2018年 06月 01日

ミンカの女・トホ妻、四国村を歩く

旅先でどんなものを見たがるかは人それぞれ。たとえばイ課長は東南アジアでは
市場を見かけると必ず吸い寄せられるし、欧州に行くと大聖堂を見たがる。

一方トホ妻は国内でも海外でも「民家系施設」を見たがる。古い民家が博物館として
保存されてる、なんていうのがあると必ず見たがる。実はミンカの女なの、トホ妻は。

四国村って、別名「四国民家博物館」ともいうらしい。四国中から伝統的古民家や
歴史的建造物を集め、移築した野外博物館・・と聞いただけで、トホ妻が行きたがるのは
自然の成り行き。で、こうして来たわけだ。

屋島山上ことでんバスを「四国村」で降りると入口は目の前。
入場料は900円。本来は1,000円だけど、ギャラリーが準備中という理由で100円割引。
四国村はとても律儀な施設のようだ。

村内に入ると・・げっ!いきなりスゴい橋がお出迎え。「かずら橋」というらしい。
こりゃースキップしながらルンルン渡れる橋じゃないぜ。還暦間近の老夫婦が
小豆島帰りの疲れた足で慎重に渡る。
f0189467_00413998.jpg
 
ちなみに、この橋を回避したい人のための迂回路もちゃんとあるからご安心下さい。
ブダペストのくさり橋では怖くなったイ課長だが、こういうのは低いから全然平気なの。
f0189467_00413839.jpg
 
この橋を渡ると展示ゾーン。あとはもうグダグダ説明せず、写真でご紹介するのが
いいだろう。こういう感じの「●●家住宅」なんて古い民家がいっぱいあるわけ。
f0189467_00500608.jpg
f0189467_00500636.jpg
 
この四国村がイイのは、民家の展示内容ももちろんだが、その配置。
山の斜面に作られてるから、順路を周る間に高低差がすごくあって、山の自然が
そのまま生かされている感じ。その分、足は疲れるが・・。
f0189467_00430611.jpg
f0189467_00500709.jpg
  
四国村の(おそらく)一番高いゾーンには古い灯台や、灯台守の住居なんかがある。
「おーいらみーさきのー とうだいもーりーはー♪」という、モロあの世界なわけだが
けっこう洋風でモダンな住居も展示されてた。
f0189467_00443735.jpg
 
これは昔の醤油蔵。入るとホノカに醤油の臭いが漂う。
f0189467_00463755.jpg
 
こちらは「砂糖しめ小屋」で、牛に引かせてこの歯車を回し、間にサトウキビを突っ込んで
汁を搾ったらしい。搾り汁はまた別の釜で加熱するのだ。
f0189467_00463035.jpg
 
てな具合に夕方までグルッと順路をまわり終わる頃には二人とも足がクタクタ。
昨日は金毘羅様のぼったし、今日も小豆島から始まってよく歩いたからなぁ・・。
 
しかーーし。今日の観光はまだ終わりではないのだ。まだ続きがあるのだ。
イ課長は携帯で四国村入口まで再びタクシーの迎車を頼んだ。
バスのない夕方のこの時間、自動車専用道路で屋島山上に行くにはこの方法しかない。
当初からその計画だったわけで、これは「堕落のタクシー」じゃないの(笑)。

こんな夕方になってからわざわざ屋島の上まで行って何をするのか?
続きは次回なのである。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2018-06-01 00:08 | 国内出張・旅行 | Comments(2)
Commented by Bきゅう at 2018-06-02 22:53 x
Bきゅうも、わりと民家系かも。実家には、仏壇と神棚があるので、お寺と神社は、躊躇せず入っていきますが、大聖堂などは、あまり入らないかな。クリスチャンになる気もないのに、入るのは悪い気がするのです。
Commented by tohoiwanya at 2018-06-03 19:53
>Bきゅうも、わりと民家系かも

Bきゅうさん:
ミンカーな人、けっこう多いみたいですな。
ニュルンベルクの「デューラーの家」とか、ハイリゲンシュタットの
「ベートーヴェンの家」だとか、私もトホ妻と一緒にずいぶんいろんな
ミンカを見てきたことになる。でもミンカとダイセイドウとどっち選ぶかと言われたら
やっぱ大聖堂見るかなぁ・・(笑)。


<< 愚かなるイ課長のカギ引き取り      小豆島で堕落するイ課長とトホ妻 >>