもしやがんの。カンボジアじゃすげー高い。
しかしイ課長としては土産用にこれが二箱ほしい。ってことは20ドル?たっけーー。

店の女の子に「二つ買うからディスカウントしてくれない?」って聞いてみた。
彼女は困った顔をして「あたしの店だったら安くしてあげるんだけど、あたし従業員だから・・」
みたいなことを言う。素直で、気立てが良さそうな、いいコだった。

仕方なく20ドルで二箱買って、気立てのいいクメール・ギャルの写真をとらせてもらった。
ちょっと照れてたけど、ホントにかわいいコだったよ。
f0189467_00102147.jpg
 
以前に美女図鑑にも載せたこのお姉さんからはアンコール・ビア柄の自分用Tシャツを買った。
地元ビール柄のTシャツは欲しかったから、それにツケ込んで向こうがフッカケてくるのは承知の上。
でも、このお姉さんとの価格交渉はちょっと楽しかった。
f0189467_23534713.jpg
 
「このTシャツ、10ドルよ、オーケー?」
「(大げさに驚いて)ええ~?バンコクじゃTシャツ一枚160バーツですよ?!(これは本当)10ドルは高いです」

10ドルっつうたら今の相場で1200円、160バーツっつうたら今の相場で540円くらいかな?
一年前にバンコクの露店でTシャツ買った時の経験が生きた。バンコク相場で対抗されるとお姉さんも
ちょっとひるんだようで「これは・・クオリティがいいのよ!」なんて言い張ってる。おもしれー。
結局6ドルで決着。価格交渉としてはまだまだ甘いけど、このお姉さんの方はかなり不満そうだった(笑)。

イ課長も東南アジアあちこち行って多少“相場感”ができて、言い値に対抗できるようになったかな・・
・・てな感じで少しイイ気になったけど、二日後にオールドマーケットに行ったら、またこのお姉さんに
つかまった。で、トホ妻用のパンツを買ったんだけど、相場感がなかったために11ドルという法外な価格で
買わされちったぜ、ちくしょう。
(翌年、つまり昨年ラオスやタイで同じパンツを何枚も買って、相場はせいぜい3〜400円程度だと知った)

と、まぁ、こういう市場で買い物するといろんなことがあるんだよ(笑)。
値段交渉も慣れるとちょっと楽しくなる。高いものつかまされる可能性もあるけど、それを撮影料と思って
カンボジアのたくましいビジネスウーマン?たちの写真を撮るのもまた楽しいってもんだ。
東南アジアに行ったら、市場見物はやめられないのである。

 
[PR]

by tohoiwanya | 2016-01-23 00:02 | 2014.09 ベト・カン・タイ旅行 | Comments(4)
Commented by Bきゅう at 2016-01-24 23:27 x
ジャスミン米、こっちでも食べる人多いです。ぱさぱさ米の、ぬか臭くないやつみたいな感じですう。ちゃんと英語でも書いてあるって、マーケット内でも、やっぱ、外人用の需要があるのでしょうか。キティーちゃんクッキーとか。店前のおねーさん、けっこうよいバイクに乗ってますね。
Commented by tohoiwanya at 2016-01-25 12:30
>ジャスミン米、こっちでも食べる人多いです

Bきゅうさん:
ほほぉ~・・ってことは、東南アジア系米国人の間にはニーズがあって、
そのニーズに応えるための供給もちゃんとあるんだ。
日本じゃまず食わないですよねぇ。クメールキティちゃん、せめて外箱の
写真くらい撮ってくりゃ良かった。ちゃんとアプサラ・ダンスみたいな冠かぶって
カンボジア風のカッコしてましたよ。キティちゃんが。
Commented by diamant at 2016-01-29 22:44
私、新潟県下でも第2位か3位か4位の進学校に通ってました(何しろ20年以上前なんで、成績自慢ではなく、田舎過ぎて大学に行く高校が限られてたのです)。
受験勉強に励んでる高3時、羽振りの良かった父が「ギリシャに行く」と言いだし、私と祖母を残してギリシャの観光旅行へ行ってしまいました。妹に頼み、パルテノン神殿の石を拾ってきてもらい、学校に寄付し、長らく地学実験室に様々な岩関の標本と一緒に「パルテノン神殿の石」も飾ってもらってます。


Commented by tohoiwanya at 2016-01-30 01:36
>妹に頼み、パルテノン神殿の石を拾ってきてもらい

ほしのさん:
ダメですよ、そういう遺跡破壊行為を依頼しちゃ(笑)。
でも高校3年生で、自分は置いていかれて、父や妹たちはギリシャって確かにくやしい。
っていうか、娘の受験の時にギリシャ行こうと思うお父さんもなかなかすごい。
旅の記念品で私が思い出すのはパリ・モンパルナス墓地のジャック・ドゥミーの墓の上に
落っこちてた枯葉かな・・。枯葉だったら持ってきてもいいですよね、軽いし(笑)。


<< アンコール・トムを見る【その1】      パブ・ストリートの昼と夜 >>