2016年 04月 05日

愚かなるドジの後始末 その1

これは前回記事の後日談にあたる話なんだけど、この後始末はバンコクにおいて特に忘れがたい
出来事でもあるので、ぜひ書いておきたい。

金をなくしたとわかった時は ⇒慌てふためいてひたすら探す ⇒見つからずボーゼンとメシ食い
⇒海外キャッシングによるリカバリー という展開で終わった。

それでも翌朝目覚めた時のイ課長の気分はスガスガしいものとはいえなかった。
そりゃまぁ一応バンコクであれこれ観光活動できる程度のバーツ現金は確保した。
しかしあの落し物をどうするのだ?ほっとくのか?10万円分くらいの外貨が入ってんだぞ?

国境越えバスの車内でなくしたことは確実なんだから、バスを降りた北バスターミナルまで行って、
警察に届けるなりナンなりしろよ。ひょっとすると誰か拾って落し物として届けてくれてるかもしれんだろ。
その時、落とし主がいなきゃ逆に問題だ。とりあえず行くだけは行って、警察に届けろ。


正義の声がそう言った。言ってることは正しい。外国でそんなことするのって、むかぁ~し台湾で
定期入れを落として以来だけど、やっぱやらないわけにはいかないよな。しかし一方で悪の声も聞こえた。
しかもこの時の悪の言い分にはけっこう説得力があったんだよ。

誰かが拾って届けてくれるぅ?出てくるわけねぇじゃん!ここは日本じゃない、東南アジアだぜ?
大体北バスターミナルって、昨日バス降りた時もタクシー使ったくらい、ドえらく不便な場所だろ?
あんな不便なとこに行って貴重な一日をムダにするより、落とした金のことはスッパリ忘れて遊ぼうぜ?
とりあえずタイバーツの現金は確保できたんだからさぁ。


うーむ、なんという強烈な誘惑。「もういいや」と思ってバンコク観光するかって気になってくる。
貧しいカンボジア人(もしくはタイ人)がアレを拾って警察に届ける可能性なんて、おそらく
ニュートリノより小さいはずだ。行くだけ無駄だろうなぁ・・・さてどうすっかなぁ・・?

結論から言うと、イ課長はやはり北バスターミナルに行くことにした。
「落し物として届けられてる」という可能性に期待したわけではない。大枚入った現金封筒をなくすという
大失態を犯した自分を罰するために行ったという方が近い。セルフ・パニッシュメント。自虐の詩。
ダメでもナンでもとにかくやるだけのことはやってからあきらめろ。バカモノめが。

自己処罰である以上、メトロを降りたあとは不便なバスターミナルまでひたすら歩いた。
処罰なんだから歩くのが当然だろ!タクシーだぁ?ゼイタク言うんじゃねぇ!(ピシーッ!!)
セルフ灼熱地獄の刑。逆八甲田山。いやーーーホント暑かったんだよ、この時は。
f0189467_11435113.jpg
 
休むべき日陰もあんまりない道をひたすら歩く。ホコリっぽい道を大型ダンプやバスが行きかう。
汗でびっしょり濡れたところにホコリをたっぷり浴びるから、落語の「船徳」に出てくるセリフじゃないけど
ほとんど「人間の安倍川モチ」状態。ヲラ文句言ってねぇで歩けイ課長!
f0189467_11435173.jpg
  
この道路ってのがさぁ、まるっきり人間フレンドリーじゃなくて、そこらじゅう工事やってる上に
向こう側に渡る信号とか横断歩道みたいなものもないときた。大型車の間をぬって必死になって
アッチに渡らなきゃならん。ああ・・せっかくバンコク来たのに何の観光もせず、こんな所で
安倍川モチになってるワタシ・・ええ、自分が悪いんですよ、誰のせいにもできませんよ。
f0189467_11435151.jpg
 
ようやくバスターミナルに着いた時はすでにクタクタ。
しかし大変なのはこれからだ。スジからいえば落し物相談窓口みたいなところをまず探すべきだろう。
でも、ここはてっとり早く警察を探した方がいいよな。ここはバンコクでも指折りの
巨大バスターミナルだから、中に警官詰め所みたいなのがあるだろ、きっと。
f0189467_13305616.jpg
 
ここから警官詰め所までどうやって行ったかについては、実は以前に書いてる
「ポリスオフィス」と言ってそこらにいたオッサンに連れてってもらい、案内料としてチップを払った。
彼が連れてきてくれた警官詰め所がコレ。しかしご覧のように無人である。
f0189467_15322161.jpg
 
しばらく待てば警官が来るのかと思って待ってたんだけど、警官が現れる様子はまったくない。
ったくもう〜、何のための詰め所なんだよ。ホンモノの警官がいなくて看板だけなんて、文字通り
看板倒れってヤツじゃねぇか。

どうしようか・・・?フと目を転じると、そこにインフォメーションのカウンターがあった。
もうしょうがねぇ。ここまで来たら金が見つかるかどうかより「とにかくヤルだけのことはヤッタ」と
言えるまでヤルのだ。それが自己処罰なのだ。さぁトットと行けイ課長!(ピシーッ!)
f0189467_11455094.jpg
 
ここからイ課長の現金紛失に関する長~い捜索活動が始まることになるわけだが、
すでにここまでで充分長くなってるから、続きは次回だ。

  
[PR]

by tohoiwanya | 2016-04-05 14:59 | 2014.09 ベト・カン・タイ旅行 | Comments(2)
Commented by hanatomo31 at 2016-04-06 02:03
どうなる?この先!
期待を込めて待ってます。
Commented by tohoiwanya at 2016-04-06 12:49
>どうなる?この先!

ハナトモさん:
いや別にアッというような展開が待ってるわけじゃないんですが・・(笑)。
まぁこういう失態もそれはそれでブログネタくらいにはなるわけだけど、
やっぱりドジは踏まないにこしたことはない。せっかくの旅先で
お金捜索で半日空費したのはやっぱり悔しかったですよ。


<< 愚かなるドジの後始末 その2      愚かなるイ課長のドジ 東南アジア編③ >>