人気ブログランキング |
2018年 03月 26日

大河は流れ、人は日焼けする

さて、マンダレーに戻る時がきた。
外国人専用船に乗り遅れたら一巻の終わりだから、少し時間の余裕をもたせ、早めに
船に戻ってきたイ課長。

う・・ま、また例のビヨンビヨン板階段だ。手すりになるはずの棒も投げ出されてて役に立たぬ。
バランスをとって足だけで登らなければならぬ。ここで落水したら生涯の恥辱。途中ヨロけてビビッたが、
何とか乗船に成功した。はぁはぁ・・あーおっかねぇ。
大河は流れ、人は日焼けする_f0189467_10102301.jpg
 
おお、エヤワディ川で地元のご婦人たちが髪を洗っている。あまりキレイな水とは
思えないけど、彼女たちにとってこの川こそはまさに母なる大河。洗髪はもちろん、
洗濯なんかもエヤワディ川でやってるんだろう。
大河は流れ、人は日焼けする_f0189467_10102329.jpg
 
その向こうじゃオッサンが川でワンコを洗ってる(笑)。おそらくトイレなんかも
エヤワディ川にそのまま流れる構造なんだろうなぁ。下水があるとは思えんし。
悠久の時を超えて流れる大河を前にすれば、人間も、イヌも、排泄物も、すべて
卑小な存在なのである。
大河は流れ、人は日焼けする_f0189467_10151522.jpg
 
船は13時に出発。約1時間でマンダレーに着く予定。
船でミングォン半日観光し、ホテルに戻ったらシャワー浴びて一休みし、夕方になったら
ロンジー着て町に繰り出してみっかな。今日もなかなか充実した観光活動じゃないか。
いやぁ〜もうミャンマー最高だぜ♪♪
大河は流れ、人は日焼けする_f0189467_10102361.jpg
 
・・なーんて言ってると、ニンゲンひどい目に遭うのだ。
この日、往復の船上をずっとデッキの上で過ごし、なおかつミングォンを徒歩観光したことで
イ課長は「ぎゃあ」ってくらい日焼けしてしまったのだ。

写真を見るとわかるように、船に乗ってる間の空はけっこう雲が多かった。お日様カンカンって感じでは
全然ない。だから大丈夫だと思ってたんだけど、いやこれがどうして。ホテルに戻ってシャツ脱いで
シャワーを浴びようとして、真っ赤ッカになったオノレの首を見て、オノレが呆れた。
大河は流れ、人は日焼けする_f0189467_01433159.jpg
 
一応帽子はかぶってた。ツバを前にしたり後ろにしたりして調節したから、顔やウナジが
ガビガビになることはなかったけど、この肩から首にかけての色の差はなんだ。バクか。
ちなみに、足の甲も見事にサンダルの形にマダラ日焼け。こちらも醜いことおびただしい。

もちろん首だけじゃなく腕も日焼けしたけど、腕はふだんから「焼け慣れ」してるせいか
このあとバンコク滞在中に早くも皮がムケだした。ムケはじめるとついムイてしまう。
帰りのスワンナプーム空港でもチマチマ皮むいてた(笑)。
大河は流れ、人は日焼けする_f0189467_10192227.jpg
 
南国ミャンマーじゃ曇り空でも紫外線はスゴいんやのう。皆様もご注意ください。
腕の方はほどなく元に戻ったけど、首の日焼けと足の甲のマダラは旅行から半年以上経過した
現在でもまだウッスラ残ってる。みっともねぇったらありゃしねぇ。

 

by tohoiwanya | 2018-03-26 00:04 | 2017.08 ミャンマー・タイ旅行 | Comments(2)
Commented by Bきゅう at 2018-03-27 20:07 x
すんごいひやけー。海や河だと、日差しが照り返すから、UV2倍な感じですよ。曇っていても要注意〜。ひどくならなくてよかったですね。最後の写真、撮影するのにかなり身体をひねらないといけないよーな。
Commented by tohoiwanya at 2018-03-28 01:02
>曇っていても要注意〜

Bきゅうさん:
ほんとホント。肌がジリジリするような感じも全然しなかったから、
完全に油断してたけど、まさかこんなにマッカッカになってるとは。
最後の写真は自分の右手をどうやって左手で撮ったのか、自分でも覚えてないス(笑)。
シャッターはカメラの右上にあるのに・・。


<< 秋葉原の渡り鳥?たち      ミングォン大観光 その2 >>