2017年 07月 22日

東京ステーションホテル・最上階レストラン

本日あった夏の宴会の話を書きまっす。
グリニッジ天文台の続きは次回書きます。相変わらずの不実な書き手ですんまそん。

イ課長が勤務する会社は人数も少ないから宴会は全社規模でやる。しかも夏と冬に。
冬は忘年会みたいなもん。夏は・・何なんだろうねぇ?(笑)・・全社納涼会とでもいうか。
ちなみに、積立会費制ですよ。自分たちが払った会費で飲み食いするわけだから参加者は
遠慮する必要はない。飲んでやる食ってやる。

今年の夏の全社宴会が今夜あったのだ。
これ、幹事にとってはけっこう夏と冬の面倒な負担でねぇ・・。

そこらの居酒屋の座敷を借り切ってやる程度だと「工夫がない」「つまらん」と言われる。
イ課長が幹事やった時は夏は千葉のビール工場併設ビアガーデンでバーベキュー食い放題、
冬は東京湾クルーズ船貸切で船上パーティなんてやりましたよ。
(あの頃はまだオフィスが浦安だった)。
f0189467_23483645.jpg
 
本日は「本来宿泊客しか入れない東京ステーションホテルの豪華レストランでの豪華ディナー」
という趣向だった。ほぉ~・今年の幹事さんもいろいろ大変やのう。

このレストラン、東京駅赤レンガ駅舎の中央部の最上部、ちょうどココんところにある。
なかなか豪華な空間らしい。カメラ持参OKだったので、愛用のカシオを持参して参加。
f0189467_17370650.jpg
 
ほおお~~~~・・・・確かになかなか豪華。
こういう機会でもなければ、自分だけで来ることは生涯ないだろう。本来ステーションホテルの
宿泊客しか入れない場所っつうんだから尚更だ(朝食ブッフェの場所になるらしい)。
f0189467_00034051.jpg

「駅の建物にある豪華レストラン」というと、イ課長はすぐにパリ・リヨン駅のル・トラン・ブルーを
思い出す。あそこでディナーをごちそうになったのも、間違いなく今後二度とない経験。
ここはトラン・ブルーほどバロック的豪華デコラティブ空間じゃなくて、シックで落ち着いてる。
天井が寄棟になってるから、あの屋根の内側にいるんだってことがわかる。
f0189467_23591626.jpg
もちろん貸切ではない。店内には他のお客さんもいる。
だから騒々しいビンゴだの、クイズだのっていう余興はなし。ま、バタバタせず落ち着いて
会食できるのは好ましいことだ。料理はもちろんとても美味しかった。

メニューの紙をもらったから正確に料理名を記載できる。
これは「信州サーモンの自家製スモーク ライム風味」。海のない信州でサーモン?
聞いた話では信州サーモンって鱒のことなんだとか。
f0189467_00040993.jpg

これは「フッコのグリエ ピストゥーソース」。ところでフッコってどんな魚(笑)?
f0189467_00040935.jpg

メインは「黒毛和牛“二種の味わい”ローストとブレゼ」。美味しゅうございました。
f0189467_00040915.jpg

会食が済んだら後は帰るだけ。だがイ課長はいったん駅の外に出て夜の丸の内の景色を眺めた。
この辺、丸ビルその他昔ながらのビルは全部姿を消して高層ビルになっちゃったけど、その分
夜景は一段と美しくなったなぁと以前、やはり夜来た時に思った。
f0189467_00043810.jpg
f0189467_00043890.jpg
 
東京ステーションホテル最上階レストランで過ごした、真夏の週末の夜のお話でございました。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-07-22 00:05 | 日本での私生活 | Comments(2)
Commented by Bきゅう at 2017-07-22 06:22 x
会社でとなると、いろいろな好みの人の要求をできるたけ満たすようにしないといけないから大変だなあと思いました。でも、積み立てまでしてやるとは、ちょっとびっくり。やらなきゃいいのにという意見はないのでしょうか。
Commented by tohoiwanya at 2017-07-23 00:00
>やらなきゃいいのにという意見はないのでしょうか

Bきゅうさん:
ないみたいですねぇ。この会費って、社員の冠婚葬祭の祝い金やお香典、あるいは誰かが
定年退職したなんて時の餞別なんかの基金も兼ねてて、純粋に宴会のためだけっていう
わけでもないんですよね。会費をうんと小額にして冠婚葬祭時にだけ使うことにして
宴会なんてやめるということも理論的には可能だろうけど、誰も言い出さない(笑)。


<< グリニッジ天文台【子午線編】      グリニッジに行ってみよう その2 >>