2017年 12月 27日

宇宙怪獣モヒンガーを食らう

今年の更新もあと何回か・・。年末最後ネタと新年最初ネタは決まってるから
大ネタには着手しづらい。ここはおとなしく食い物ネタでいくか。
まだモヒンガーについて書いてなかった。

モヒンガー。
前にも書いたが、この怪獣のような語感は何度聞いてもウットリだ。
とても食い物の名称とは思えぬ(下の写真はモヒンガーの美味しさのモト、
ナマズだしスープが入った寸胴鍋)。
f0189467_13250292.jpg
 
日本における蕎麦・うどんに相当するくらい代表的なミャンマーの麵料理。
麺食い野郎イ課長として、ミャンマーでこれを食わずに帰ることなどあり得ぬ。

しかしヤンゴンでは食う機会がなかった。いろんな屋台がいっぱいあるけど、どれが
モヒンガー屋なのか、パッと見てもよくわかんないんだよね。「はじめてのおさんぽ」で
食ったのも、ミャンマーのもう一つの代表的麺料理、シャン・カウスエの方。

ミャンマー人にとってのモヒンガーって、特に朝飯がわりにパッと食うことが多いらしい。
そういうところも日本の立ち食いそばと似てる。しかしホテルが朝食付きだったから
結局ヤンゴンではモヒンガーに遭遇できないままバガンに移動。

バガン二日目。朝日鑑賞〜半日タクシーチャーターの時、今日こそ食おうと思った。
ドライバーは「一度ホテルに戻って朝食を食うか?」と聞いてきたけど、イ課長はそれを断り、
「我モヒンガーを食わんと欲す。汝、未だ朝食を食わざるなら我と共にモヒンガーを食うべし。
 汝、この辺でモヒンガー屋を知るや?」と聞いた。

で、ある仏教遺跡の前のテント屋台で食ったのが最初のモヒンガーだった。
おおこれか。ナマズだしのスープ、米粉の麵、ミャンマーの国民食と言えるモヒンガー。
さっそく食ってみようじゃねぇか。こん時は腹減ってたんだよねー。
f0189467_13194378.jpg
 
・・・あれ?・・あの・・箸は?
実はミャンマーの人はこのモヒンガーをレンゲだけで巧みに食うらしいのだ。ドンブリのヘリに
麵を押し付けて、切って、スルッと食うらしい。

その方式を実践しようかとも思ったけど、一応「箸はありますか?」と聞いたらあった。
まぁレンゲだけでも食えるだろうけど、ここはやっぱ箸ですくってズルズルッと威勢良く
たぐり込みたいじゃねぇか。こちとら江戸っ子だぜぃ、べらんめい。
f0189467_13194386.jpg
 
薬味の葉っぱをブチ込み、ひたすらワシワシと食いました。美味い。全然生臭くない。
いやごちそうさまでした。ドライバーと二人分でも1,000チャット(約90円)。ド安い。
「もう一杯食べるか?」とドライバーに聞かれて、この時は遠慮したけど、量的には
二杯でも十分イケそう。

ミャンマー二度目のモヒンガー体験はマンダレー二日目。日帰りミングォン観光に行って
帰りの船まで時間があるから、どこかで腹ごしらえしようと思って入った店だった。
何かのヌードル屋らしかったんだよね。

出て来たのがこれ。きしめんよりすっと幅の広い麵。こ、これは何?
そこで、おばさんに「シャンヌードル?」と聞いてみた。すると首を横に振る。違うのか。
次に「モヒンガー?」と聞いたらうなづく。何と、きしめん型モヒンガーでござんすか。
f0189467_13213351.jpg
 
よし。ここはひとつドサッとトンガラシをのせて食ってやろうじゃねぇか。
ゆで卵の具なんかもあって、最初にバガンで食ったヤツよりも食いでがある。
これがまた美味しくてさぁ〜。
f0189467_13213393.jpg
 
写真を見るとお気づきのように、この店でも箸は出てこなかった。
レンゲと、大きいスプーン(フォークだったかな?)だけ。この二つだけでガツガツと
食わせて頂きました。なにせ腹減ってたもんで(笑)。

いやおいしかった。これで値段は1,000チャット。最初のヤツの倍の値段だが、
こっちの方がボリュームは多かった。こういうきしめん状モヒンガーもあるんだなぁ。
ちなみに、ミャンマーの飲食店やカフェにはこんな感じでお茶がつく場合がけっこうある。
お茶はもちろん無料なのである。なんて嬉しい。
f0189467_13213296.jpg
 
以上、ミャンマーで食った宇宙怪獣モヒンガー二杯。
ミャンマーは「麵天国」と言われるくらいで、モヒンガーやシャンヌードルだけでも
いろんなバリエーションがあるらしい。だがイ課長が食ったのはこのモヒンガー二杯と、
前に書いたシャン・カウスエ一杯だけ。

そういう意味では「麵的欲求不満」がいささか残ったのは否定できない。
もし今度ミャンマー行くことがあったら、毎日モヒンガーを食い倒したいぜ。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-12-27 00:16 | 2017.08 ミャンマー・タイ旅行 | Comments(4)
Commented by Bきゅう at 2017-12-27 22:40 x
なんか、このモヒンガーのスープ、やっぱ、わしがもらったのと似ている気がしますう。レストランで食べたときは、麺がちょこっと入ってたし。ちなみに、このDCにあるレストランは、なんちゃってぢゃなく、ビルマ人おすすめでしたあ。
Commented by ふじっこ at 2017-12-28 00:12 x
こんばんは~

諸事情で年末年始の深夜特急マレー鉄道の旅をキャンセルすることが先程決まり、テンションだだ下がりのふじっこです。。。(ToT)

怪獣ヌードル、美味しそう。。。うっ、うっう〰️っ←泣いてる
お店によって大分様子が違うんですね。。。何回食べても毎回違った味を楽しめるんですね〰️〰️ぅううう←やっぱり泣いてる

今年はあんまりコメントできなかったですが、イ課長様の楽しい記事で行ったことのある場所の思い出にニンマリしたり、行ったことのない場所にときめいたり、うまそうなアジア飯に腹の虫が騒いだり。。。お世話になりました!!年末年始の記事も楽しみにしておりますル。来年も楽しみにしておりますm(_ _)m
Commented by tohoiwanya at 2017-12-28 22:45
>わしがもらったのと似ている気がしますう

Bきゅうさん:
うーん・・それがモヒンガーだとすればスープは美味しいはずなんだけどなぁ?
「ラーメン」と言っても店・地方によって味は様々あるように、
モヒンガーも味のハバが広いということか。私が食った二杯に関しても
麵の量とか乗ってる具材にはけっこう違いがあったくらいだし。
・・でもスープは美味しいはずなんだけどなぁ?
Commented by tohoiwanya at 2017-12-28 22:58
>深夜特急マレー鉄道の旅をキャンセルすることが先程決まり

ふじっこさん:
えええっ?これだけ近づいてキャンセルとは・・。
でもこのトシになると海外行くのもいろんな不確定要素が増えるのも事実。
2013年にベトナム・タイ旅行もオヤジの体調でキャンセルしようかと考えたし、
去年のミャンマー旅行も帰国した日に義父が他界。もし出発が一週間ズレてたらと思うと・・。
旅行なら自分の楽しみがフイになるだけでいいけど、おフクロが手術した年の
海外出張の時は悪い想像ばかり頭に浮かんで疲れました。
ふじっこさんもお忙しいご様子ですが、どうぞお身体にだけは気をつけてお過ごし下さい。


<< 長年の疑問がついに氷解      イ課長ミシュラン・ホテル評価 45 >>