2018年 07月 09日

吉備津神社に行ってみる

岡山県の吉備津周辺といえば、桃太郎伝説の地。
昔、ここにいた温羅(うら=鬼)を吉備津彦命(きびつひこのみこと)が討伐したという
日本書紀の記述が後の桃太郎の鬼退治になった・・ということ・・らしい。

吉備津には、その吉備津彦命を祀る吉備津神社というところがある。
吉備津彦命≒桃太郎という公式に当てはめれば、「桃太郎神社」ということにもなる。
けっこう有名な神社で、本殿は国宝。

香川じゃ金毘羅様参り、本州に渡って岡山では吉備津神社参り。
還暦を前に、突然信心深くなったわけではないのだが。

吉備津神社は吉備津って駅で降り、そこからは歩いて行ける。田舎だねー。
食い物屋なんて全然ない。今日食ったのは朝の菓子パンと高松の駅うどんだけ。
早くも腹が減ってきたが、もうこの旅行中は空腹に耐えることに慣れた(笑)。
f0189467_16131161.jpg
 
はい神社。あの階段を登ると本殿があるに違いない。
金毘羅様を二日前に征服した我々にとって、この程度の階段、何ほどのことやあらん。
f0189467_16131195.jpg
 
はい着きましたー。サラリとお参りしましょう。
田舎にあるせいか、参拝者はそれほど多くない。でも外国人観光客はいたね。
f0189467_16131710.jpg
 
これが国宝の本殿。
破風が二つ並んでいる形状が非常に特徴的で、大変立派だ。
f0189467_16131757.jpg
 
奥の方に行くと、有名な木造の長い回廊がある。写真で見るとすごく美しい。
しかしこの日はなぜか弓矢を持ったすごい数の(たぶん)高校生がワンサカいる。
一体ナニゴト?
f0189467_16170890.jpg
 
こう人だらけじゃ、長大な回廊の写真撮影どころじゃない。
どこを向いてもハカマはいて弓を持った若者が練習してたり、談笑してたり、
何か食ってたり・・(笑)。青春やのう。
f0189467_16132246.jpg
 
歓声が聞こえる方に行ってみたら、ははー、やっぱ神社の中に弓道場があるんだ。
たぶん高校弓道の岡山県大会か何かなんだろう。桃太郎伝説スポット・吉備津神社で
弓道大会なんて気分いいじゃん。
f0189467_16132223.jpg
 
しかしまぁ弓道大会をいつまで見てても仕方ない。とりあえず回廊のいちばん端っこまで
行ってみたけど、特に何もなかったので戻ってきた・・・と、こう書くと、吉備津神社は
コレといったネタがない観光みたい。ところがギッチョン。

参拝や回廊見学より、吉備津神社で注目してたことがあったんだよ。
これに関しては大変カンゲキすべき体験もできた。あのことは詳しく書きたい。
ということで、例によって次回だ(笑)。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2018-07-09 00:26 | 国内出張・旅行 | Comments(2)
Commented by Bきゅう at 2018-07-09 20:03 x
弓道に励む若者の図。日本の将来に期待できる図ですね。がんばれわかもの。
Commented by tohoiwanya at 2018-07-11 00:53
>弓道に励む若者の図

Bきゅうさん:
高校の体育会系部活動で、柔道部と剣道部がない高校ってあまりないだろうけど
弓道部がない高校はけっこうあるはず(グランウンドがあるだけじゃ
練習にならないから)。
私が行ってた高校は弓道場があって、弓道部もあったんですよ。
惜しいことをした。ハカマで弓を引く姿ってカッコいいですよね。


<< 吉備津・鳴釜神事      玉藻公園を経て本州へ >>