2018年 09月 09日

マンダレーで食ったアレ その1

マンダレーヒル階段勝負のはずでしたが、ここで予定を変更して
めしネタをお送りいたします。

ひと晩めは「停電インドめし屋」でチキンカレーを食った話は以前に書いた。
ふた晩めはどうだったのか?

ふた晩めの晩飯を食った店も基本はインドめし屋と思われる。
表ではまだ中学生くらいとおぼしき少年少女たちが黙々と何か焼いてる。ナンっぽい。
日本のインド料理屋だと、ナンって大きな釜?の内壁にぺたっと貼って焼くよね。
ミャンマーじゃ鉄板焼きなのかも。後ろで作ってるのは焼く前の“生皮”かなぁ?
f0189467_14483979.jpg
 
とりあえず空いてる席に座る。イスラム帽かぶったグループもいるから、この店は
「ハラル認証店」なのかもしれない。
f0189467_14483922.jpg
 
さて何にしようか。カレーは昨日食ったから、今日はビリヤニにしてみようか。
インド出張の時に初めて食った「インド焼き飯」ビリヤニをミャンマーでも食ってみよう。
ついでにもちろんビー・・・
f0189467_14491720.jpg
 
があん!ビールなし・・し、仕方がない。
ただの水ってのもつまんないから、食後のコーヒーを頼んだ。

おっ、来た。ビリヤニ+箸休め(箸じゃないけど)の漬物類3皿。
ビリヤニって基本はチャーハンと同じだけど、インドで食った時と同様、ミャンマーでも
長~いインディカ米が使われてる。
f0189467_14493251.jpg
 
写真を撮って、食い始めようとしたら、さらに追加が。カレースープと、食後のコーヒーが
早くも到着。食卓はどんどん豪華っぽくなっていく(笑)。でも漬物類やスープなんかは
「ビリヤニ代」に含まれているのだ(ポットのお茶もタダ)。値段はビリヤニ+コーヒーで
1,400チャット。130円ってところか・・やっすぅーー。
f0189467_14493255.jpg
 
さっき見た「ナン焼き」も、焼いてるのは中学生くらいに見えたけど、店内で配膳している
揃いのピンクのTシャツ着たウェイターたちに至っては小学生くらいに見える。
非人道的な児童労働?いや、昼間学校行って、夜アルバイトしてるんじゃないかなぁ?
ミャンマーではコドモの労働に関する規制なんてない(あってもユルい)のかも。

ほら、洗い場でもコドモが働いてる。流水じゃなく、溜め水で洗ってるぞ。
もはや東南アジアで「溜め水食器洗い」を見ても、衛生面であまり動揺しなくなった。
f0189467_14522325.jpg
 
ウェイターボーイズたちの中に一人、図抜けて優秀な子がいた。
大きな声で部下?に指示を出したりしながら、すごくテキパキ働いてる。
すでにいっぱしの「ホール主任」の風格だ。思わず感心しちゃったぜ。
f0189467_14530683.jpg
 
この店、実はイ課長宿泊ホテルの、道を隔てた正面にあるんだよね。
夜は歩道までお客でにぎわってるから「ナニ食わせる店なんだろう?」と思ってたが、
なかなか美味しいインドめし屋だったのでございます。
f0189467_14532449.jpg
 
ここでメシ食ったあと、缶ビールを買い、またこの店の前を通ってホテルに戻った。
さっきの「超優秀ホール主任」少年がイ課長の顔を覚えてて、にっこり挨拶を交わす。
店舗オペレーションが優秀なだけじゃなく、社交性もある。大したもんだ。
おめー、将来は絶対有能な食堂経営者になるぜ。

マンダレーの晩飯を二晩分、まとめて書こうと思ったが、インドめし屋だけで
長くなってしまった。急遽「その1」ってことにして(ひでー)、続きは近々。
果たして次回は階段勝負の続きに戻るのか?書いてる本人もわからない(笑)。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2018-09-09 00:08 | 2017.08 ミャンマー・タイ旅行 | Comments(2)
Commented by Bきゅう at 2018-09-09 21:49 x
おおおお、NO BEERのサイン、イ課長さんの涙顔が思い浮かぶようですう。カレー炒飯と一緒なら、やっぱ、ビールですね。

インドからトルコあたりまでのパンって、あのナンみたいな釜焼きグループと、クレープ状の鉄板焼きグループがあるように思います。後者は、インド系の名前ならチャパティーだと思う。
Commented by tohoiwanya at 2018-09-10 13:06
>イ課長さんの涙顔が思い浮かぶようですう

Bきゅうさん:
思わず写真まで撮っちゃいましたが、それでもインドに比べれば
ずいぶん恵まれたビール生活だしたよ。ホテルの部屋でぐびぐび飲めるんだから。
あの鉄板焼きはチャパティ?日本のインド料理屋だと主食は必ず
「ライスかナン」で、チャパティ出す店ってあんまりないから、作り方も
全然知らんかったです。鉄板で焼くんだ・・・。


<< イ課長ミシュラン・ホテル評価 48      行きがけの駄賃観光 >>