2018年 02月 19日

イ課長ミシュラン・ホテル評価 46

昨年の旅行では4カ所のホテルに投宿したわけだが、最後にホテル評価ばっかり固まるのも
ナンだから、少しずつ小出しにやっていこう。まず最初に泊まったヤンゴンのホテル。

これから経済発展が期待されるミャンマー、その首都ヤンゴンには高級ホテルから
相部屋ゲストハウスまでいろいろあって、選択肢は意外に豊富だった。軍政時代は
外国人観光客も多くなかったはずだけど、最近になってガッと増えたのかもしれない。

3,000〜4,000円出せば、マトモそうなホテルのバスルーム付き個室に泊れる。
その価格帯の中からイ課長が選んだホテルが・・・

Sule Sapphire Inn

スーレーサファイアインというホテル。その名の通り、スーレー・パゴダにすごく近い。
1泊で約32$だから3,500円くらいか。

立地・利便性★★★☆☆ 
何せ移動手段は徒歩かタクシーしかないヤンゴンだから、とりあえず中心部がいいと思って
ここにした。もちろんスーレー・パゴダは徒歩5分くらいだし、ドッカからタクシーで
帰る時も「スーレーパゴダ」って言えば必ずわかるから便利っちゃー便利。
f0189467_14183004.jpg
 
周囲も賑やかで、中心街の便利な場所と言っていいんだろう。それなのに★三つだけ?
その理由はホテル周囲にビールを売ってる店がなかったという致命的問題による(笑)。
中心部なのに夜開いてる店が少なくて、部屋では日本から持ってきたジャガビーと水だけで
過ごさねばならなかった。悲しかった。なので★三つ。
f0189467_01114242.jpg
 
部屋★★★★☆
部屋は良かったよ。ベッドも広く、シャワーもトイレもエアコンついてて、まず文句ない。
f0189467_01121330.jpg
 
ホイアンのホテル同様、トイレとシャワー室が同じだったけど、これもイ課長的には問題なし。
3,500円でこのくらいなら、★4つあげていいんじゃないか?
f0189467_13490761.jpg
 
朝食★★★★☆
このホテルは朝食付き。たった1回だけど朝メシはこんな感じだった。
ビュッフェ形式じゃなく、客ごとにトースト、玉子、果物というシンプルな構成の朝食セット。
これにコーヒーとジュースがつきゃ文句ないっす。朝食付きは助かる。
f0189467_01121266.jpg
 
シャワーサービス★★★★★
特筆すべきは、チェックアウトのあと、空き部屋のシャワーを使わせてくれたことだ。
こっちは汗ダクで、しかも床屋行ったから髪クズだらけ。そんなイ課長が夕方荷物をとりに戻った時、
シャワーを使わせてくれ、着替えもさせてもらえたのは本当に助かった。そのまま夜行バスに乗った
ことを考えれば、この恩はまことに深い。ありがとうね。当然★5つ。

従業員★★★★★
チェックアウト後のシャワーに限らず、ここはホテル関係者が親切で面倒見がイイ人ばかりだった。
たった一泊しかしなかったけど、アットホームな感じですごく良かったよ。

まずコドモと仲良くなった。ホテル関係者の誰かの子供だと思われる。
ほっぺのタナカがかわいい女の子と男の子。この子たちの写真を撮ってたら、おかみさんが出てきて
一緒の写真をわざわざ撮ってくれた。
f0189467_01133188.jpg
f0189467_01133272.jpg
 
このおかみさんがバスターミナルまでのタクシーも手配してくれたわけだけど、
タクシーに乗ると、なぜか別の従業員が同乗してる。わざわざ送ってくれるのか?と思ったら
そうではなく、たまたま自分の家が近いので途中までチャッカリ同乗してたのだ。

「アナタのおかげでタクシーで帰れてラッキーだわーー」なんて言って、実に天真爛漫。
この女性従業員がまた明るい人で、「ウチのホテルのこと、ネットで褒めといてね」なんて
イ課長に頼んできた(笑)。
f0189467_01114336.jpg
 
スーレーサファイアイン。いいホテルです。お勧めです。
頼まれなくても、イ課長はこうしてブログでジャンジャン褒めちゃいます。
ヤンゴンで安くて、でもシッカリしたホテルをお探しの方にはピッタリ。
シャワーサービスはホントーーに有り難かったよ。



[PR]

by tohoiwanya | 2018-02-19 00:05 | 2017.08 ミャンマー・タイ旅行 | Comments(2)
Commented by みゅげ at 2018-02-19 17:56 x
イ課長さん、地元の方に見えますが(笑)
Commented by tohoiwanya at 2018-02-20 13:44
>地元の方に見えますが(笑)

みゅげさん:
インド出張行った時の写真でも「現地の人かと思った」って言われたけど
考えてみたらミャンマーにもインド系住民は多い。私の見た目にとっては
「溶け込みやすい」地域なんでしょうな(笑)。もっとも、私の場合は
世界ドコに行ってもとりあえず「日本人じゃないみたい」というのは
共通してるようで・・。



<< 愚かなるイ課長の(軽度の)ドジ      ミャンマーでヒコーキに乗らなか... >>