2018年 09月 26日

【キャンセル始末記-4】ダッカのホテルキャンセル

キャンセル始末記がまだあるのかって?あるんだよ、まだいろいろと。

飛行機と違い、ホテルのキャンセルは本来そんなに問題になるものではない。
Booking.comで予約したモノを、Booking.comでキャンセルするだけの話。
それは出発前に会社で手早く済ませた。

ただ、空港送迎を別メールでホテルに依頼してたので、それもキャンセルせんと。
そこで、会社から急いでホテルに英文メールを送ったわけだ。このホテルとはそれまでにも
例の抗議行動の状況確認したりして、何度かメールをやりとりした。メールの文末はいつも
「ダッカでお目にかかるのを楽しみにしてる」と書いてたから、キャンセルメールを出すのは
気がひけたけど、仕方ない。

まず宿泊キャンセルしたことを残念だと表明し、①だから空港送迎もキャンセルしてね
②今回の騒ぎで日本の外務省が渡航にワーニングを出したのヨ(これはまぁホント)
③私の会社が渡航を許さなかったのヨ(これはウソ。理由としてわかりやすいから)
といった内容のメールを送ったわけだ。

Booking.comで確認したら、このホテルは前日キャンセルの場合、1泊めの
料金は取られるらしい。まぁそれも仕方ない。直前だからね。1泊あたりの料金は
3,000円台だったから、巨大損失というほどでもないし。
f0189467_00265181.jpg
 
・・と、ダッカのホテルキャンセルの話はこれで終わるはずだった。
しかし、バンコク滞在2日目くらいに、このホテルからイ課長にメールが届いた。

すごく長い英文メールだ。
なんでキャンセルしたんだってオレのこと責めてんのかなぁ?やだなぁ。
とりあえず読もうと思ってイ課長がメールの冒頭に目をやると、いきなり
あなたの偉大な魂を信じる(We trust your great spirit)」という、
尋常ならざる文言が目に飛び込んできた。げげっ?

長いから全文は紹介しきれんが、主旨はこんな感じ。Google翻訳をベースにしてるので
一部間違ってるかもしれんが。


拝啓
私たちはあなたの偉大な魂を信じます。
良い知らせをお届けします。私たちはキャンセル ノーショー料金を放棄します。
これはお金の問題ではなく、私たちがあなたと築く関係なのです。

あなたがトリップアドバイザーに小さなレビューを書いて下されば感謝します。
良い評価は私たちのモチベーションになり、経営陣はそれにインセンティブを与え、
私たちのささやかな給与の助けになります。レビューを書くのに時間はかかりません。

(以下、トリップアドバイザーの、このホテルのページのURL)
あなたの繁栄、健康と幸せに


こ、これはまた・・うううむむむ・・・バンコクのホテルでイ課長はうなった。
こういう反応が返ってくるとは。それにしてもイ課長の「偉大な魂を信じる」って・・
もしかするとイスラム圏のレターでは書き出しの決まり文句なのか?しかし、
このホテルから以前にもらったメールにはこんな文言はなかったが。

要するに1泊目のキャンセル料いらないから、トリップアドバイザーのレビューで
ウチのホテルのこと褒めて、ということのようだ。文面によると、このホテルの
経営者はトリップアドバイザーのレビューを元に、従業員に一種の報奨金のようなものを
支給しているらしい。それもあって「ぜひ書いてくれ」と頼んできたわけか。

頼まれれば、すぐレビューを書いてくれる親切心=偉大なる精神がある男だと
見込まれたということか?どうもよくわからん。さて、そこでイ課長はさっそく
レビューを書いたかって? いや、実は書いてない。
f0189467_00305991.jpg

泊ってもいないホテルの「キャンセル対応がよかった」ってだけのレビューなんて
さすがに書きづらいよ。ホテルから頼まれて書くってのも、ちょいとばかり抵抗あるし。
そもそもトリップアドバイザーって、イ課長はむかーし登録だけはしたけど、普段は
ほとんど利用してないんだよね。

このホテル、ダッカの外国人向けエリア(日本人死亡テロがあったエリア)じゃなく
オールドダッカにわりと近く、しかもキチンとしたグレードのホテルっぽかった。
主に旧市街を街歩きしたい、でもホテルはチャンとしたところにしたかったイ課長としては
期待して予約しただけに、キャンセルは残念だったし、できればホメてあげたいが・・

実際に泊れば、自分のブログとBooking.comでは必ず評価レビューを書くけど、
やっぱ「泊っていないホテル」のレビューは書けないよ。ごめんね。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2018-09-26 00:12 | 2018.08 タイ旅行 | Comments(6)
Commented by Dr_M_Itoh at 2018-09-28 11:31
イ課長さん、こんにちは! シェルブールのブログで写真を拝借させていただきありがとうございました。とりあえず、YoutubeにI will wait for youをアップしました。https://www.youtube.com/watch?v=L4s-QeMM_7s を見てください。
ただ、ドヌーブや映画のシーンがないというのは何とも寂しいですね・・・。著作権は厳しいんでしょうね。
Commented by tohoiwanya at 2018-09-29 18:29
>YoutubeにI will wait for youをアップしました

Dr_M_Itohさん:
拝見しました。ボーカル付きの録音だったとは思いませんでした。
まるでプロみたいな歌唱&演奏にびっくりです。
映画の場面を、写真だけでも使うとやっぱりダメなんですかね?
私は自分のブログにQuicktimeのフレームごとキャプチャ画像貼っちゃったけど、
本来はあれもマズいのかな?
Commented by Dr_M_Itoh at 2018-09-29 20:40
ありがとうございます。小生来年70歳で20歳代の学生時代のバンド演奏です。当時からドヌーブは好きでした!!
イ課長さんのブログは既に確立され市民権を得ているので、大丈夫なんだと思います。私のブログも借用した画像もありました。いつも綺麗な写真と活きた旅行記ありがとうございます。
Commented by tohoiwanya at 2018-10-01 01:43
>当時からドヌーブは好きでした!!

Dr_M_Itohさん:
1970年代ころのドヌーブって、美女のシンボル的存在でしたよね。
ドヌーブはいま幾つくらいなんだろう?作曲のミシェル・ルグランは
現在86歳で、まだお元気のようですが。あの映画の関係者で亡くなった方も
多いんでしょうねぇ・・。シェルブールに行った数日あと、パリで
監督のジャック・ドゥミーのお墓参りできたのもいい思い出です。
Commented by Dr_M_Itoh at 2018-10-05 16:49
イ課長さんはやっぱりスゴイ!
Commented by tohoiwanya at 2018-10-07 00:25
>やっぱりスゴイ

Dr_M_Itohさん:
いえいえ。スゴい映画ヲタクっていうだけのことで・・お恥ずかしい。
この時は私「初フランス」だったんですけど、ルーブル美術館にも行かず、
シェルブールとか、ドゥーヴィルとか、ヘンなトコばっか行ってた(笑)。


<< 旅の栄養学      イ課長ミシュラン ホテル評価 49 >>