2018年 01月 25日

ヤンゴン中央駅というところ

汲めども尽きぬヤンゴンネタ。

前にも書いたように、雨が多そうだったのでヤンゴンには一泊しかしなかった。
ヤンゴン行ったらやってみたいなぁと思ってたけど、滞在日数を減らしたカンケイで
あきらめたこともある。その代表がヤンゴンで鉄道に乗ることだ。
f0189467_23515943.jpg
 
ミャンマーには鉄道網がソコソコ整備されてる。旧式で速度もノロいが一応あるのだ。
イ課長は夜行バス使ったけど、バガンまで鉄道で行くことだってできる。

これって英国統治の名残りなのかな?インドやバングラデシュも国内主要都市を結ぶ鉄道路線が
けっこうあるし、世界遺産に登録されてるムンバイのチャトラパティ・シヴァージ駅なんて
名前からして間違いなく英国植民地時代に作られたはず(旧駅名はビクトリア駅だった)。
同じ英国植民地だったミャンマーも英国統治時代に鉄道整備されたんじゃないかな。

フランス植民地だったカンボジアやラオスが鉄道不毛の地に近いことを考えると、両国の
植民地経営コンセプトの違いなのかもしれん。

・・・なんて、まぁそんなことはどうでもいい。
とにかく古いながらも鉄道網が一応は整備されたミャンマー、主要都市間の路線はもちろん、
首都ヤンゴンには環状線というのもあるのだ。これに乗ってみたかったんだよねー。
ダイヤなんかも事前にいろいろ研究した。

十分予想されるように環状線を走る電車の数はあまり多くない。ヤンゴン中央駅から出るのは
1時間にせいぜい2~3本。しかも一周にかかる所要時間が約3時間ときた。ヤンゴン環状鉄道を
周回しようと思ったら十分時間を確保する必要がある。

環状線には途中に「駅が市場になってる」なんて駅もあるらしい。み、見たい。
しかしそこまで行って、降りて、次の電車で戻ってこようとしたらさらに時間がかかる。
うーん・・やっぱ「到着した翌日には夜行バス」っていう1泊2日間じゃ厳しいか・・。
というわけで、ヤンゴン鉄道体験はスッパリあきらめた。

しかし駅を見るくらいはいいだろ?というわけでヤンゴン中央駅に行ってみた。
海外に行くとマイルド鉄っちゃんになるイ課長、あきらめが非常に悪い(笑)。
事前に写真で見るとすごく立派そうだったヤンゴン中央駅。実際も確かに立派だ。
ただし「使用感」があんまりなくて・・・なーんか廃墟じみてるぜ?
f0189467_23481387.jpg
 
なんだい?これ。一応首都の中央駅だろ?現役だろ?なんだってこんなにサビレてんの?
人なんて誰もいないぞ。大丈夫かヲイ。やる気あんのか中央駅。

ヤンゴン中央駅のワキには道路橋が通ってる。この道路橋の歩道から駅のホームに階段が通じてて、
駅利用者の多くはさっきの廃墟駅舎じゃなく、この階段の方を利用してるようだ。なるほど。
f0189467_23481330.jpg
 
「ってことはホームまでは誰でも降りられるのか?写真だけ撮りに行けるか?」と思ったけど、
たぶんダメ。ちゃんと途中に係員が座ったデスクがあって、おそらくあれが切符販売所および
「切符のねぇやつぁ、こっから先には行けねぇぜ」という関所ではないかと思われる。

しょうがないから道路橋の上から線路やホームを眺める。
海外の鉄道や駅を眺めるのって好きなんだよ。フランフルト中央駅みたいな大ターミナル駅も、
東南アジアの、こうやって犬がウダウダしてるような駅も、それぞれ味わい深い。
f0189467_23481232.jpg
 
うわすげぇ〜〜線路が雑草の中にフェードアウトしてる(笑)。写真の上部1/3だけ見れば
単なる原っぱにしか見えん。
f0189467_23482270.jpg
 
あの奥に停まってる電車だって、周囲がここまで草だらけになっちゃ身動きとれないのでは?
線路だか原っぱだかわかんない場所に放置された意味不明の車両。廃車か?
先進国の駅構内じゃお目にかかれない光景だ。
f0189467_23482192.jpg
 
てな感じで嬉々として写真を撮ってると、向こうから汽笛が聞こえてきた。
お?列車が来るのか?見たい見たい(←ガキ)。さっそく移動して先頭車両を正面から。
これ、何となく日本で使われてた中古車両じゃないかって気がするなぁ。
f0189467_23501553.jpg
 
もうちょっとワキに移動して列車全体を見てみよう。
おおお、けっこう長い編成じゃん。しかも車体にはミャンマービアの全面広告。へぇーー。
これだけ見ると開発途上国のオンボロ列車って感じには見えないぞ。やるじゃん、ミャンマー。
f0189467_23501543.jpg
 
ずーーっと列車を見送って、最後尾のところでもう一枚パチリ。
窓やドアが開けっ放しだから冷房なしの車両なんだね。ああいいなー。イ課長もこんな風に
のんびり座って景色を眺めながら環状線一周したかった・・。
f0189467_23501578.jpg
 
こうやって、道路橋の歩道から線路や列車の写真撮ってるじゃん?
やたらに外人フレンドリーなミャンマー人。そういう時でもイ課長に声かけてくるんだよ。
「キミと駅とを一緒に撮ってあげようか?」みたいな感じで。

イ課長としてはテメェのバカ面入りの鉄道写真なんて欲しくないから(笑)遠慮したけど、
ミャンマー人のフレンドリーさ加減にはここでも感心したイ課長なのでした。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2018-01-25 00:02 | 2017.08 ミャンマー・タイ旅行 | Comments(2)
Commented by Bきゅう at 2018-01-25 21:11 x
ビルマの鉄道というと、ちゃちゃちゃー、ちゃちゃちゃちゃーって、どうしても戦場にかける橋を思い出してしまいますう(クワイ河自体はタイ領内だが)。でも、泰緬鉄道のビルマ側は、戦後すぐに撤去されたらしいですね。
Commented by tohoiwanya at 2018-01-27 13:54
>泰緬鉄道のビルマ側は、戦後すぐに撤去されたらしいですね

Bきゅうさん:
泰緬鉄道の残骸というか、遺構みたいなものは多少残ってるらしいけど、
路線としてはないですよね。泰緬鉄道が残ってて、ゴトゴト電車に乗って
国境越えができたら、今頃けっこうな観光資源になってただろうになぁ。
今回、結局鉄道には一度も乗る機会なかったけど、車両のオンボロさといい、
線路のガタガタさといい、魅力たっぷりっす。


<< 日本に行きタイ!【2017年デ...      大雪警報 >>