2016年 03月 07日

トンレサップ湖というところ【その3】

トンレサップ湖の水上集落には何でもある。

ちょっとした休憩所・・休憩舟みたいなとこで休む時間があったんだけど、これなんて水上観光客用の
水上パーキングエリアとでもいうか、あるいは「水の駅」とでもいうのか・・水上集落には
観光客用にこういう施設まであるのだ。

なぜかワニがいっぱい飼われてる。
これって“地元”、つまりトンレサップ湖にいるワニってことなんだろうか?。
f0189467_13351929.jpg
 
パーキングエリアだから土産物屋みたいなものもあった。まぁそれは別に驚かない。
するとどうよ。さっきのワニ園の(かどうかわかんないけど)ワニが干物になってるではないか。
こ、こ、これ、どうすんの?干物を焼いて食う・・いやまさか。漢方薬の原料か?干物だけあって
ちゃんと“開き”になってるところが素晴らしいというか、情けないというか・・。
f0189467_13351979.jpg
 
うがっ。こっちには女の子のヘビ使い・・ってのはヘンか・・・ヘビ少女・・・もっとヘンか・・とにかく
ヘビと少女がいる。ここは水上爬虫類園でもあったのか。「ヘビと少女」の写真モデルになって、
モデル料をもらおうということなのだろうか?もっともこのコ、特にお金をせびる様子もないから、
ほんとにモデルだとしたら、イマイチ商売に身が入ってない(笑)。
f0189467_13351959.jpg
 
爬虫類たちはこの辺にしといて・・・、この水上パーキングエリアは水上集落の中にあるわけだから、
「湖の上で暮らす人々」の様子が垣間見られて面白い。生活としては豊かとは言えそうもないけど、かと言って
カンボジアの平均と比べて貧しいとも思えない。水上でそれなりに「フツーの生活」を送ってる様子だ。
これは水上食料品店かな。平らな木の床の下にドラム缶をカマして浮いてる様子がよくわかる。
f0189467_13353379.jpg
 
子供たちは朝になると親が運転するボートに乗って水上学校に通学するらしい。学校が終わると
また親がボートでお迎え。外に遊びに行きたくても、舟をこげなきゃウチにいるしかないわけで・・・
f0189467_13354081.jpg
 
・・というわけでもなさそうだ。
小さいうちからタライ舟みたいなものをあやつってちょっとそこらに行くくらいのことはできるようだ。
まぁ広い校庭でサッカーやって遊ぶというわけにはいかないだろうけど、どんな環境でもコドモは
楽しみを見つける。とりあえずここで生活してりゃ泳ぎが上手くなるのは確実だし、仮にこのタライ舟が
転覆したって家まで泳いで帰るくらいのことは造作ないんだろう。
f0189467_13354122.jpg
 
以前に載せた、ヘビを見せびらかしにきた子供たちと会ったのもこの時だった。
同じ観光客相手のコドモビジネスでも、遺跡のそばで「絵葉書買って~」なんてやってるのに比べると、
元気いっぱいで好感がもてる。水から顔を出した子供なんて、どうしても写真を撮りたくなるのを
向こうも承知だ。「なんかちょうだい~!」攻勢でしっかり小遣いを巻き上げられちまったぜ(笑)。
f0189467_01572732.jpg
 
しかしどこの国でもこういう「ヒトビトの生活の様子」って見てて飽きないよね。
水上生活を送る人たちの日常を眺めるのは楽しかった。
f0189467_13354112.jpg
 
このトンレサップ湖に行くのはやっぱ雨季がいいんだろうなぁ。
乾季でもそれなりに大きい湖ではあるけど、やっぱガバッと巨大化した雨季の湖を見る方が
東南アジア最大の淡水湖を堪能した気分になれる。
f0189467_13353352.jpg
 
シェムリアップに来れば見るべき遺跡はワンサとある。イ課長だってホンの一部しか見てない。
ひたすら遺跡見学に酔いしれるというのも悪くないけど、せっかくトンレサップ湖畔の町に来たわけだから
しばし心地よい湖上の風に吹かれながら水上生活見学ツアーというのもお勧めざますよ。
 
 
[PR]

by tohoiwanya | 2016-03-07 06:27 | 2014.09 東南アジア旅行 | Comments(6)
Commented by ふじっこ at 2016-03-07 08:09 x
おはようございます~

ワニの干物。。。食べれるのかな。。。笑
でも、写真だと身があまり無いようなので、バッグやベルトの原料?

現地の人達の生活を近くで見せてもらうのも旅の楽しみですよね。水上生活とか、日本じゃあり得ないし。住む場所を湖に限定されても、たくましく暮らしていて、普段ちょっとしたことで悩んだり、腹をたてたりしている日本の生活がバカバカしくなっちゃいます。。。
Commented by tohoiwanya at 2016-03-08 09:52
>水上生活とか、日本じゃあり得ないし

ふじっこさん:
リゾートでも水上コテージってありますけど、ココの場合、浅瀬に固定式じゃなく
湖の干満と連動した移動式ですから完全に水上浮遊生活。ホント想像がつかない。
シェムリアップっていうと何てったって遺跡観光がメインになるんですけど
この水上生活見学ツアーもこれからどんどん観光客増えていくんじゃないかと思います。

Commented by piki at 2016-03-08 19:57 x
ひー、いきなり、わにかわいいーと
思ったら、次の写真が。。。

。。。。 
Commented by Bきゅう at 2016-03-08 22:16 x
ワニ、湖に生息しているということですよね。
そして、ヒトも湖の上に家を作って生息している。
もしかして、ワニさんたち、ヒトサマの家に上ってきちゃうってことないのですかね。ヤモリが窓に張り付いている分にいは驚かないけど、ワニがドア向こうに張り付いていたら、怖いかもですう〜。
Commented by tohoiwanya at 2016-03-09 00:06
>わにかわいいーと思ったら、次の写真が。。。

ぴきさん:
あの生きてる方の写真・・・か、かわいいスか?(笑)
それにしてもワニの開きの干物はまったく用途不明。乾いてカチカチだと思うから
アレを買って時計のベルトにするってわけにもいかないと思うし、
純粋に飾り物として持ち帰るにしてもガサバりすぎ。飼う人がいるんだろうか?
Commented by tohoiwanya at 2016-03-09 00:10
>ワニ、湖に生息しているということですよね。

Bきゅうさん:
たぶんそうだと思うんですよねぇ・・ワニのいない湖でワニ展示してもしょうがないし。
そう考えると、私は「ドアを開けたらワニ」の恐怖より、上の写真にもあるみたいに
子供たちが水ン中で泳ぎ回ってキャアキャア遊んでる、その下の方から
ジョーズのテーマに乗ってワニが迫って来る恐怖の方がキョーフかも。


<< バンコクの学校制服に関する考察      トンレサップ湖というところ【その2】 >>