2018年 08月 31日

マンダレー・夕暮れ風景

久しぶりにミャンマーネタだ。

最後に登楼禁止のことを書いたのが7月31日だから、ちょうど1ヶ月ぶり。
今こうして思い出してみても、ミャンマーはホントに楽しくて充実した一人旅だった。
イ課長はバングラデシュの分の「旅行運」も去年ミャンマーで使っちゃったのかもなぁ。

マンダレーでは初日にウーベイン橋行った時以外、いつも朝のうちに観光をスタートし、
午後早めにホテルに戻り、一休みして夕方ふたたび散歩っていうパターンが多かった。
夕暮れのマンダレーをブラつくのは楽しかったよ。
f0189467_11503338.jpg
 
ゼージョー・マーケット前の道は夜になると路上本屋がいっぱい店を出す。
夕方はちょうど出店準備タイム。道路に敷いたシートに本を並べる光景を見ると
「そろそろマンダレーの“夜の部”始まるぞ」って雰囲気。
f0189467_11504913.jpg
f0189467_11503389.jpg
 
さらに奥の方でも路上マーケットが出店だ。この辺はウェア類の店が多い。
f0189467_11504916.jpg
 
いやそうでもない。食い物屋もある。串揚げのようなものと想像される。東南アジアの屋台じゃ
こういう串焼き・串揚げのタグイをよく見かける。
f0189467_11503355.jpg
 
散歩の途中で例のナイロン・コールドドリンクに入り、ドリアン・アイスというのを注文してみた。
イ課長は東南アジアでドリアンが売られている姿を目にしたことは何度もあるが、実物を食ったことは
まだない。すごい臭いで有名な「果物の王様」、とりあえずアイスで試食してみようじゃねぇか。
ちなみに、値段は800チャット。約70円くらいって感じか。
f0189467_11490377.jpg
 
食った感じじゃ、そんなに夢中になるほど美味しいの?というのが正直な感想だな(笑)。
ま、ドリアン本体じゃなく、アイスだから「ドリアンらしさ」は希薄なんだろうが、
本物はそんなに美味しいのかね?

アイス食ってると、道路の向こうで恐ろしい光景を見た。
お・・おっさん、まさかバイク1台でその長大なパイプを全部運ぼうとしてるわけ?マジ?
f0189467_11490384.jpg
 
どうもマジのようだが、さすがに荷物が巨大すぎてなかなか出発できないようだ(笑)。
こんなんで、狭い道の直角カーブ曲がれんのかい?
f0189467_11490220.jpg
 
結局、長大パイプのおっさんが走り始める前にアイスは食い終わってしまったので
彼がどういう風に走っていったのかは見なかった(笑)。さて、だいぶ暗くなってきた。
そろそろ晩飯をドコで食うか考えないとな・・・。
f0189467_11500081.jpg
 
今夜メシは何食おうか考えながら、徐々に暗くなるマンダレーの町をさらにフラフラと
散歩するイ課長。別に散歩中にコレといったネタがあったわけじゃないけど、いかにも
「東南アジアの夕方」って感じの平和な夕景写真が懐かしいよ。
 
 

[PR]

by tohoiwanya | 2018-08-31 00:13 | 2017.08 ミャンマー・タイ旅行 | Comments(2)
Commented by Bきゅう at 2018-08-31 06:58 x
マンダレー、にゃんだれー。遺跡顔したネコちゃんですね。

ドリアン、わしも食べたことがあるのですが、わしも、くっさーとも思わなかったし、あまり感動もしませんでしたあ。これも冷凍で入ってきたやつでしたので、一度冷凍しちゃうとダメなのかなー。次回は、生ドリ試してください。

Commented by tohoiwanya at 2018-09-01 15:54
>一度冷凍しちゃうとダメなのかなー

Bきゅうさん:
どうなんでしょうねぇ?こないだ行ったタイでも(おそらく)生ドリを
臭いが逃げないようにラップでしっかりくるんで売ってるのをよく見た。
ごくありふれた山積みの売り方で、たぶん値段も大して高くないはず。
あれをホテルに持ち帰って食うのは簡単だけど、「ドリ禁」ホテル、多いですよねぇ。
そんなに匂うモンなんだろうか?


<< マンダレーの右上のカドッコを目指す      ラチャダー鉄道市場で見たかったもの >>