2018年 05月 09日

ビザを取得した

本日の記事、最初は「ビザが来た」という標題にした。すると・・

ビ~ザが来~た ビ~ザが来~た ど~こ~に~来た~~♪

・・という替え歌が自然と頭に湧いてきた。
だが待て。日本語ではビザは「来る」じゃなく「おりる」って言うよな、普通。
ってことは、標題は「ビザがおりた」が正しいと考え直した。すると・・・

ビザがおりた ビザがおりた ビザがおりたぞー♫
ビザがおりた おりたぞー ビザがおりたぞー♫

・・という替え歌が頭に浮かんできた。イ課長の脳はもうダメかもしれん。

ま、何はともあれ、8月に行こうと思ってる国のビザがおりたわけですよ。
ビザ申請用写真撮影のメガネ問題から始まって、ラクではない道のりでした。

特にネット上で英文で作成し、プリントアウトするっていう申請用紙が大変だった。
とにかくまぁ恐ろしいほどワケわかんなくて、先人たちの数少ない情報だけを頼りに、
何とか作った。あの申請書の記入ミスがゼロだったとは思えない。

申請書を作ったら、次はこれをパスポートだの予約確認書だの写真だのと一緒に
大使館に提出せねばならぬ。会社関係者には前日のうちに「明日は私用で少し遅く、
フレックス出社するっス」と告げ、翌日朝イチに「その国大使館」に行った。
とーころがその日、東京は朝から強い雨ときやがった。

もうズボンから靴から靴下までビショビショ。ほとほと情けない。
大使館入口ではびしょびしょに濡れた体を金属探知機で検査され、何とか
中に入れてもらえたのである。ぜいぜい。
f0189467_16234348.jpg
 
記入事項をコト細かくチェックする様子もないまま、持参した顔写真を申請書の
顔写真の上にノリで貼れと言われた。え?印刷された顔写真の上にまた同じ顔写真貼るの?!
よくわからぬまま、言われたとおりにした。

そして、よくわからぬまま書類は受理され、よくわからぬまま引換証をくれた。
大使館を出て、再びビショビショになって地下鉄に乗って出社したのである。
これでめでたく観光ビザ申請終了だが、あれでいいの?どうもよくわからぬ。

さて、次は引き取りだ。引き取り時間は午後のある1時間だけと定められている。
連休前の5月2日、資料集めのフリをして午後さりげなく(バレバレ)会社を脱走し、
再び例の大使館へ。あっさりとビザの押されたパスポートをくれた。ちなみに、ビザには
やっぱり顔写真ナシ。何のための顔写真だったのだ?(下は顔写真つきインドのビザ)
f0189467_10860.jpg
 
うーむ・・ビザの段階からすでに不可解なことだらけ。だがとりあえずこれで8月旅行の
最も重要なハードルはクリアした(はずだ)。ビザ申請前に飛行機やホテルはすでに
予約しちまってるわけだから、だいぶ気は楽になった。

しかし、それにしても・・だよ。
ビショ濡れになってビザ申請に行ったとき、同じように申請しに来てた日本人は
イ課長以外にたった一人。ビザ取りに行った時はイ課長以外、だーれもいなかった。
イ課長のパスポートを取り出す時、引き出しの中身をチラッと見たけど、“預かり中”の
パスポートなんて、数冊くらいしかなかったように見えた。

うーむ・・・外人観光客の少ない国だろうと予想はしていたが、ホントに少なそう。
去年、ミャンマーがオフシーズンだったもんで、イ課長は現地でかなり目立ったけど、
こんど行く国ではもっと珍しがられるのかもしれん。

てやんでい。もうビザはおりたんだ。その国で大地震とか大戦争でも起きない限り
行くからな。覚悟しろよ、その国の野郎ども。イ課長を見てウェルズ型火星人のように
珍しがりたきゃ、珍しがれってんだ。こっちもオメーらの国を散々珍しがってやる。
(↑ビザがおりたのでけっこう強気)。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2018-05-09 00:03 | 出張・旅行あれこれ | Comments(2)
Commented by chai at 2018-05-09 23:21 x
おや!インド!!
大使館が閑散としてたのはアライバルビザとeビザがあるからでは?
Commented by tohoiwanya at 2018-05-10 12:29
>おや!インド!!

chaiさん:
あ、写真で載せたのは2012年インド出張の時の、顔写真入りビザで、
8月に行くのはまた別の国。まだヒミツ(笑)。
考えてみたら、インド出張の時は仕事だからビザ取得手続きもぜーんぶ
お金払って代理店任せ。自分だけでやろうと思ったら大変だっただろうなぁ・・。


<< アーナンダ寺院⇒ティーローミン...      Tokyo Rainbow P... >>