2017年 05月 26日

ぐれーとぶりてん道路交通事情

ストーンヘンジ往復ではバスの最前列に座ったから、広い窓からロンドン市街や田舎の道路を
たっぷり観察できた。日本と同じ左側通行の国ではあるけど、やっぱそういう位置から見てると
英国道路交通事情について「へぇ、そうなんだ」と思うことも多い。たとえば・・
f0189467_01213034.jpg
 
①自転車通勤が多い
ロンドン中心部では自転車通勤はすごくよく見かける。ちゃんとヘルメットかぶって、
本格的なウエアを着た人も多かった。
f0189467_01213052.jpg
 
ただ、彼らがみんな自宅から職場まですべて自転車で走ってるとは考えづらい。
おそらく車通勤者が途中に車を置いて、渋滞する都心を自転車で、ってことじゃないか?
もし電車&地下鉄通勤なら地下鉄に乗ったまま都心に行った方が早いだろうし。
(もっともロンドン地下鉄の信頼性も相当低いから、自転車の方が確実かも・・)
f0189467_01222886.jpg
 
ま、渋滞の中をスイスイ自転車で走れるのは大変けっこうだけど、
雨の日はどうするんだろうか?(この日も朝は雨だったから地面が濡れてる)

②ラウンドアバウトだらけ(ただしソレそのものの写真はない)
これは本当に多い。ちょっと郊外にいくと交差点はほとんどラウンドアバウト(環状交差点)で、
普通に信号のついた平面交差点はメッタに見なくなる。

調べたところでは、ラウンドアバウトって車が少なかった昔はそれなりに機能したんだけど、
車が増えすぎるとフン詰まって動かなくなることが多くなり、スタレた。
ところが英国では「回る車優先・それが途切れた時だけ進入車がサークルに入れる」という
オキテを導入したことで、車フン詰まり問題が改善され、再び普及したんだとか。

ただねぇ、イ課長が見た感じだと車が多い都市部のラウンドアバウトの近くでは必ず
渋滞が発生してた。回る車が多いと進入できる車の数が限られるから、その詰まりが
後続に波及して渋滞を引き起こしたんだと思われる。

車がガラすきの田舎道で、交差する道路の交通量も全然ないのに赤信号でジッと停止するのが
アホらしいという気持ちはわかる。進入自由なラウンドアバウトの効用はあるんだろうけど、
車が多すぎると結局変わらないね。環状交差点でも普通の交差点でも結局渋滞するってことだ。

③信号システムが日本と違う
これは一番びっくりした。日本の場合、車両用の信号は
(停まれ)⇒(走っていいよ)⇒(もうすぐ赤よ)⇒(停まれ)⇒・・・というサイクルで
点灯する。そんなのは当たり前で全世界共通ルールと思ってたら、英国では違うんですねー。
こうなってるんだよ。

       赤(停まれ)
f0189467_01104739.jpg
 
       赤+(もうすぐ緑よ、準備いい?)
f0189467_01104798.jpg
 
       緑(はーい走っていいよーー)
f0189467_01005571.jpg
へぇーー英国じゃ赤⇒緑の間に「+ダブル点灯」っていうのが一瞬、あるんだ。
これは今まで全く気がつかなかったよ。バスの先頭座席にいたからこその発見だった。

当然ながらどこの信号も同じだ。もう1回撮ったから左から順に見てね。
f0189467_01111709.jpg
 
赤からすぐ緑にならず、黄色がチラリともってドライバーに「ほら走り出すぞ」という
注意喚起をする。それはそれでまぁいい。わかりづらいルールだとは全然思わない。
でもイ課長にはどうしてもこれがF1か何かのスタートシグナルみたいに思えちゃってさぁ、
+点灯からになった瞬間、さぁグリーンシグナルがともった!各車一斉にスタート!
早くもセナとプロストが先頭争いだ!第一コーナーに先に飛び込むのはどっちだー!


・・って気分になっちゃうんだよ、カンカク的に(セナ、プロストって古すぎる)。
もしイ課長が自分で運転してたら思わずアクセル激踏みしちゃいそうでコワい(笑)。

ま、こんな感じで日本と同じ左側通行の国・イギリスでも、その道路交通状況を観察してると
いろいろ感じるところがあるのでありました。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-05-26 00:12 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(0)


<< ロンドンで髪を刈る      ストーーーンヘンジッ!!【その4】 >>